春巻「別にいいちょ」

律&澪「やったーーー!!!」

律「これで部活として認められるんですよねっ!?」

春巻「そうだウィ」

澪「良かったなぁ律。今はまだ2人しかいないけど、そのうち少しずつ集まってくるさ」


春巻「ところで顧問って何をすればいいノラ?」


律「なんにもしなくていいですよ
、龍センセっ!」

澪(いきなり龍先生ぃ!?)「あ、はい。練習も自分たちでやるんで、先生の名前だけでもお借りできれば。」

春巻「ちょー。たまに遊びに行くミャオ」

ガチャ


律「いやぁー良かった良かった!これで思いっきりドラムが叩けるぜ!」

澪「そうだな。だめだったら文芸部に入ろうとか思ってたけど、やっぱり私をベース好きだし…」

律「じゃぁ早速、練習するぞーーー!!」


コンコン

和「失礼します。あ、一年生の人ね。音が聴こえたから来てみたけど、借りるならちゃんと申請出さないと」

律「えーさっき部として認められたんだぜ?ちょっとくらいフライングして使ったっていいじゃん!」

澪「まぁまぁ律。今日、春巻先生が軽音楽部の顧問としてついてくれることになったんだ。これからすぐ申請が出ると思うんだけど」

律「そうそう!だからさっ、固いこと言わずに~ちょっっっとだけ♪」

和「(春巻先生ね…。)そう、じゃぁこれ、申請用紙渡しとくわ。部長は誰?」

律「はいっ、じゃぁ私!」

和「はい。他の部員は?」

澪「まだ、私達だけなんだけど…」

和「え?最低でも4人いないと正式に部として認められないのよ」

律&澪「えっ…!?」

律「なんだよ龍先生!そういうことなら早く言ってくれりゃいいのにさ!」

澪「律!せっかく顧問になってくれたんだからありがたいだろ!」

律「そんなこと言ったって発足できなきゃ意味ないじゃんか(# ̄З ̄)」

澪「まぁそうだけど…。若い先生だし、きっと部活受け持ったことないから知らなかったんだよ」

律「あ~あ」

ガチャ

春巻「言い忘れてたホイ、あと2日で4人集めないと廃部ちょー」

律&澪「知ってたんかい!!」ビシッ

澪「やっと練習できると思ったのになぁ」

?「あのー」

律「ハーイ」

紬「あのー、ちょっとお借りしたいものあるんですけど…」

澪「あ、実は私達、まだ部員はじゃないから断らなくてもたぶん大丈夫ですよ?」

紬「そうだったんですか。じゃぁちょっと機材お借りしますね」

律「あ、ちなみにどこの部活~?」

紬「合唱部ですけどー」

澪(合唱部ってことは…!)

律(音楽に興味がある…!)

律&澪(イケる!!!)

律「あ、あのー軽音部に入りませんかっ!?今ピンチなんですっ!」

澪「こら律、強引すぎるってば!」


澪「そういうことなんです。あと2人、部員を集めないと廃部に…。が、楽器とかできますか!?」

紬「そうねぇ…ピアノなら弾くけど、もう入部届出してしまったし…」


春巻「お腹減ったウ~。田井中、なんかなにか食べ物かお金持ってないちょ?」

律「生徒から施しを受けるなっ!」

澪「あ、春巻先生!入部届って出しちゃったらもう取り消せないんですか?」

紬「あのー、私はまだ…」

春巻「お腹減ったツィー」グゥー…

紬「あ、先生。良かったら少しお菓子が余ってますけどいかがですか?」

春巻「食べるちょー!!」

春巻「うまいちょ~。勧誘の途中だったちょ?」

澪「ええ、でももう入部届出しちゃったみたいで…」

春巻「たしか明後日までは仮入部ってことになるから取り消せるホイ」

律「だってさ!ほら、えーと…」

紬「琴吹紬です。でも急にはちょっと決められないかな…」

春巻(…! もしかしたら琴吹が入部すれば毎日お菓子が食べられるチェン!)

春巻「入部しなきゃ通信簿オール1にするちょー!!」

澪「先生、それはちょっと…」

春巻「口答えしたら秋山もオール1だちょ!!」

律「いい加減にしろっ!」バシン

春巻「キンポ!!!」パタン



律&澪(よ、弱ぇーーーーーーー!!)



律「ねえお願いっ!入部してください!!」抱きつきっ

澪「こら律!考えてくれるって言ってるんだからっ!」ゴツン!

律「痛ッ!何するんだよ澪っコノコノ~」ポカポカ

澪「だぁ~~~~!!」

紬(ああ、これは合唱部にない私が憧れていたスキンシップ…)ウットリ

紬「にゅ、入部します!!」



翌日


澪「はぁ~。結局入ってくれるのはムギだけかぁ」

律「澪は内気すぎだよー。まだほとんど友達いないじゃん」

澪「なんだよ!性格なんだからしょうがないだろ!!」ムカッ

紬「まぁまぁまぁまぁ。お茶入れたわよ」

春巻「ありがちょー」

律「…龍先生はいつまでいるの?」

春巻「昨日からここに住んでるホイ」

ガチャ

和「ちょっといい?」

澪「あ、生徒会の…」

律「やいやい、あと1日猶予はあるんだぜ!」

和「あの、私から頼むのもなんだけど。この子の面倒、けいおん部で見てくれないかしら」

唯「ニートはやだよぅ…ニートはやだよぅ…」グスン

澪(入部早々ニートの心配をっ…!?)

紬「そういうことなら大歓迎ですわ」

唯「…ハッ!ひ、平沢唯ですっ!あの、軽音楽部って…」

春巻「お菓子が食べられるちょ。高校は給食がないから大変だミャオ」

唯「えっ、お菓子?」

紬「なにか、楽器はできる?」

唯「えっ、んーと…あの…」

澪「初心者でもいいじゃないか。確か準備室に古いSGがあったろ?自分の買うまで、あれ使っててもいいんじゃないか?」

律「あーたしかに。どうせ誰も使ってないんだし、いいか!龍センセ、ちゃっと持ってきてよ!」

春巻「ちょー」

和「ありがとう。これで唯が入部したら4人ね。」

春巻「おもウー」

律「なんで肩にかけて持ってくるんだよ…」

澪「せ、先生!もしかしてギター弾けるとか!?」

紬「素敵~。なにかかっこよく弾いてるところが見てみたいわ~」

律「ほらっ、新入部員が見てるんだから!いいとこ見せてあげなよっ!」

春巻「弾けないちょりそー」

律「えっ…なんでもいいよ、唯も初心者なんだし、形だけでも!」

紬「似合ってますわよ~」

春巻「照れるちょー。じゃぁちょっとだけ…」ピッ!


春巻「ゆ、指が切れたホイーーーーー!!!」


澪「ひぇぇー!」


 ギター   バーサス  バカ
Gibson SG   VS  春巻龍



春巻「ギターのくせに生意気だちょー!」

春巻「ほあたっ!」

ビーン グサッ

春巻「あ、余った弦が目に…!!」

春巻「重くて投げ飛ばせないウェーーン!」

春巻「粉々にしてやるウー!!」

ゴツン

春巻「拳がぁぁぁーーーっ!!」

春巻「うまく体を支えられないちょ…」

コテン

春巻「ホ、ホワイトボードが倒れてくるミャオーーーーーーー!!」

バタン!

紬「先生!大丈夫ですか!?」

春巻「かたじけないマオ~」

紬「ほら、手貸しますよ」

春巻「ありがちょー」

律「情けない教師だなー。なぁ澪、あっ固まってる…」


春巻「あ、琴吹!首にストラップが絡んだままちょ…」

ボキッ


○SG (1分34秒 レフェリーストップ) 春巻龍 ×


春巻「ギターは向いてないちょー」

律「龍センセ非力すぎ…」

紬「澪ちゃん起きてー!」

唯「私もあんまり力ないからギターはムリかも…」

春巻(ここで平沢を逃したらけいおん部は発足できない=お菓子が食べられないちょ…!)

春巻「ド、ドラムならできるウェン…」

律「あたしのドラムに座るなー」


春巻「任せロン。あ、ゴキブリ…」


澪「ひぇぇー!」


律「ど、どこに逃げた!?」

春巻「ドラムの下ホイ!ちょっとその棒借りるウェイ!」

律「こら、あたしのスティックでゴキブリ殺すなよ!!」

春巻「ほあたぁっ!」

バリッ

律「あぁーー!バスドラムに穴がぁーーー!!」

春巻「どこにいったちょー!」ヒョイ

律「もうドラムに触らないでくれ!!頼むから!!」

春巻「いたちょ!!あ、体を登ってくるホイ!!」

ドンガラガッシャン


律「いい加減にしろこのバカ教師!!」

春巻「ホェン!!」

律「どうしてくれるんだよこれ!弁償しろよっ!」

春巻「お金持ってないちょー」

律「こ・の・や・ろ・ー!!!」

紬「お、落ち着いてりっちゃん!きっと私のどこかの家にドラムセット余ってるから、お貸しするわ!だから、ね!?」

唯「けいおん部ってこんなに恐い人達なの…?私なんかが入部したら…こ、殺されるっ!?」プルプル

紬「ち、違うのよ!今日はたまたま春巻先生が事故を起こしただけで…」

紬「一緒に楽しくおしゃべりしながらお菓子食べたり、お茶したりするの!」

澪「…ハッ!そ、そう!途中で嫌になったらまた考えてもいいから、とりあえず入部してみてくれないかな!?」

律「おいバカ春巻!お前は部室立ち入り禁止だ!」

春巻「教師に向かって暴力ちょ!田井中は退学ホイ!」

律「うるせー!!」ドカン

春巻「ミャオ!!」

唯「うん、じゃぁ他に入るところもないし、入部届だけ…」

澪「ホ、ホント!?」

紬「いいの唯ちゃん?」

唯「私、バカだし、とろいし、きっとみんなに迷惑かけるけど…みんなが良ければ…」

律澪紬「やったーーー!!!!」


律「というわけで春巻!これ申請書書いたからハンコ押して届けといてよ!!」

春巻「わかったツェン」

澪「良かったなー!これで堂々と演奏ができるな!」

律「ああ、でも春巻にドラム壊されちゃったから…」

紬「今日は唯ちゃんも入部してくれたし、みんなでお茶しましょうよ」

唯「えへへ、ありがとう」

春巻「今日は何を持ってきたちょー?」

律「いいから早く行け」


翌々日

律「新品のドラムは調子いいし!」

澪「大音量で鳴らせるし」

紬「唯ちゃんも上達すごく早いわ」

唯「えへへ、みんなのおかげだよ~」


ガチャン

和「ちょっとあなたたち!?部活動申請用紙、どうして出してないのよ!もう締め切り過ぎてるじゃない!」


澪「ちょっと先生!申請用紙出してなかったんですか!?」

律「あのあとすぐ渡しただろ!なんでほったらかしにするんだよ!!」

紬「そうですよ!みんな喜んでたのにあんまりだわ!」

唯「もうみんなとお菓子食べられないの~?」シクシク

春巻「そういえば職員室に行く途中で落として、そのまま忘れてたホイ。」

律「え?ってことは…」

澪「けいおん部は部として認められなかった…」

紬「やだやだ~!」シクシク

唯「ニートになっちゃう…」

春巻「あ、琴吹。今日はお菓子持ってきたちょ?」


「「「このバカ教師!!!」」」
「うぇ~ん」シクシク





2