唯「あれ、ムギちゃんまだ居たんだ」

紬「え、ええ…」

唯「みんな帰っちゃったし、今日は部活無しだねー」

紬「そ、そうね…」

唯「私もかーえろ…じゃーねームギちゃん!」

紬「じゃあ…ね」




唯「こんな感じだったけど、良いんですかい憂どのー?」


憂「良いよ!お姉ちゃん!」

唯「えへへー…」

憂(軽音部なんて…無くなってしまえば良いんだわ…ずっと一緒だよ…お姉ちゃん///)

唯「ういー、ご褒美のアイスー」

憂「はーい」

唯「でも本当に良かったのかなあ…みんな怒ってるよねきっと」

憂「うふふ…そんな心配は無用だよお姉ちゃん」

唯「へ?」

憂「お姉ちゃんは明日から学校に行かないんだから…」

バフ

唯「う~ん…」ドサ

憂「さすがはクロロホルム♪」


憂「麻酔をしようね…お姉ちゃん」

憂「お姉ちゃんが痛がる姿なんて見たくないもんね…」

憂「これでもう…外の世界で汚れずに済むんだよ?」

キュイイイイン

憂「うふふ…綺麗な足…」

憂「冷凍しておけば平気だよね?」

憂「ちゃんと皮膚を縫いつけないとね…」

憂「次は手ね…やっぱり綺麗…うふふ」


憂「止血よし、縫合よし。暫くは痛み止めが必要だけど、綺麗に仕上がって良かった」

憂「愛してるよ…お姉ちゃん…////」ちゅっ



澪「律…」

律「ん?」

澪「一緒のベッドで…寝て良いか…?////」

律「…うん///」

澪「ありがと///…なあ、明日は学校…」

律「学校は行く。だけど部活へは行かない」

澪「…そうだな。私もそうする」

律「お休み」

澪「おやすみ/////」ぎゅぅ

律「…////」





さわ子「あら、今日は平沢さん休みなの?軽音部員は何か知ってるかしら?」

律「知りませーん」

さわ子「そう…」

律(あんな奴…)

澪(唯…何か理由があったんじゃ…?)

紬(良かった…今日は怖い思いはしなくて済むのね…)

澪(何かイヤな予感がする…)




唯「……ん?………」

憂「目が覚めたね、お姉ちゃん…」

唯「あれ?私何してたんだろう…?…痛い…!」

憂「やっぱり痛むよね…これ飲んで?」

唯「く、口移し…!?///恥ずかしいよぉ…自分で飲むよ…」

憂「飲めないでしょ?」

唯「手が動かない?何で?」

憂「…だって無いんだもん」

唯「へ?…本当に無い…足も?…ふぇ?何で…?」

憂「知り合いのKGB将校に、やり方を教わって、道具も貸してもらったの」

唯「けー…?」

憂「KGB…ソ連の機関。澪ちゃんのお父さんもあそこの工作員だよ?」

唯「分けわかんないよ……何で…意味わかんない…」




澪「パパ…話があるの」

パパ「ん?何だ?」

澪「平沢唯って知ってるよね?」

パパ「ヒラサワユイ…ああ、外務官僚の長女か…前に話したな、あの家の次女には気を付けろと…大丈夫か?」

澪「…調査して欲しいの」

パパ「え?」

澪「最近様子がおかしくて…イヤな予感がして…」

パパ「…姉妹の様子がか?…そうか友達だったな、お前とあそこの娘とは…じゃあ詳しく聞かせてくれるか?」

澪「…うん」




3