その2

憂「お姉ちゃん、DVはやめて!」




明かりを消して暫く。


暗闇に目が慣れてきて、ぼんやりと彼女の輪郭が見える薄暗い部屋。
うつらうつら、眠りに就こうとする彼女を、布団からずるりと引き擦り出した。

ずしりとした重みが、私の心を躍らせる。

――さあ、はじまるよ。
そんな目で、彼女の上から下までをじっくりと眺めてあげる。


「……」


何か言いたそうな目を視界の端に追いやって、思い切り右手を振った。
パァン、と鋭い音がして彼女が吹っ飛ぶ。
するとゴン、と聞くからに痛そうな鈍い音がして彼女が壁にうずもれた。

この音の相違が好きだ。

ここで私はやっと口を開く。
そして一言。


「いたい?」


彼女は答えはしない。動きもしない。
ただこちらを恨めしそうな目で見ているだけ。

いや、それも私の思い込みで、彼女はとうの昔に諦めてしまっているのかもしれない。
もしかしたら、反抗のポーズだけを取っているのかもしれない。

しかし私も別に応えなんて欲しくないのだ。こんなこと言うのはただの興奮材料だ。


出来るだけ、優しく優しく尋ねる。
ドキドキする。


「ねえ、痛いんでしょ? 痛いなら痛いって、そう言ってほしいなあ」

「……」


私は再び彼女に触れた。
それに反射したように、彼女の手は私を弾き返した。
でも、そんな抵抗なんだっていうんだ。私の前では無力だ。


暴れる手足を押さえ付けて、荒々しく、なんて言葉さえキレイに思えるような抱き方をして、乱れる彼女を鑑賞して、わらう。
「なんで抵抗するの、かなしい」って言いながら。

「あなたの思い通りになんかなるもんか。私はモノじゃない」なんてバカなワガママ言う君の頬を張り飛ばして、
痛さから出た涙を「悲しいからだ」と解釈して冷たい水の中みたいなゾクゾクに浸る。


私の出したものを嚥下する時の君が好きだ。

沢山叩かれた時に一瞬見せる怯えた目の色が好き。



「ね、楽しいね」



いつかきっと、少しずつでいい。

今はまだ気張ってる君の、心の奥にある、もっと惨めったらしい、君が必死で隠している何か、恐怖とかを、ずるずる引っ張り出してやる。



君の全部が好き。
だからもっと私の言う通りにしろよ。






憂「こんな時間になにやってんのお姉ちゃん」

唯「ギー太が悪い子だから言い聞かせてた」

憂「言う、っていうか、ソレ……」

唯「ああ、んとね、カラダに言い聞かせてたの」

憂「なんか濡れてるけど」

唯「よだれだよ?」

憂「だよ? とか言われましても」

唯「とにかくこれは私とギー太の問題だから」

憂「うん、まあ……物音さえ立てなければなんでいいけどね」

唯「うん、うーん」

憂「あと修理費貸せとか、ましてや新しいギター買うから金貸せとか言わないでね」

唯「うん、うーん」

憂「誓えよ」

唯「嫌だよ」

憂「誓うだけ誓え」

唯「え、じゃあ……ハイ」

憂「あと謝りな」

唯「ギー太ごめん」

憂「違うよお姉ちゃん、ギター作るのに犠牲になった木に対してだよー」

唯「あうんはいごめなさいでした木さん」

憂「よっし、おやすみ」

唯「おやすみ」




おわり


3