ガタピタッ

医師「!? どうしました!?」

唯「おまたいってぇぇぇぇェェ!!」

唯「抜いてええええっ」

医師「もう抜いてますけど……」

唯「ハァ、ハァ」

唯「い、痛いんですけど」

医師「は、はあ……すみません」

医師「でもそんなに太くはないはずなんですが」

唯「いや、太いとか太くないの問題じゃなくて」

唯「おしっこの穴には物が入らないと思うんですけど」グスグス

医師「いや、尿道じゃなくて膣ですし、普通入るはずです」

唯「あ、そうなんですか」

唯「……」

唯「えっでも痛かったですあり得ないくらい」



医師「……」

医師「もしやと思いますけど、性交渉のご経験がないということはないですよね?」

唯「?」

唯(なんだかわかんないけど、ないって言ったらヤバそうかも!?)

唯「あ、あります! 毎日!」

医師「毎日!?」

医師「ええ、まあそれなら……いや、でも普通そんなに痛くないはずなんですが」

医師(毎日ということは、使いすぎで切れている、とか?)

医師「じゃ、じゃあとりあえず機械の前に触診しますね」

唯「? はい」



クパァ

医師「痛かったら言ってください」

グニ

唯「!」

唯「おっほう!」

医師「痛いですか?」

唯「いえ、大丈夫です」

医師「そ、そうですか……」


医師(うーん)ジイイ

医師(膜が、しっかりと残っている)

医師(でも経験はあると言ったし、まだ若いようだし)

医師(貫通まではしなかった、とかかもしれない)

唯「どうですか?」

医師「え、ええ……とりあえず機械は入れなくても結構です」

医師「膣の中の細胞だけ取りますね」

ニュイ

唯「ひゃふん!」



看護師「では、服を着て、待合室のほうへお戻りください」

唯「はーい」

唯(意外と簡単な検査だったなあ)




看護婦「では次のかたー」

律「はいっ」



待合室

澪「あ、あの唯……さっき悲鳴が聞こえたけど」ビクビクオドオド

唯「あ、うん、ちょっとねー」

澪「そ、その……なにか恐ろしいことが?」

唯「ん? ぜんぜん大丈夫だよー。すぐに終わるし」

澪「そ、そう?」ドキドキ




看護婦「……」

律「なんですか?」

看護婦「男性の方は、」

律「みなまで言うな」

律「女に生まれた悲しきイケメンのバラード」




律「……」トボトボ


紬「あら? りっちゃん随分早かったわね」

梓「まだ一分も経ってないですよ?」

律「お前たちにはわからない、イケメンの気持ちはわからない」



看護婦「次のかたは」

梓「あ、私です」トテトテテ


看護婦「ここで下着を、あっ、下だけ! パンツだけ! 脱いでくださいね」

梓「は、はい」

看護婦「別に上を脱いでも悪いということはないですけど、脱ぐ必要はありませんので!」

梓「えっ、はい……」

カーテンシャッ

梓「ふう」シュル

梓「やっぱ……脱ぐってことは見られるってことだよね?」

梓「そうじゃなくてもレントゲンみたいなので撮られるとか」

梓「ううううう」

医師「こちらへどうぞー」

梓「は、はい」ドキドキドキ


看護婦「診察はカーテン越しに行います」

看護婦「あっ、もちろん開けたいならかまいませんが、でも開けなくても十分な診察ができますので!」

梓「は、はあ……いや、閉めたままで(さっきからなんなんだろう、この人)」

医師「椅子に深く腰掛けてください」

梓(あ、でも女の人だ。よかった)

医師「おしりのところ開きますよー」

ウィィイイン

梓「!」ビクン

医師「上げますねー」

ウィイイイイン

梓「あわわっ」

梓(ま、丸見えだよー! 恥ずかしい、下ろしてー!!!)

医師「脚開きます」

グィィィイイーン

梓(きゃああああぁぁあああ脚が勝手に開くゥゥゥ)



クパ

医師(最初の子のそうだけど、この子も……)

医師(こんな小さな子が検査受けるなんて、世も末ね)

梓(あああ私のあそこが全開でしかも人に見られているですアワワ)

梓(カーテンで顔が見えないのが何よりもの救い、でもやっぱり恥ずかしい)

梓(で、でもやっぱりぃぃぃ)


唯『みんな、いつまでも健康にバンドやりたいもんね!』


梓(そうだ、唯先輩だって頑張ったんだから私だってできるはず!)


梓「やってやるです!」

医師「なにを!?」


医師(前の子のこともあるから、一応確かめておこう)

医師「じゃあ、まず触診しますね。痛かったら言ってください」

梓「はい!」

グニュ

梓「なんだと」

グパァ

梓(わ、私のあそこが全開になって見られているだけではなく)

梓(さらにナカまで拡げられて、触られているだと!?)

梓「ゆ、ゆいせんぱ……」ハッ

梓(イカン、イカンやろ梓! さっき誓ったばっかやないかい)

梓(唯先輩の笑顔のためにも、ここは我慢なんや……!!)

梓「でも、はじめては唯先輩がよか……っ、た……」ガク

医師「?」

医師(しかし、この子も膜がしっかり残っている)

医師(一応確かめていおいてよかったけど、なんあんだろう、先っぽだけ入れるのが若者の間で流行ってるのか?)


医師「じゃあ細胞だけとっておきますね」

ニュフ

梓「唯センパイいいいいいいっ!!!」




待合室

唯「む、あずにゃんが呼んでるよ?」

澪「な、なんだろう」

紬「うふふ」

律「イケメンの私には関係のないことだ」



6