唯「我が軽音部にペット導入を提案します」



律「急にどうしたんだよー唯」

澪「大体ペットならトンちゃんがいるだろ!」

紬「唯ちゃんは何が飼いたいの?」

唯「よくぞ聞いてくれました」

唯「わたくし平沢唯は」

唯「中野梓こと、あずにゃんを飼いたいと思います!」

唯「あれれ?」

唯「どうしたのみんな~」

律「さて、そろそろ練習するか」

澪「そうだな」

紬「今日は新曲の楽譜を持ってきたの」

唯「ちょっとちょっと~無視しないでよ~」

律「だってなあ唯、そんなこと梓がいいですよって言ってくれると思うか?」

唯「そ、それは」

澪「それに梓は人間だぞ、人間が人間を飼えるわけないだろ」

唯「澪ちゃん」

紬「梓ちゃんが可愛いのは分かるけど、ねえ唯ちゃん」

唯「ムギちゃんまで」

唯「で、でもあずにゃんがペットになるんだよ?ペットってことは好きにしていいんだよ?」

律「うーん、そう言われれば確かに」

澪「おい律!そこは悩むところじゃないだろ」

紬「あ、梓ちゃんがもし私のペットになったら」キラキラ

澪「ムギまで?おーい戻ってこーいムギー」

唯「澪ちゃんだって!」

澪「!?」

唯「本当はあずにゃんにあんなことやこんなことをしたいと思ってるんでしょ?」

澪「うっ」

澪「わ、私は、ぜぜぜぜぜぜ全然そんなこと、おおおおおおおおお思ってないぞ?」

律「めっちゃ動揺してんじゃん」

紬「澪ちゃん自分の気持ちに素直になって!」

唯「澪ちゃん!」

澪「で、でも」

唯(あと一押しかな~?)

唯「分かった」

澪「?」

唯「最初は澪ちゃんにあずにゃんを譲るよ!」

澪「!?」

律「ズルいぞー澪ー」

紬「最初に自分色に染められるなんて!」

唯「まあまあ、その後はみんなで順番に回していこうよ」

律「ちぇー」

紬「しかたないですね」

タンタン

ガチャ

梓「遅くなってすみません、何の話してるんですか?」

律「お、来たぞ」

紬「私達のペット」キラキラ

唯「あっずにゃーん」

梓「どうしたんですかみなさん?」

澪「・・・」プルプル

澪「うおおおおおおおおおおお」

梓「ひぃっ?」

澪「梓!こっちに来い!」

梓「は、はひぃ!」

スタスタ

澪「そこに座れ!」

梓「えっと、こっちのイスにですか?」

澪「違う!床に決まってるだろ」

梓「床・・・ですか」

梓(どうしよう、きっと私何か悪いことしちゃったんだ)

梓(でなければ、先輩方の目がこんなに冷たいわけないもん)

梓(でも私何しちゃったんだろう、分からない、怖いよう)

唯「澪ちゃんダメだよ、いきなりそんな風にしちゃあ」

澪「そ、そうだな・・・ごめん」

唯「あずにゃん大丈夫だよ、澪ちゃんちょっと興奮してるだけだから」

梓「唯先輩・・・」

唯「じゃあとりあえずこれ、つけてくれる?」

梓「それはいつかの猫耳カチューシャ!」

唯「つけてくれるよね~?」ニコォ

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

梓(なんですかこの空気、断りづらいです)

梓「ちょ、ちょっとだけならいいですよ」

唯「やったーあずにゃんが私達のペットになったー」

梓「え?え?何ですかペットって」

律「いいか梓、お前は今日から軽音部のペットになるのだ!」

梓「ええー?聞いてないですー」

紬「言ってないもの!」ドヤァ

梓「キメ顔で言わないでください」

梓「そ、そうだ澪先輩なら・・・」クルッ

澪「梓!」

梓「はいぃっ!」

澪「・・・」

梓「・・・」ドキドキ

澪「早く付けろ」

梓「そんなー澪先輩ー」

唯「あ・ず・にゃん!」

唯&律「あ・ず・にゃん!」

唯&律&紬「あ・ず・にゃん!」

唯&律&紬&澪「あ・ず・にゃん!」

梓「・・・分かりました、つけますー」スチャ

唯&律&紬&澪「おおー!!」

梓「これでいいんですか?」

律「なあ澪、やっぱ最初は私に譲ってくれないかー?」

紬「澪ちゃん、お願い、私に譲って?」

澪「ダメダメ、絶対譲らないからな」

唯「あっずにゃ~ん」ダキッ

梓「にゃあん!?」

律&紬&澪「唯いいいいい」

唯「我慢できなくって☆」テヘ

律&紬&澪「テヘじゃねえええええ」

梓「私の意思は関係ないんですね」シクシク

・・・・・・・・・・

10日後

カッ カッ カッ カッ

コンコン

ガチャ

唯「みんなお待たせ~!」

チリン・・・

律「遅かったなー唯」

紬「もう先に始めちゃってるわ」

澪「梓・・・梓」ナデナデ

梓「Zzz」

唯「あずにゃ~ん、今日もいい子にしてた~?」ワシワシ

梓「ん・・・zzz・・・」

唯「今日も可愛いね~」ナデナデ

紬「あらあら、シーツがぐちゃぐちゃ」

律「そろそろご飯にしようか」

紬「そうね、唯ちゃん、準備をするからテーブルの上を片付けておいてくれる?」

唯「了解であります」

律「じゃあ私は梓を起こそう」

・・・5分後

紬「はいお待たせ」

紬「梓ちゃん用の熱くない紅茶と、苺のケーキよ」トン

梓「アーン」

澪「待て!」

梓「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・よしっ」

梓「パクパク」

唯「あ~あ~、あずにゃん顔中がクリームだらけだよ」

律「手を使うことを許してないからな」

紬「そんな梓ちゃんも可愛いわ~」

梓「モグモグ」

唯「そういえば」

唯「憂が言ってたんだけど」

梓「・・・」ピクッ!

唯「あずにゃんが1週間前くらいから音信不通なんだって」

梓「・・・」

唯「一体どうしたんだろうね」

ガブッ

唯「いたっ・・・くない・・・」

梓「・・・」カミカミ

唯「もう~私までべたべたになっちゃうよ~あずにゃん」

紬「梓ちゃん、唯ちゃんの手をちゃんと綺麗にしなさい」

梓「・・・」

ペロ

ペロペロ

唯「やだっあずにゃん、上手い・・・」

澪「むー・・・」

澪「おいで、梓」ポンポン

梓「・・・」

ゴロン

澪「よしよし、いい子だ」

ナデナデ ゴロゴロ

梓「・・・はぁっ・・・はぁ・・・」

澪「変な子だな、私は撫でているだけだぞ?」ナデナデ

サワサワ

梓「・・・!!」ピクッ

梓「~~~~~」

澪「あーはいはい、やりすぎたよ、もうやめるってば」

律「あれ?もうこんな時間か、そろそろ帰らなきゃ」

唯「ホントだ、早く帰らないと憂が心配しちゃう」

紬「じゃあ、今日は解散ね」

梓「・・・・・・・・・・」

ガバッ

唯「おっと!・・・あずにゃん?」

ペロペロ

唯「えーっと・・・もう行くんだけど・・・」

梓「・・・」ペロ

チュー

唯「んっ・・・」

律「おおー」

紬「あらあら」

唯「あずにゃん・・・ちょっと・・・」

ヌガセ ヌガセ

唯「・・・」

澪「コラッ!」

澪「誰が手使っていいって言った?」

梓「!」

澪「・・・」ニコォ

梓「・・・」ガクガク ブルブル

唯「澪ちゃん」

律「梓怖がってるだろ」

紬「大丈夫よ梓ちゃん、でも、お仕置きは受けましょうね」

梓「!」

・・・・・・・・・・

紬「使わない手は、縛って・・・っと」

ギュ

梓「・・・」

トロー

梓「・・・!」ピクッ

紬「紅茶用のミルクよ、全身に塗ってあげるわ」ヌルヌル

梓「あっ・・・ん・・・・」

梓「ぅぁ・・・はぁ・・・」

ペロ

紬「甘いわ」

澪「梓、いつもより気持ちよさそうだな」チュ

梓「はぁ・・・はぁ」

律「もしかして縛られるの好きだったりして」

クチュ クチュ

梓「・・・っ」ギュ

梓「~~~~~~~ッッ」

ヘター

紬「あら、早いわね」

唯「・・・流石ムギちゃん」

澪「見習いたい・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

梓「はぁ・・・いくらペットだからってこんなメにあうとは思いませんでした」

唯「あずにゃん可愛かったよ!」

梓「まさか先輩たちがこんなに積極的だったなんて・・・」

梓「それに、縛られた際についた縄の跡が痛いです」サスサス

紬「そ、それは・・・ごめんなさい」

梓(でも、結構楽しかったからまたやってもらおう)

梓(・・・はっ!何を考えてるんですか私は)

唯「あずにゃ~ん、また今度もやってくれるよね?」

梓(・・・嫌って言ってもやるんだろうなあ)

梓(ならいっそのこと自分から・・・)

梓「・・・今度は、もうちょっと優しくしてください・・・」ゴニョゴニョ

唯「あずにゃ~ん」ダキッ

梓「ひゃあっ!ちょ、ちょっと、唯せんぱ~い!」



終わり