そのころ部室では


律「ガジガジ、あー、この糸きれねー」

澪「唯、大丈夫かな……」

紬「……梓ちゃんの良心を信じるしか無いわ」

律「くっそー、親友の貞操が危ないっていうのに」

澪「この糸、どんだけかたいんだ」

律「せめて手がつかえたら……」


ガチャ

和「あら、あなたたち何してるの? 楽しそうね」

澪「わぁ!! 和ぁ!!」

律「よし、ナイスタイミング!」

和「唯は? それとあの子もいないわね、ほらあの小さい子」

紬「そうなの……梓ちゃんが唯ちゃんを縛り上げて連れていっちゃったの」

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会いくね」

律「お、おい待てよ和! この糸をなんとかしてくれい」

和「困ったわ、はさみあったかしら」ゴソゴソ

澪「ふー、助かったか」

和「とにかくみんなで唯の家にいきましょ」



チョキン

律「よしいくぞぉ!」

紬「おー!」

澪「わ、私はもう……」ブルブル

律「なんだぁ澪、梓の糸まきがトラウマになったのか」

澪「だってあんな笑顔で……」ブルブル

律「すごい力だったなー」

紬「きっと唯ちゃんを想う力が形となったのね……」

和「なんにせよ唯の貞操が危ないわ」



……


梓「あーなーほりほりwwwwwwあーなーほりほりwwwwww」

梓「犯してww犯してwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

梓「あーなーほりほりwwwwwwあーなーほりほりwwwwww」

梓「犯してww犯してwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

ずぶずぶ ぐっちょん ぐっちょん

唯「あんっ、あっ……んっ、あっ……あず、にゃ……」

梓「あーなーほりほりwwwwwwあーなーほりほりwwwwww」

梓「犯してww犯してwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

唯「やだ……なんで、こんなに……あぅ、あっ……きも、ち……んっ」

梓「でーっきたwwwでwwきwwたwwwこねこさんのオナホールwwwwwwwww」

ずぶずぶ パンパン

唯「ふあああああんっ///」

梓「たーねーまきまきwwwwwwたーねーまきまきwwwwww」

梓「だしてwwだしてwwwビュッビュッビュッwwwwwwwwwwww」

ズブズブ

唯「あああん、中はだめええええっ!!!」

梓「たーねーまきまきwwwwwwたーねーまきまきwwwwww」

梓「だしてwwだしてwwwビュッビュッビュッwwwwwwwwwwww」

ズブズブ

唯「やだぁ……やだよおおおっ!!! ママになりたくないよおおお!!」


梓「たーねーまきまきwwwwwwたーねーまきま……うっ……うっ!!!!」

ビュクルビュクル ドピュドピュ……

唯「あっ……あぁっ!! で……でてる……あずにゃんのが中ででてる……」


梓「だーしてwwだーしてwwwビュッビュッビュッwwwwwwwwwwww」

唯「うええええん」



唯「えええん、私はじめてだったのにー……うえええん」

梓「……」

唯「あずにゃん……?」

梓「……はっ! わ、私なにやってたんですか?」

唯「えっ、覚えてないの?」

梓「は、はい……あれ? どうして唯先輩素っ裸で……ってうええええっ!!?」

梓「唯先輩のエッチ!! 後輩の家にまできて押し倒すなんて!」

唯「そんなぁ……」

梓「そっかぁ……唯先輩としちゃったんですね……しみじみ」

梓「でもちょっと過程が省略されすぎな気もしますけど、嬉しいです!」

梓「唯先輩とこうなるの、実は憧れてたんです」

唯「過ぎ去ったことをとやかく言う気はないけど、股間のそれには違和感ないんだね」

梓「これはトンちゃんですよ、トンちゃん二号です」

唯「う、うん?」

梓「トンちゃんですよ、トンちゃん……とん、とん……」

唯「えっ、ちょ……」

梓「トントントンwwwwwwwwww」

梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる

唯「やめてー! せっかくほどいたのにー!!」

梓「いーとーまきまきwwwwwいーとーまきまきwwwwwww」

梓「ひいてwwひいてwwwトントントンwwwwwwwwwwww」

ムクムク ムクムク

唯「うえええっ、しかもまたおっきくなってるよおお!!???」

梓「あーなーほりほりwwwwwwあーなーほりほりwwwwww」

梓「犯してww犯してwwwトントントンwwwwwwwwwwwww」

ズコバコ

唯「あふぅん///」



3