……


梓「……」

唯「ゼェ……ゼェ……あずにゃん、盛りすぎ……」

梓「……」

唯「さすがに疲れたね、私シャワーあびてきていいかな」


ギュッ


唯「およ?」

梓「……いかないでください」

唯「あずにゃん……?」

梓「私、怖い……私の心の中に潜む何かが、
  また唯先輩を傷つけちゃうんじゃないかと思って……」

唯「あずにゃん……いい子いい子」ナデナデ

梓「ひっぐ、お願い……嫌いにならないで……嫌いにならないでください……ぐす」

唯「大丈夫だよあずにゃん……嫌いになるわけないじゃん。大事なあずにゃんだもん」

梓「ごめんなさい……ごめんなさい……」


唯「……あずにゃん……ちゃんとしよ?」

梓「え?」

唯「いまから……もう一度、あ、あずにゃんがいいならね! 私と……」

梓「唯先輩……」

唯「あずにゃんは変な子じゃないよ。
  私の可愛い後輩、ううん、私の……私の可愛い……その……」

梓「唯せんぱい……ちゅー……していいですか?」

唯「……うん……したい」


梓「唯先ぱ……あむ、ちゅ……チュプ」

唯「あずにゃ……チュ、ちゅるっ……ちゅう」


梓「私、唯先輩のこと大事にします……だから、今度こそ、まかせてください……」

唯「う、うん……優しくしてね……」

梓「……唯先輩……可愛い……ちゅ」

唯「んっ……んぅ……もうっ、我慢できないんだから……」

梓「ふふ……可愛い、ほんと可愛い人」

梓「くす……こんなに濡らしちゃって……」

唯「ち、違うもん……それはさっきまでしてたから……」

梓「とかいって、期待してるんでしょ?
  ほら、もうこんなに唯先輩のえっちなお汁が糸ひいて……」

梓「糸……ひいて……?」

唯「あっ、あずっ!!」


梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」


ずぶずぶずぶずぶ


唯「こんなのやだあああああっ!!!」


梓「でーっきたwwwできたwwwwwwこねこさんの オ ナ ホ wwwwwwwwwwww」

唯「ふあああああんっ///」




……


唯「あー、疲れた……寝よ……」

梓「……ふふ、とっても楽しかったですね」

梓「でもだめですよ、おうちまで送っていきます」

唯「そっかぁ」

梓「ま、またしましょうね……///」

唯「う、うん……///」

唯「でも次はぐるぐるはなしで」

梓「はいです」




平沢家

憂「おかえりお姉ちゃん!」

唯「ただいまー……zzz」

梓「憂、おじゃまするね」

憂「うん……くんくん。あれ? なんか変な臭いするよ?」

梓「えっ、そうかな」

憂「イカっぽいような……」

梓「な、なんでもないよ! あーそうそう、さっき一緒にスルメイカたべてたから!」

憂「へぇ……じゃああがってあがって。お姉ちゃんは部屋で寝かせとくから」

梓「うん」

憂「晩ご飯どうする?」

梓「ご馳走してもらえるの?」

憂「ご馳走をつくるよ!」

梓「わぁ楽しみだなぁ」



一時間後

キッチン


憂「火をたきたき……火をたきたき……」

憂「ふいてふいて……トントントン」

トントントントン ザクッ! 

憂「火をたきたき……火をたきたき……」

憂「ふいてふいて……トントントン」

トントン ザクッ トントン ザクッ



ピンポーン!

和「唯、憂。いるんでしょ? あけなさい」

律「おーい、唯ー大丈夫かー」

澪「梓ー、唯にへんなことしてないだろうなー」

紬「唯ちゃん、貞操は無事~?」



憂「ちょうどよかった。どうぞみなさんあがってください」

憂「ついでに晩ご飯も一緒にどうですか?」

和「なんだかいい匂いがするわね」

紬「これは、スープかしら?」

澪「嗅いだことないな、なんのスープだろう」

律「なんにせよさっすが憂ちゃん。料理上手だなぁ」

澪「ところで唯と梓は?」

憂「お姉ちゃんは疲れてるみたいで部屋で寝てます」

憂「梓ちゃんは……
  えっと、急用でかえっちゃって……せっかくいっぱいつくったのに」

和「それじゃスープがあまっちゃうわね」

律「よし、じゃあご馳走になっていこう!」

澪「そうだな。憂ちゃん、世話になるよ」

紬「わぁ、たのしみ~。来た甲斐があったねー」



憂「あ、お姉ちゃんも呼んできてくれませんか?」

澪「うん」


憂「さてと、火をたきたき、火をたきたき」

憂「ふいてふいて、トントントン♪」

憂「火をたきたき、火をたきたき」

憂「ふいてふいて、トントントン♪」

憂「でーっきた、でっきったっ♪」

憂「こねこさんのスープ♪」

憂「わぁ、おいしそう。梓ちゃんにもたべさせてあげたかったなー」




……

律「うんめぇ、なんだこれ」

澪「すごいな! 新感覚だ!」

紬「うちのシェフにつくれるかしら!?」

和「あなた一体どんな材料をつかってるの?」

唯「……わたし、食欲ない」

憂「たべないの?」

唯「うん……ねぇそういえばどうしてあずにゃん帰っちゃったの?」

憂「宿題がのこってるんだって」

唯「そっかー」

和「食べないなら、ギターの練習でもしてなさい」

唯「そうだね。ひいてくるよ」


「ひいて……? ひいて……」


唯「えっ?」



4