コーヒーを飲み、私が少し落ち着くまで、律先輩は黙ったままだった。

梓「・・・・・・・・・・あの、律先輩」

律「ん?」

梓「偶然、私を見つけたんですか・・・?」

律「まぁ半分偶然半分狙ったかなぁ」

梓「・・・どういうことです?」

律「お前がどういう状況だったかは前に憂ちゃんから聞いてたんだよ。だから、路上で歌ってる奴らの顔をチェックするのは癖になってたしなぁ」

なんだ、憂がとっくに言っちゃってたんだ。なら、もう唯先輩にも・・・。



律「・・・なぁ梓、お前、一体いつになったら帰ってくるんだ?」


梓「えっ・・・?」

律「お前、私達が卒業してからさ、どっか行っちまったよ。・・・私達の、何がいけなかったんだよ」


違う。

私はどこにも行っていない。先へ行ったのは先輩達のほうだ。

私はどこにも行けず、ただ思い出に縛られているだけ。

もう学校も卒業したのに、私はけいおん部を卒業できてない。

私の中で、放課後ティータイムは、まだ放課後なんだ・・・。


梓「・・・・・・唯先輩がアイドルとして活躍し始めた頃・・・」

梓「私は、テレビに映る唯先輩を見て、正直憧れました」

梓「あの、学園祭の時の唯先輩みたいな輝きを、感じたんです」

梓「それで私も唯先輩みたいになりたいと思い、音楽の道を歩むことを決めたんです」

梓「私はアイドルにはなれないけど、音楽を極めれば、唯先輩に追いつけるって思ったんです」

梓「遠くに行ってしまった唯先輩に追いつければ、また皆さんと演奏ができると思って・・・」

梓「でも、私は・・・・・・それを言い訳にして、現実から逃げてるだけなんです・・・」

梓「もう、放課後ティータイムは、終わってしまったのに・・・」



律「・・・梓、今の唯、楽しそうに見えるか?」

梓「・・・」

律「さすがに今じゃ唯と会う機会はめっきり減っちまったよ。それでも、テレビ越しに見て、唯が心の底から笑ってるの、見たことあるか?」

梓「・・・唯先輩・・・」

律「・・・何で唯が未だにアイドルを続けてるかわかるか?」

律「・・・お前が、アイドルの唯を見たいって言ったからだよ」

梓「・・・」

律「唯がアイドルを始めてしばらくして、お前は私達と連絡しなくなった。憂ちゃんから無事ってことだけは聞かされてたが、それでも唯は相当ショックを受けてたんだぜ」

律「アイツはなんだかんだ責任感が強いからな。『あずにゃんが元気出すまで頑張るー』とか言っちゃってさ」



律「もう、終わりにしようぜ、梓。・・・・・・・・・頼む・・・」


ああ、私ってとことん自己中だ。

知らない間に、こんなにも多くの人を傷つけてしまっていた。

私の頭の中は、後悔しかなかった。

梓「・・・うっ・・・うっ・・・・・・律せんぱぁい・・・・・・・・う・・・うわぁぁぁああああーん!!!」

梓「ううっ、律先輩、ごめんなさいっ 私っ 私っ・・・」

律「おいおい、謝るなら先に唯だろうがよ。私に謝っても何も出ないぞ」

梓「唯先輩・・・すみませんでした・・・ひっく」

律「だから私に言ってもしょうがないだろー。よし、明日皆集めるぞ」

梓「え・・・明日・・・ですか・・・?」

律「なーに、『中野梓完全復活!』とでもメール回せばすぐに集まるって」



翌日


本当に次の日に皆が集まることになった。

待ち合わせ場所には、律先輩、ムギ先輩、澪先輩の三人がいた。

澪「梓、久しぶりだな。少し身長伸びたか?」

紬「梓ちゃん久しぶり~♪」

梓「皆さん本当にご迷惑をおかけしました!!」

私は開口一番頭を下げ、誠心誠意謝罪した。

澪「お・・・おいおい、こんな街中でいきなり頭下げるなよ・・・」

紬「梓ちゃん、私達全然怒ってなんかないわよ」

梓「でも・・・やっぱり謝っても謝りきれないですっ」

律「はいはーい、謝罪タイムは一旦しゅーりょー。まず肝心の唯がまだ来てないしね」

律「さすがに昨日の今日じゃ、唯は時間通りは無理だったかー。ま、先にテキトーにお茶でも飲んでよーぜぃ」

澪「律、なんだか今日はご機嫌だな」

紬「うふふ♪」

唯先輩に会ったら、何て言おう。

その前に、まず、何て言われるだろう。私は、唯先輩の人生を狂わせてしまったから。

考えれば考えるほど自己嫌悪に陥るのに、悪いことを考えずにはいられなかった。




数時間後


カランカラーン

唯「お、お待たせ、しましたぁ!平沢唯、ただいま、参りましたっ!」

律「おー!唯ー!やっと来たかー!久しぶりー!」

唯先輩は走ってきたみたいで、息を切らして店にやってきた。

梓「あっ・・・」

唯先輩と目が合う。

唯「・・・あ・・・・・・あぁ・・・・・・」

唯「あーーーーーーーずにゃーーーーーーーん!!」

梓「うわっ!!」

私が何かを言う前に、唯先輩は私に抱きついてきた。

ただでさえ目立つのに、さっき自分の名前をフルネームで叫んだもんだから、周囲の視線が・・・。

唯「あずにゃぁぁぁん!寂しかったよぉぉぉぉ!!」

律「あのー、感動の再会のところ申し訳ないんですが、ギャラリーが少々騒がしく・・・」

唯「ほぇ!?あ、ど、どうもぉ~」

気づくと周りのお客さんが携帯で写真を撮ったりしている。

あの「平沢唯」が叫びながら店で暴れればそりゃそうか・・・。

澪「場所・・・変えるか」

紬「ええ・・・」



4