唯「おかえりー」

憂「“ただいま”だよ、お姉ちゃん」

唯「そっかそっか、ただいまー」

和「ていうか、トイレ行ってきただけでしょ」


笑う二人に、私は心の中でにんまりとした。


唯「ね、憂ー、はちみつってうちにあったかなぁ」

憂「え、多分あると思うけど……」

唯「えー? でもさっきキッチン探したけどなかったんだよー」

和「紅茶に入れるの?」

唯「うん、こないだムギちゃんが出してくれたお茶に入っててね、おいしかったんだぁ」

唯「でも、見つからないんだよー」

憂「あ、じゃあ私とってこようか?」

唯「悪いね憂ー」

憂「いいよー。今度はわかりやすい場所に置いておくね」


憂はぱたぱたと出て行った。

ここまでは作戦どおりだ。


和「憂はほんとに働き者ね」

唯「うん。んー? あれ、なんだかこの部屋暑いねー」

和「そう?」

唯「そうだよ」


にこにこ頷きながら、私はTシャツを脱いだ。


和「な、なにやってるのよ」

唯「あっついんだもん」

和「だからって……」


私はブラジャーのホックにも手をかけた。


和「ちょっと唯……!」

唯「女の子同士なんだし、だいじょうぶだよー」


和ちゃんは目をそらしている。

けいおん部のみんなとは合宿のお風呂を一緒に入ったりするけど、和ちゃんに裸見られるなんてものすごい久しぶり。
でも別に恥ずかしいという感情もなかった。

ただ、和ちゃんの反応が面白い。


唯「へへ~、和ちゃーん」

和「ちょ、ちょっと……」


笑いながら抱きつくと、和ちゃんはもっと顔を赤くした。






憂「お姉ちゃん!?」


はちみつの小瓶を持った憂が固まった。


憂「な、なにやってるの」

唯「ん? べつに、ちょっと暑いだけだよ」

憂「の、和ちゃん……」


和ちゃんは憂の声なんて聞こえてないみたいに、顔を真っ赤にして、抱きつく私を押し返していた。


もうひとおし。
もうちょっとからかってみよう。


私は和ちゃんに軽くキスをした。


和「!」


その瞬間、世界が反転した。


唯「え?」


和「唯……」


カーペットに押しつけられた腕が痛い。


唯「和ちゃん?」


覆い被さってくる和ちゃんは、私の知ってる和ちゃんじゃなかった。


唯「ちょ、ちょっとー」


和ちゃんの顔が近づいてくる。


唯「え? ほんとに……え?」


体格差のせいなのか、動揺のせいなのか、身動きが取れない。


和「ゆい……ゆいっ、私は……っ」


首筋を生温かいものが伝う。


唯「や、やめて……」


こわい。

こわいこわいこわい。


遊び半分だった。ただふざけたかっただけなのに。
ちょっとした嫉妬だったのに。


唯「う、ういっ……」


助けを求めようと憂のほうを見た瞬間、私はぞっとした。



――憂は、まったくの無表情で、私たちを見下ろしていた。

――いや、“私たち”じゃない。“私”を、だ。



和ちゃんの気持ちと、そして憂の気持ちをもてあそんだ私に、怒るでもなく、悲しむでもない。
和ちゃんを止めもしない。

ただただ傍観していた。



自業自得。
軽率。
無神経。



『裏切り者』



全く動いていないはずの憂の口が、目が、語っているような気がした。


唯「……っ」


さぁっと血の気がひいた。
抵抗を試みていた腕も足もなにもかも、力が抜けた。


すると、ハッとしたように和ちゃんが目を見開いた。


和「あ……、わ、私……っ」


蒼白の顔で和ちゃんがずれ下がった眼鏡を正す。
そしてさっき私を力一杯押さえつけていたのが嘘のように、素早く立ち上がった。


和「ごめんなさい、帰る」


床に仰向けで放心する私を見ないまま、和ちゃんはバタバタと出て行った。
バタンと閉められたドアの音だけが、部屋に残る。


その間も、憂はちっとも動かなかった。




唯「あ……」


起き上がろうとしたら、手首がズキンと痛んだ。
いまさらながらに怖くなった。


あのままだったら私はどうなっていたんだろう。


でも、それよりも、憂の視線が怖い。


唯「あの、憂」


下着を着けて、Tシャツを着て、私はずっと同じ場所に立ったままの憂に声をかけた。


唯「あの、わたし」

憂「お姉ちゃん」

憂「片付けようか」

唯「う、ん」


頷いた私のほうをチラリとも見ずに、憂はいつものとおりに手際よく食器や残りのケーキをを片付けた。
表情は無かった。

そのあいだ私はなにも言えなかった。
ただ憂が働いているのをまごまごしながら見ているだけ。



憂「お姉ちゃん」

唯「え?」

憂「なんでもないよ」


憂は口の端だけ引き上げて、笑ったように見せた。
憂がいまどんな気持ちでいるのか、わからないし、わかるのが怖い、





結局、私のした悪戯は、後悔しか残さなかった。




おわり


9