いちご「えい」グチュ ジュリュ

律「ごぁぎゃああああああああああ!?」

※断面図







膣「」


いちご「あっけない」

いちご「街へ繰り出す」




いちごが目をつけたのは少し遠いところにある商店街
いろいろな種類の店があり、客層も多種多様なのだ


いちご「到着」

いちご「次の獲物は」

いちご「あいつ」


ハルヒ「~♪」



ハルヒ「あっ!キョン!次はあの店よ!着いてきなさい!!」

キョン「おいおいまだ回るのかよ……」

ハルヒ「当ったり前でしょ!わざわざこんな遠くまで来たんだから買えるもんは買っとくのよ!」

ハルヒ「……っと、ちょっとその前にトイレいってくるわ」

ハルヒ「ここで待ってなさいよ!どこにも行くんじゃないわよ!」タッタッタ

キョン「ったく……まがいなりにも女の子なんだからもう少しデリカシーってもんをだな……」ブツブツ

この時、キョンは気付かなかった
ハルヒの後について一緒にトイレへと入っていった、血に飢えた獣の姿に………



その頃 某マンション

長門「…………!」

長門「……涼宮ハルヒに危険が迫っている」

長門「……でも私はカレーを作るので忙しい」

長門「助けるのはまた今度」グツグツ



ハルヒ「う~トイレトイレ……」


いちご「ねぇ」

ハルヒ「ん?あたし?」

いちご「そう」

いちご「背中にゴミが付いてる」

ハルヒ「えっ?どk……」

いちご「ここ」シュッ

ハルヒ「あぎゃっ」サク

※断面図






いちご「むん」ドルルルル

ハルヒ「あぎゅhっふf:pjし;ぽkでおkz:k:」ビクビク

※断面図






ハルヒ「」



いちご「すっきり」