梓「あずにゃん2号…」

ナデナデ

梓「雄…なんだ…」

ナデナデ

梓「でもかわいいから…あずにゃん2号…」

ナデナデ

その時、東の空が眩しく光り輝いた…!!

カッ!!


梓「キャッ!!何!?」

梓2号「オイーッス」

梓「おっさんwwwwwwwwww」


梓2号「おっさんじゃなんかマズイのかよ」

梓「だってあんなカワイイ猫だったのに、こんなハゲ親父だなんて……」

梓2号「いいか嬢ちゃん、猫にだってオッサンはいるんだ
    だが可愛くない猫はいねぇ……どういうことか分かるかい」

梓「人間になったら相応の姿になるのは仕方ないってことですか」

梓2号「そういうことだ嬢ちゃん
    人間から見て可愛いかどうかなんて日本人から見てニガーがみんな同じ顔なのと一緒なんだよ」

梓「納得したです」

梓2号「そんなことよりな、まず猫が人間になった事を驚くべきだと思うぞ俺は」

梓「確かに普通ならそうでしょうね」

梓2号「なんでぃ、嬢ちゃんは普通じゃないってのかい」

梓「ええ、だって私も元々猫ですから」


梓2号「嬢ちゃんギターやってるよなぁ」

梓「は、はい、やってますよ…」

梓2号「ちょっと貸してくれねぇか」

梓「あ、はい、どうぞ…」

ジャーン♪ジャジャジャーン♪

梓「あ…うまい」

梓2号「へへ、見よう見まねだけどな、大したもんだろ?」

梓「すごい…あ、合わせてやってみようよ!!合わせよう!!」

梓2号「お、おう、いいぜ!!」

梓「ちょっと待っててね~♪」

梓2号「へへ、やるな嬢ちゃん」

梓「おっさんこそ、こうやって合わせるのって、本当に楽しい!!」

梓2号「そうかい、いつもは一人で弾いてるのかい?」

梓「うん…前はお父さんが教えてくれたんだけど、最近お仕事が忙しいみたいで…」

梓2号「そうか…ところで嬢ちゃん、さっき言ってた『私も元々猫』ってどういうことでえ?」

梓「私は元々猫だったの小さい頃の記憶はぼやけてるんだけど、
  私が人になった日も不思議な光が東の空で輝いていた…」

梓2号「ふむ…」

梓「私にとって飼い主だった人は、その日からお父さんになった。
  誰も私が人間になったことに疑問は抱かなかった」

梓2号「しかし純の家では俺が最年長だぜ?その場合どうなっちまうんだ?」

梓「分からない…でも、家族や親族としておっさんは扱われると思う」

梓2号「うーん、面倒くせぇなぁ…」

梓「私も最初は戸惑ったけど、みんな優しくしてくれた。おっさんも、きっと大丈夫だよ」

梓2号「だといいんだがなぁ…」


梓2号「さてと…そろそろ寝るか…」

梓「あ、寝る場所…その…」

梓2号「ああいいよ、俺は床で。慣れてるからな」

梓「そ、そんな!!せめてソファーを使って!!」

梓2号「でも嬢ちゃん、知らないおっさんが自分のソファーで寝るなんて、何か嫌だろ?」

梓「嫌じゃないよ!!おっさんなら嫌じゃない!!」

梓2号「そ、そうか…?…じゃあお言葉に甘えて」

梓「うん!!」


梓「じゃあそろそろ寝ますか」

スルスル

梓2号「ちょっ!なぜいきなり服を…!」

梓「わたし元が猫だからかたまに体が熱くて堪らない時があるんです 発情期ってやつなのかな…」

梓2号「じ、嬢ちゃんどこ触って…は、はにゃ~ん///」

梓「ギターで鍛えた指使い舐めないでください…じゃあまずはアルペジオで優しくいたぶってあげます」

梓2号「あっ…ギターヘッドをそんなに触ったら…調律が!調律が狂っちゃうううううう!」

梓「ふふふ…アンプに繋いでもいないのにそんな大きな声出しちゃって…
  あらら、もうメンテ用オイルが漏れてきてますよ…」

梓2号「あああっ!そんなに早弾きしたらオイル漏れちゃうううううう!」



梓「おっさん!!昨日はごめんなさい!!発情期が来ると私、私どうしても…!!」

梓2号「い、いや、気にしねぇでくれ…
    俺もこの歳だ、経験がないわけじゃねぇんだ。しかしなんというか、嬢ちゃんのテクがその…」

梓「…テク?」

梓2号「い、いや、なんでもねぇんだ!!まぁ気にすんなってこった」

梓「本当にごめんなさい!!」

梓2号「そういや今日は純のとこに帰る日だな、世話になったな嬢ちゃん!!」

梓「あ…うん、こっちこそ…ギター合わせて楽しかった…」

梓2号「まぁ問題は純がどういう反応をするかなんだがなぁ…」


梓「さて、じゃあそろそろ出ましょうか」

梓2号「おう、しかし大丈夫と言われてもこれはなかなか緊張するな」

梓「いつも通りにしてればいいんですよ
  おっさんからはちゃんと猫のときと同じオーラが出てますから」

梓2号「なんだかよく分からんがなるべくいつも通りにしてみるよ」

梓「平常心 平常心」

梓2号「平常心…平常心…」

梓「さて、着いたです。インターホン鳴らしますよ」

梓2号「お、おう……」


ピンポーン

純「はぁーい。あ、梓ちゃん!おはようー」

梓「おはよう純ちゃん!預かってた猫ちゃん返しにきたよー」

純「ありがとう~。助かっちゃった
  ……あれ?それで猫ちゃんはどこにいるの?」

梓「えっ?あれ、いない……と思ったら壁に隠れてる…
  おーいおっさーん、恥ずかしがらずに出てきなよー」

梓2号「へ、へへへ……どうも純ちゃん数日ぶり……」

純「ねえ梓ちゃん、このハゲだれ?」

梓「えっ」

梓2号「えっ」



梓2号「結局追い出されちまった・・・」

梓「・・・」

梓2「追い出される前に家に上がることもできなかったけどな、わはは!」

梓「おっさん・・・」

梓2「いやなに、いいさ、野良ってのに憧れてたしな!」

梓2「あ、だがこの体じゃ野良っていうかただの家無しかぁ!がはは!こりゃおもしろい!な?譲t」

梓「よかったら・・・」

梓2「?」

梓「おっさんさえよかったらウチにきてよ!私頼んでみる!」

梓2「いや、だがよぉ・・・」

梓「多分庭くらいなら・・・」

梓2「庭かよ・・・」



翌日

律「おい、梓」

梓「はい?」

律「その・・・なんだ、言いにくいんだが・・・」

唯「あははは、あずにゃんオヤジくさ~い!」

梓「えっ」

澪「こら!唯、もうちょっと言い方ってものが・・・」

梓(結局頼み込んで家に住ませてあげられたのはいいんだけど・・・、こればっかりは仕方ないよね・・・)

梓「すいません、昨日ちょっとネk・・・父の友人が来てて遅くまでお話に付き合わされちゃって・・・」

澪「な、なんだそうだったのか!」

律「・・・」

唯「りっちゃんが変なこと言うからだよ~」

澪「律~?」

律「えっ?なになに?」

澪「どうしたんだ怖い顔して・・・」

律「いやなんでもない、ごめんな!梓にも変なこと言ったな」

梓「いえ・・・」

律「・・・」

唯「あはは!りっちゃんったらおかし~!」

律「なにを~、こうしてやる!」

唯「あ~ん、くすぐったいよぉ~」

梓(これからどうしよう・・・)



梓宅

梓「ただいま~」

梓2「よう、学校とやらはもう終わりかい?」

梓「あ、はい、ただいま・・・」

梓2「どうだ譲ちゃん、また一緒に弾かねぇか?」

梓「え、いや・・・ちょっと今日はもう疲れちゃいました・・・」

梓「私もう寝ますね」

梓2「お、おおそうか・・・」



翌日

憂「おはよう、梓ちゃん」

梓「憂、おはよう」

憂「昨日はお姉ちゃんが酷いこと言ったみたいで、ごめんね?」

梓「え、あぁ、いいよ気にしてないから」

憂「でも私女の子向かってあんなこと・・・その・・・」

梓「オヤジ臭い?」

憂「う、うん・・・それはないと思うの、だから・・・」

梓「もういいよ、別に気にしてないから」

憂「そ、そう?」

梓「うん、だから憂があやまることなんてないよ」


梓「あ、因みに・・・」

憂「・・・?」

梓「今って・・・臭く、ない?」

憂「え、ううん、全然そんなことないよ!」(やっぱり気にしてるよね・・・)

梓「そ、そっか」(ホッ)

憂「あ、あの、やっぱり私からも言っておくね?」

梓「い、いいってば、それよりほら、先生きたよ」

憂「うん・・・」



2