店を変え、落ち着いたところで、私は唯先輩に頭を下げた。


梓「唯先輩!本当に、本当にすみませんでした!」

梓「私・・・唯先輩に心配かけて・・・無理までさせちゃって・・・!」

唯「あずにゃん・・・」

梓「私、学園祭の唯先輩に、憧れてたんです。あんな風に輝きたいなって」

梓「皆さんが卒業して、けいおん部が廃部になったあとも、ずっとそのことばかり考えてて、いつの間にか憧れが未練になって・・・」

梓「でも、唯先輩がテレビで輝いてるのを見て、私も唯先輩みたいになりたいって思ったんです。アイドルが無理でも、せめて音楽ならって・・・」

梓「でも、独りでギターを弾いても、何も楽しくなかった。やっぱり私は、ただ、先輩たちと音楽が出来なくなってしまったことが、受け入れられなかっただけで・・・」


ああ、また私は自分のことばかりだ。

唯先輩に謝ってるはずなのに、気づいたら自分の愚痴を言ってる。

唯先輩は、私の何倍も苦しかっただろうに。


唯「あずにゃん・・・」


一呼吸置いて、唯先輩はこう言った。

唯「あずにゃん・・・私、もうアイドルやめるよ」



梓「唯・・・先輩・・・」

唯「あずにゃんが本当の気持ちを言ってくれたから、もう私がアイドルやる理由もないしね。それに・・・」

唯「・・・私ね、本気で音楽やってみたいの」

唯「アイドルってことでギターを弾かせてもらったり、歌わせてもらってたけど、やっぱり寂しいよ」

唯「あずにゃんの言うとおり、独りでやっても、面白くない。・・・仲間と、演奏したいよ」

梓「・・・」

唯「あずにゃん、一緒に・・・コンビ組まない?」

梓「・・・私なんかで・・・いいんですか?」

唯「あずにゃんとじゃないと、楽しくできないよ。あずにゃんとがいい」

梓「・・・唯先輩っ」

私は泣きながら唯先輩に抱きついた。

やっぱり唯先輩は優しくて強くて―――すごい人だ。

澪「なんだかいつもと逆だな」

紬「お二人ともラブラブね~♪」

律「ようやくこれで、一件落着かな」




澪「しかし本気で音楽やるって、具体的にはどうするんだ?」

唯「えっとね、まずは音楽の専門学校に入ろうと思うの。ギターのコードとか全然わかんないし・・・」

律「うぉーい!高校の知識のままプロ活動やってたのかい!」

紬「唯ちゃん昔から全部感覚でやってたもんねぇ」

唯「えへへぇ、どういたしまして」

梓「褒めてないですよ、唯先輩」

ようやくいつものやり取りができるようになってきた。

もし私が、数年間このやり取りを台無しにしていたのなら、また謝らなくちゃいけないな。

唯「だからね、あずにゃん。誘ったところ悪いけど、もう二年くらい待っててくれない?それまでにあずにゃんの足を引っ張らないように勉強するから」

梓「・・・私も入学しますよ。どうせ学校行ってないですし」

唯「えぇっ!そうなの!?」

なんだ、このことは憂は言ってなかったのか。

唯「じゃあ一緒の学校だね。よろしくあずにゃん♪」

学費はどうしよう・・・。また親に迷惑かけちゃうかな。

出来るだけバイトするようにしよう。




数週間後


マスコミが平沢唯の電撃引退を報じ、ほとぼりが冷めてきた頃、私達はまた集まっていた。

澪「よしっ、これで全員だな」

紬「今日はみんな時間通り集まれたわね」

唯「平沢唯、無職です!えへへ」

律「一番の金持ちが何言ってんだ」

梓「一番お金持ちはムギ先輩ですよ」

律「ぐぁ、そうだった」

私たちは、くだらないお喋りをしながら目的地へと向かった。



律「おー久しぶりだなーこの感じ」

澪「前にここに来たとき、お茶飲んでたら時間来ちゃったときあったよな」

唯「あれはムギちゃんのお茶が美味しかったからだよ~」

紬「あらあら、それは光栄ね」


私たちは貸しスタジオにやってきた。

言いだしっぺは私。

目的は――――放課後ティータイムの解散ライブだ。



それぞれがセッティングを終えたところで、律先輩が口を開いた。

律「えー、それでは、放課後ティータイムの解散ライブを始めまーす」

もちろんお客さんなんていない。

でも、これで、HTTは終わりだ。

律「・・・と言いたいところですが」

律「放課後ティータイムは、解散なんてしません!」

梓「えっ・・・?」

律「何故なら、放課後ティータイムは・・・いつまでも、放課後だからです!」


梓「ちょっ・・・律先輩・・・?何言って・・・」

律「じゃあ今日は何のためのライブでしょう・・・それは!」

律「中野梓ちゅわんの卒業ライブだぁぁぁぁああ!!!」

梓「えっ?えっ・・・?」

どういうこと?私の卒業ライブ?

唯「あずにゃんおめでと~!」

紬「梓ちゃん、おめでとう♪」

澪「梓、卒業おめでとう!」

なんだ、最初から仕組まれてたのか・・・


梓「皆さん・・・ありがとうございます!」

私は深々と頭を下げた。ここんとこ頭を下げてばっかだ。

律「はいはい、時間ないからさっさといくよー。梓は何演奏したい?」

梓「えっと・・・何でもいいんですか・・・?」

律「今日のためにみんな必死で練習してきたんだぜ。あたしのドラムは埃かぶってて大変だったけどなー。あはー」

梓「・・・・・・じゃあ・・・・・・ごはんはおかずで」

律「よりによって何でそれを・・・」

梓「あの学園祭で、最初にやった曲だからです」

律「む、なるほど・・・それじゃみんな準備はいーい?」


これで、卒業か。


紬「いつでも大丈夫よ♪」


私は、最高の先輩達とバンドが組めたんだな。


澪「久しぶりで緊張するな・・・」


律先輩、ムギ先輩、澪先輩・・・


唯「いっくよ~あずにゃん!」


そして、唯先輩、本当に・・・ありがとうございます!



律「ワン、ツー、スリー、フォー!!」





終わり。




もしもしからの投稿で時間がかかってしまって申し訳ないです。
けいおんはアニメから入った新参なんで、細かい設定ミスがあっても勘弁。
やっぱSSは難しいス