澪「え?」

唯「だって部長でもないのに勝手に仕切り始めるし、修学旅行の時だってちょっとふざけただけで起こるし、
 その癖怖いものが苦手だったり、恥ずかしがりだったりさー、可愛い子ぶっちゃってるとかないよねー
 性格悪すぎだよ澪ちゃん」

澪「そんな…何でそんな言い方するんだよ…私は…ただ…みんなの為を思って…」

唯「偽善の押しつけなんじゃない?それ」


バタン

律「うーっす!…ってあれ?二人だけ?」

唯「そだよー!」

澪「…」

律「どした?澪?」

澪「…ッ」ダッ

律「お、おい澪!?」

唯「…あーせいせいする」

律「どういう事だよ…唯」

唯「ちょっとお説教してあげたんだよ。あんな性格じゃこの先苦労するよね」

律「意味わかんねぇよ…唯、お前澪に何したんだよ…?」

唯「だーかーらー…お説教だよ」

紬「あらどうしたの二人とも」

梓「澪先輩は?」


律「…澪のところに行ってくる!」ダッ

梓「…あっ」

紬「何があったの?唯ちゃん」

唯「うんとねー…」


澪「うっ…ぅう………ひっぐ…」

律「…こんな処にいたのか…」

澪「律…?」

律「こんなに瞼腫らして…」ぎゅぅ

澪「………////」ぎゅ

律「唯の事なんて、気にすること無いんだからな?」

澪「でも…あんな風に思われてたなんて…もう部活行けないよ…」

律「そんな事無いよ…唯には私が怒っておく」

澪「やめてっ…?」

律「え?」

澪「これ以上関係をこじらせたくないし…唯にも嫌な思いさせたくないし…」

律「優しいな…澪は」

澪「そんなんじゃないよ…ただ、人が傷つくのは怖いし、それ以上に自分が傷つくのは怖いんだ…」


律「なぁ…今日ウチに泊まるか?」

澪「え?」

律「いや、気分転換に良いかなーなんて思ってさ。嫌なら良いんだけどな」

澪「泊まる…泊まりたい」

律「じゃあ決まりだな!」

澪「久しぶりだな…律んち…」

律「そういえば高校に入ってから澪泊まりに来てないよなー」

澪「そういえばそうだな…色々忙しかったしな」

律「なぁ、覚えてるか?中学二年の時にさ…ww」

澪「中二…?おいまさかあの話じゃ」

律「澪ってば…夜中眠れなくてさ…プフっww」

澪「や、やめろよお…もう//////」

律「一時頃にさあ…」


バシャーーン


律「……?水?」

澪「唯……!?」

律「え…?…」

澪「今窓から唯が…」

バフン
ドスン

律「いてっ…私の荷物!?」

澪「私のも…そっかこの上…音楽室…!」

律「………絶対にゆるさねぇ…!」


?「キャあッ」


律「悲鳴!?唯の野郎!!」

澪「もうやだ…!もう帰ろうよ…律…!」



唯「何二人でイチャついてんのアイツら…ムカつくー」

梓「どうしたんですか先輩!?今日おかしいですよ!」

唯「よいしょっと」

梓「バケツなんか持ってどうするつもりですか…?」

唯「掃除だよー」


唯「ふぅ…重かったぁ」

梓「先輩…?」

唯「よっと」

バシャアアアン

梓「何するですか先輩!?」

唯「だから掃除だよー」

梓「はあ!?」

唯「あ、ゴミ…捨てなきゃねー」

唯「ほれ」

ボフン
ドスン

唯「ちょっと外しちゃった…悔しいなぁ…」

梓「…最低ですよ…先輩…最低です!!」

唯「何その口の聞き方」

バシーン

梓「キャあッ」

唯「ゴキブリみたいに這い蹲ってないでさ、謝ってよ。私先輩なんだよ?生意気な口聞いて…」

パシーン

梓「…さようなら」ダッ

唯「何あれ…いったーい…憂に言いつけてやる…」



2