澪「それにしても梓はとんでもないことしてくれたよな」


「とんでも……? とん……?」


唯「あれっ、いま何かきこえたような……」

律「? いやーほんと梓って以外と力あるんだよな」

紬「みんなだもんねー、あっでもさすがにトンちゃんは無事だったけど」


「トン……? トン?」


唯「ちょ、ちょっとみんな……」

律「どしたー? ってうわぁ、なんだぁ唯。お前のスープだけ真っ赤じゃないか」

唯「えっ……嘘……なにこれ……麺?」

憂「……まさか」

澪「憂ちゃん? 大丈夫? 顔真っ青だ……」


紬「唯ちゃん……ねぇ、それ……糸じゃない?」

唯「糸……? 糸……」


「……きまき…………とー…きまき」


唯「な、何か聞こえるよ……」

澪「どうしたんだ唯」

唯「キ、キッチンのほうだ!!」ガタッ

憂「いっちゃだめええ!!」


……



唯「えっ……なにこのおっきいお鍋」

鍋「……」

唯「ねぇ……ねぇ……これって」

唯「くんくん……嘘でしょ……」

唯「これ……あずにゃんの匂い……私にはわかる、
  だって今日いっぱい抱き合ったんだもん……愛しあったんだもん……」

唯「うええええん、あずにゃんがスープになっちゃったーうええええん」

唯「憂のばかあああああっ!! あずにゃんをスープにしないでよおおおお!!」


唯「あずにゃん……可哀想、スープになっても私のことが好きなんだね」

唯「だから私にだけ赤い糸を見せてくれるんだね。可哀想可哀想」

唯「ひどいよね。ただ私が好きだから襲っちゃっただけでこんなことになるなんて……」

憂「おねえちゃん……怒らないで、これはお姉ちゃんのことをおもって……」

唯「怒ってるんじゃないよ……ひいてるんだよ……どん引きだよ」


鍋「ひいて……? ひいて……ひいてwww」


唯「ん? なんかいった?」

憂「ひいてもいいよ……でも私はお姉ちゃんが大事だから」

憂「お姉ちゃんのヴァージンを奪って
  とんとん拍子に陵辱の限りを尽くした梓ちゃんが許せなかったの」


鍋「とん……とんwwww」


唯「ほら、あずにゃんの怨念が声となって……頭の中に……」


ザバァ!


梓「トントントンwwwwwwwwww」

梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」


唯「あ、あずにゃん!!」

憂「!!!」


梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」


ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる


憂「や、やめ……あずっ……ごめ……なさ……グエ」

唯「やめてあずにゃん! 首に重点的に巻くのはやめてあげて!!」


梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」


憂「ぐええええっ」

唯「引いちゃだめえええっ!!」



憂「   」

唯「あーあ……南無ー……」

梓「さて次は……」

唯「! りっちゃんたちがあぶない!!」




リビング

唯「りっちゃんたち!!」

律「……」

唯「よ、よかった……」

澪「……まき」

唯「どうしたの? 澪ちゃん、ムギちゃん?」

紬「……きまき……きまき」

唯「えっ……」


梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

唯「あ、あずにゃん!? み、みんなになにしたの!?」

梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

唯「答えてよ!!」

梓「…………」ニタァ


唯「ま、まさか……」

和「いーと……」

律「まきまき……まきまき……」

澪「ひいて……ひいて……」

紬「トントントン……」

唯「あ……あわわわわっ、あずにゃんを食べちゃったからだ……」

唯「こ、こないで……あぁ……ひぃっ、囲まれたぁ!?」


梓「いーとーまきまき……いーとーまきまき……」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

澪「いーとーまきまきwwwwww」

律「いーとーまきまきwwwwwwww」

紬「ひいてwwひいてwwwwwwwwwww」

和「トントントンwwwwwwwwwwwww」


唯「うえええん、やめてよおー」



梓「ぎゅっ」

唯「えっ」

澪「いーとーまきまきwwwwww」

律「いーとーまきまきwwwwwwww」

紬「ひいてwwひいてwwwwwwwwwww」

和「トントントンwwwwwwwwwwwww」

梓「……」ニタァ

唯「い、一緒に巻かれる気!?」

梓「……これでもうずっと……ずっと一緒に……」

唯「ま、まって……そんなにまかれたら……」

唯「うわああああああああああっ!!」



……


憂「う、うーん……アイタタ、もうっ、梓ちゃんったら本気でとりにくるんだから」

憂「何時間倒れてたんだろう」

憂「みなさん帰っちゃったかな……」


憂「あのーみなさ……ってなにこれ!? 巨大繭!?」

憂「……気持ち悪いなぁ……」


繭「んっ……あんあん、だめだよぉあずにゃん……あああん」

繭「ハァハァ……ほらもっといい声で鳴くです」

繭「あああん、らめぇえええ」


憂「はっ! やられた!! 手をだせないようにするとは!」

憂「ハサミで……って硬い! なんて硬度なの」


繭「無理にきまってるじゃん、この繭は唯先輩との運命の赤い糸でできてるんだから」


繭「唯先輩……これからずっと一緒ですからね」

繭「クチュクチュ、ずこずこ」

繭「ああん、いやああん、そこはだめだよおお」

繭「糸巻き巻きしてよかったですね、ちゅ」

繭「ああああん///」


和「ふぅ、やれやれね。これじゃあ割って入ることなんてできないわ」

澪「羨ましいなー、このこのー」

紬「愛しあう二人はずっと永遠に一緒にいるべきなのよ」

律「ま、これでめでたしめでたしだな!」

憂「うん、私の負けだね……見事だよ梓ちゃん……そして、おめでとう……ブラボー」


繭「唯先輩ペロペロwwwwwww唯先輩ペロペロwwwwwww」

繭「愛してwww愛してwwwにゃんにゃんにゃんwwwwwwwwwww」



HAPPY END!