放課後

澪「唯の奴遅いな~」

紬「まぁまぁ」

律「そうだぞ澪ぉ、次のライブまでまだまだ時間はあるだろ~、そんなに焦るな焦るな」

澪「ライブが近づいて慌てるのはどこのどいつだ!」

律「あんなの、ちょっとじゃんか~、慌てたうちに入んね~よ、ムギおかわり!」

紬「うふふ」


唯「りっちゃん隊員、平沢唯ただいま帰還いたしましたー!」

律「おおぅ来たな、ご苦労!」

澪「おそいぞ唯!」

紬「まぁまぁまぁ」

唯「ひどいよ澪ちゃん・・・、あずにゃんの方が私より遅いもん!」


タッタッタッタ

梓「先輩~・・・ま、待って・・・ハァハァ・・・ください・・・」

唯「あずにゃ~ん、もっとはやく来なきゃダメだよぅ!」

梓「掃除当番で・・・」

澪「ほ、ほらみろ!梓は掃除があって仕方なく遅れたんだ、いやこれは遅れた内に入らないだろ?」

唯「ムギちゃ~んけーきぃ~」

紬「はい、どうぞ♪」

澪「あ、こら!人の話を・・・」

・・・



梓宅

梓「ただいま~」

梓2「お、譲ちゃんお疲れぃ!」

梓「はい、まだ誰も帰ってきてないんですか?」

梓2「朝出てったっきりだなぁ、いまんとこ譲ちゃんが一番乗りだ」

梓「そうですか、ってなんですかこれ・・・キッチンが・・・、まさか泥棒!?」

梓2「いや~すまん・・・かっぷめんってのが作ったことなくてイマイチ・・・」

梓「カップ麺一つでこんなに・・・」

梓「明日朝、何か作っておくよう言っておきますから、お昼はそれを食べてください」

梓2「面目ない・・・」



翌日

純「梓ちゃん、あの・・・」

梓「あ、純ちゃん」

純「ウチの猫、もうそろそろ返して欲しいんだけど・・・」

梓「え・・・」(自分で追い出したのに・・・)

純「もしかして、どこかに逃げちゃった、とか・・・?」

梓「う、ううん、そんなことないんだけど・・・」(どう言えばいいんだろう)

キーンコーンカーンコーン

純「あ、チャイム鳴っちゃった・・・」

純「と、とにかく早く返してね?私待ってるから・・・」
  (あんなおっさん連れてきて誤魔化そうなんて、梓ちゃんってちょっとおかしな子なのかな?)



放課後

唯「それでね、それでね!」

紬「うふふ」

梓「こんにちわ~」

唯「あ、あずにゃんだ~!」

梓「ちょ、唯先輩離れて・・・」

唯「スンスン、スンスン・・・うん、全然オヤジ臭くないよぉ」

梓「ま、まだ言うんですか・・・」

唯「ごめんね~?あの後憂に怒られちゃった、てへへ・・・」

梓「べ、別に気にしてませんから」

律「うい~す、お早いな唯~エライぞぉ」

唯「エッヘン!」

澪「梓と紬も来てるな、じゃあさっそく練s」

律「よ~しじゃあさっそくティーターイム!」

唯「お~!」

紬「はいはい♪」

澪「・・・」

梓(この先輩達はもうだめだ・・・)



梓宅

梓(純ちゃんになんて言おう・・・)

梓2「うおっ!おどかすねぃ譲ちゃん・・・」

梓「ブツブツブツブツ・・・」

梓2「なんだありゃぁ・・・?」

梓2「それにしてもこの体になってから動きづらくてしょうがねぇ・・・」

梓2「高い所に登らなくても見えるのは便利なんだがなぁ」

ドックン

梓2「!・・・、今のは・・・?」



翌朝

梓「結局、何も思いつかなかった・・・」

梓2「譲ちゃ~ん?今日は学校とかいうの、行かなくていいのかい?」

梓「純ちゃんにどんな顔しすれば・・・」

梓2「お~い」

梓「なんですか!」

梓2「っとと、大声出すなや・・・、学校はどうしたんでぇ?」

梓「あ、もうこんな時間!」

梓2「忙しないやっちゃなぁ」

梓「いってきまーす!」



昼休み

梓「とりあえず何か言い訳を思いつくまで純ちゃんは避けなくちゃ」

憂「梓ちゃん、一緒にお昼食べない?」

梓「うん、たまには屋上とか行ってみない?」

憂「え?いいけど・・・?」



屋上

憂(え、なんだろうこの臭い・・・)

梓「モグモグ・・・」

憂(梓ちゃんの方から・・・、お姉ちゃんが言ってたのって・・・)

梓「・・・?憂どうしたの?はやく食べないと昼休み終わっちゃうよ」

憂「あ、う、うん」(たしかに加齢臭のような・・・)

梓「憂、どうしたの?熱でもある?」

憂のおでこに手を・・・

憂「ヒッ!」

ガタタッ

梓「・・・!」

憂「あ・・・、うん、なんでもないんだけど・・・ちょっと食欲が無くて・・・」(臭い・・・我慢できない・・・!)

梓「大丈夫?保健室行かなくていい?」

憂「あ、そ、そそうだね、そうするね!ごめん梓ちゃん・・・」

梓「え、うん、別にいいけど・・・?」



放課後

唯・紬・律・澪(こ、この臭いは・・・)

梓「先輩達、どうかしたんですか?」

さわ子「このモンブランおいし~わぁ~」

律「お、おい梓」

梓「はい・・・?」

律「ちょっとこっち来い」

澪「おい律・・・」

ガチャ

律「すぐ戻る」バタン



部室下トイレ

律「梓、お前」

梓「は、はい・・・?」

律「困ってることがあるなら少しは私らにも頼ってくれていいんだぞ?」

梓「え、え?」

律「だからな、そのぉ・・・、ふ・・・」

梓「ふ・・・?」

律「ふ・・・じゅんぃ・・・」

梓「先・・・輩?」

律「だああああああ!」

梓「ひぃ!」ビク

律「あれだ、その・・・援交なんて止めろって言ってんだよ!」

梓「えん・・・!?」

律「お前今日もオヤジみたいな臭いが取れてねえんだよ!」

梓「あ!」(まさか・・・)

律「な?だから、だ・・・からぁ・・・、困ったことがあったら相談してくれよぉ・・・ウゥ」

梓「あの、律先輩・・・違うんです」

律「ぬ”ぁ・・・何が違うっでん”だよおお!」


梓「と、とにかく違うんです!誤解です!濡れ衣です!」

律「あずざああああ・・・!」

律「お、おがねならあ”あ”、わたじのおごづがいあげるがらあ”あ”あ”!」

梓「い、いりませんよ!とにかくですね、その・・・えん・・・こ・・・そんなことしてませんから!」

律「ほ・・・ほんどにぃ”・・・?」

梓「本当ですって・・・」(理由は言えないけど・・・)

律「そ、か・・・よかったァ・・・」

梓「はい、ですから音楽室戻りましょう?皆さん待ってます」

律「ウゥ・・・先行ってろよ・・・こんな顔、澪に見せらんねえよ」


3