いちご「真っ赤な血で喉の渇きを潤したいと」

いちご「指なのに」



いちご「最初の獲物は」

いちご「あの子」


唯「~♪」



いちご「のんきなものね」

いちご「きっと楽勝」

気付かれないように唯の背後を取るいちご
その目は完全に獲物を狙う虎のそれであった



いちご「今」


ズブリ


唯「い゛ぁっ!?」


唯「い……いちごちゃ」

いちご「えい」ズブズブ

唯「んあ゛あ゛ぁぃ!!!」


※断面図




いちご「ふんふん」ブジュリ グジュ

唯「ぎゃあああああ゛あ゛あ゛!!!いだぁぁあ゛ああ゛!!!!」


※断面図




いちご「……ふぅ」ズボッ

唯「」


いちご「ごちそうさま」




いちご「まだまだたりない」

いちご「次の獲物は」

いちご「あの子」


律「~♪」



律「おっ、いちごじゃん!どうした?」

いちご「連れションしましょう」

律「ぶっ!!お、お前そんなことは普通口にするもんじゃないだろ!!」

いちご「もれそう」

いちご「はやく」

律「わ、わかったよ……」ガタッ



律「んじゃ、またあとでな」ガチャバタン

律が入った個室を見つめるいちご
もちろんいちごは連れションする気など初めから無い
狙うは律の穴、ただそれだけである



いちご「うかつ」

細い金属の棒を使いいともたやすく鍵を開けてしまういちご

律「うわぁ!?いちご、お前何して……!?」

いちご「ふっ」ズブリ

律「んやぁ!?」

※断面図






いちご「……」クチュクチュ

律「んっ!ぁ……やぁ、いち、」

いちご「えい」グチュ ジュリュ

律「ごぁぎゃああああああああああ!?」

※断面図







膣「」


いちご「あっけない」

いちご「街へ繰り出す」




いちごが目をつけたのは少し遠いところにある商店街
いろいろな種類の店があり、客層も多種多様なのだ


いちご「到着」

いちご「次の獲物は」

いちご「あいつ」


ハルヒ「~♪」



ハルヒ「あっ!キョン!次はあの店よ!着いてきなさい!!」

キョン「おいおいまだ回るのかよ……」

ハルヒ「当ったり前でしょ!わざわざこんな遠くまで来たんだから買えるもんは買っとくのよ!」

ハルヒ「……っと、ちょっとその前にトイレいってくるわ」

ハルヒ「ここで待ってなさいよ!どこにも行くんじゃないわよ!」タッタッタ

キョン「ったく……まがいなりにも女の子なんだからもう少しデリカシーってもんをだな……」ブツブツ

この時、キョンは気付かなかった
ハルヒの後について一緒にトイレへと入っていった、血に飢えた獣の姿に………



その頃 某マンション

長門「…………!」

長門「……涼宮ハルヒに危険が迫っている」

長門「……でも私はカレーを作るので忙しい」

長門「助けるのはまた今度」グツグツ



ハルヒ「う~トイレトイレ……」


いちご「ねぇ」

ハルヒ「ん?あたし?」

いちご「そう」

いちご「背中にゴミが付いてる」

ハルヒ「えっ?どk……」

いちご「ここ」シュッ

ハルヒ「あぎゃっ」サク

※断面図






いちご「むん」ドルルルル

ハルヒ「あぎゅhっふf:pjし;ぽkでおkz:k:」ビクビク

※断面図






ハルヒ「」



いちご「すっきり」

いちご「次の獲物は」

いちご「あの子」






アナ「ゲイナー!ヤーパンはやっぱり面白いところですね!」

ゲイナー「…………」

アナ「ゲイナー?どうしたんですか?」

ゲイナー「アナ、ごめん……」

アナ「?」

ゲイナー「エクソダスが終わったあとみんなの抑止を振り切ってヤーパンにきたはいいけど、この不景気で仕事も見つからず……」

ゲイナー「もううちはサラと二人で暮らしていくので精一杯なんだ……」

ゲイナー「だから…………ごめん!!」ダッ

アナ「!?ゲイナー!?どこへ行くんですか!?ゲイナー!戻ってきなさい!」

アナ「ゲイナー………………もしかして……私、捨てられたんでしょうか……?」

アナ「そうですよね……ゲイナーにはゲイナーの生活がありますし……」

アナ「海を渡ると聞いて着いて行きたいと行ったのは私ですし……せっかく二人が幸せそうだったのに」ヒック

アナ「私、いっぱい迷惑かけちゃってたんですね……ゲイナー……ごめんなさい……」ヒグヒグ



いちご「……」

いちご「不憫」



いちご「興がそがれた」

いちご「帰る」

いちごはさきほどの子供の前でわざとらしく財布を落とし、学校への帰路につくのであった



2