~音楽室~

唯「でもさ、人生で1回しかない高校生活だよー?恋とかしてみたいなー」

紬「でも女子高だから出会いがなかなか無いのよね」

唯「澪ちゃんは可愛いからモテるんじゃない?」

澪「な、何言ってんだよ!早く練習するぞ!」

唯「えぇー、澪ちゃんの恋の話とか聞いてみたいよー」プス

梓「あ、私も澪先輩の恋の話聞いてみたいです!」ワクワク

澪「梓まで!」

律「澪は昔っから人見知りだから浮いた話とかねえよなー」ニカッ

澪「わ、私は今はお前らと一緒に音楽をやってられるだけで良いんだよ///」

澪「それより律はどうなんだよ!」

律「わ、私!?」

唯「あー、それも気になるー」

梓「律先輩が男の人と手を繋いで歩いてる姿なんて想像できませんね」ボソッ

律「私だって好きな男の1人や2人……」

唯「1人や2人?」

律「あー!練習だ、練習ー!!」




~帰り道~

律『恋、かぁ……そういえば青春しててもおかしくない歳だよな……』

澪「それでさ、『バルサミコ酢!』って叫ん…で……律?」

律『私みたいに男っぽい女なんて相手してくれる人いるかな』

澪「おい、律ってば!」

律「う、うあぁ!ご、ごめんごめん」テヘペロ

澪「大丈夫か?なんか悩みでもあるんなら……」

律「いやあ、気にスンナって!ほらぁ、たこやき!」プニュッ

澪「もぅ、馬鹿律!」ニコッ




~ぼうじつ!~

律「また中学の時の友達がライブハウスでライブやらないかってさ!」

梓「でも、先輩達受験生なのに良いんですか?」

澪「そうだなー、まあまだ余裕はあるし大丈夫だろ」

唯「おー澪ちゃん珍しく気合い入ってるねえー」

澪「だって外で放課後ティータイムとしてライブするのはこれで最後かも知れないだろ?」

紬「良い思い出になりそうね!」

律「よぉし、みんな賛成だな!」バサッ




~ライブハウス、リハーサル~

澪「おぉ~、やっぱりまだこの雰囲気には慣れないなあ」

律「セッティングは前の感じで良いよな?」

澪「今度こそ照明はオールピンクが良い!」

律「だからそれはないって……」

?「君たちも今度のライブに出るのかお?」

律「はい……そうですけど?」

?「やっぱりだお!俺たちも今度のライブに出る予定なんだお!」

唯「そうなんですかー、私たち放課後ティータイムって言います。よろしくお願いします!」

?「俺はニューソクデヤレズのやる夫だお!一応ギターヴォーカルだからライブ見てくれお!」

律『あきらかにキモヲタじゃねーか……まさかライブでアニソンってことはないだろうな……』

やる夫「じゃあ、今からリハだからまた本番で会うお!」




~自宅~

律「澪にメールでもしよっと」バタンッ←ベッドにうつ伏せで寝ころぶ

律『今日ライブハウスで男に話かけられた時、目がキョロキョロしてたぞー(ハァト』

澪『別にあの人たちに興味が無かっただけだ!』

律『まあ明らかにキモヲタっぽかったしな(ニコッ』

澪『そういう言い方も無いだろ、とは思うけどな(ネコ』

律『ああ、やっぱり興味あるんじゃないかあー?(ハァトハァト』

澪『うるさい!さっさと寝ろ(zzz』




~ライブ当日~


ジャカジャカジャカジャカジャカ、ウィィィィィィンンンン!!!!!!

トゥルレルトゥルリルトゥルレラリルレラジュゥィィィィィィンンン!!!!!!!!!


律「……」

唯「すごーい!やる夫くんギター上手いねー!」


やる夫「安価は絶対、糞スレ上等、ゆとりで結構、コケコッコー♪」

コケコッコー!!!!!!


梓「歌も上手い……」

紬「観客との一体感もすばらしいわ!」

律「……」

澪「ほ、ほら、私たちも準備するぞ!」

唯「そうだね、行こう、りっちゃん!……りっちゃん?」

律「あ、ああ、そうだな、いこう!」




~楽屋~

紬「そろそろね……!」

やる夫「ふぅ・・・やっと終わったお!気持ちよかったお!」

唯「お疲れ様でした!」

澪「あ、お、おおお疲れ様でした……」

やる夫「ああ、ありがとうお。君たちはこれからだお?頑張ってお、見ておくお!」

唯「頑張ります!」

律「じゃあ、行くか!」

やる夫「あ、ちょっとお」

律「はい……?」

やる夫「廊下濡れてるから滑らないように気をつけるお」

律「あ、ありがとうございます……」


……


唯「どうもー放課後ティータイムです!」

ジャンジャカジャカジャカジャジャジャンジャジャンジャーン……



2