DOOOOON!


紬「何!?」

外に出る。

唯「何あれ・・・」

ホースオルフェノクとサイガが戦っている。

澪「帝王のベルトだ・・・」

ジン「は?」

たまたまその場にいた純は、ファイズのベルトを持つ。

唯「あっ・・・!」


純が外へ出る。

5、5、5・・・ピピッ

「STANDING BY」

純「変身!」

「COMPLETE」

純がファイズに変身した。

純「はっ・・・!」

ファイズ純「うぁぁぁぁああ!」

DON!

ホース梓「純!?」

ファイズ純「あは、変身しちゃった・・・」

二人がサイガと戦う。


澪「・・・・・」

ジン「・・・・・くそっ!」

紬「ん?」

ジンは小屋に戻り、デルタのベルトを持ってくる。

澪「ジン!」

さわ子サイガ「ん?」

サイガはジンに向かって光弾を出す。

ジン「!?」

ジン「うああああぁぁ・・・!」

デルタドライバーが飛ばされる。

サイガはもう一発光弾を撃つ。

DOOOOON!

デルタのベルトが粉々になった。

ジン「なっ・・・!」

紬「うそ・・・」

泣きそうな顔で言う。

ジン「くそおおぉぉぉ!」

ジンはカイザのベルトを持つ。

澪「バカ、やめろ!」

サイガの光弾が澪に向かってくる。

ジン「澪、危ない!」

ジンがカイザに変身する。

澪「!?」


DOOOOON!


光弾はサイドバッシャーが受け止めた。

唯「え!?」

澪「ジン・・・どうして・・・」

カイザジン「バカか?お前。俺も人間だ。良心っていうもんがあるだろ」

澪「ジン・・・」

カイザがサイドバッシャーに乗る。


「BUTTLE MODE」


カイザジン「うおおおおぉぉぉ!」

バルカン砲を撃つ。

さわ子サイガ「!?」

高速でよける。

しかし弾丸はサイガを追いかけ続ける。

サイガは猛スピードで一直線に逃げている。

さわ子サイガ「何なのよ・・・」


ホースオルフェノクが疾走態になる。

猛スピードで走り、サイガに追いつく。

剣を一振り、サイガに当たる。

さわ子サイガ「うっ・・・」

それと同時に弾丸が当たる。

さわ子サイガ「うあああああ!」


DOOOON!


サイガのベルトだけが残された。



ホース梓「ふぅ・・・」

「BIHICLE MODE」

カイザは変身を解く。

ジン「あとは頼んだぞ」

澪「えっ・・・?」

カイザのベルトを澪に渡す。

それと同時に、ジンは灰になって崩れてしまう。

澪「ひっ・・・!」

紬「ジン・・・」

唯「・・・・」




夜。唯の家。

律「うっ・・・」

憂「あ・・・」

律「憂・・・ちゃん・・・?」

憂「よかったぁ、気が付いて・・・」

律「あたし・・・どうしたんだっけ?」

憂「学校の森の辺りで倒れてたから・・・」

律「あ、そうだ・・・」

律「そうだ・・・何か白いライダーに襲われて・・・」

憂「白い・・・?」

律「あぁ。さわちゃんが変身してた・・・」

律「憂ちゃん、帝王のベルトって知ってるか?」

憂「はい。私も今それだと思いました」

律「うん・・・」

律「帝王のベルトが学校にある限り、学校にはオルフェノクの絶対的な権力がある・・・」

憂「はい」

律「そういえば、あの後どうなったんだ?」

憂「あ、梓ちゃんから聞いたんですけど、さわ子先生は灰に・・・」

律「そうか・・・ベルトは?」

憂「ベルトは澪さん達が回収したらしいです」

律「本当か!」ガバッ

律「いて・・・」

憂「じっとしててください・・・。ご飯も持ってきます・・・」

律「分かった・・・」

憂が下に降りていく。



律(帝王のベルトの一つは澪達が持っている。オルフェノクは間違いなく襲ってくる・・・)

律「はぁ・・・」



7