先生「はい、それでは夏休みの間は体調を崩さずに過ごしてくださいね。」

先生の号令と共に、教室は喧騒に包まれた。

梓「はぁ・・・」

高校生活最後の夏休み。特に予定も無い私は、どうも浮かれることが出来なかった。

梓「先輩たちが卒業して、もう三ヶ月くらいかぁ・・・」



けいおん部は結局部員が集まらず廃部になってしまった。

昔は飽きるほどギターを触っていたのに、今では時々暇なときにいじるくらいだ。

一緒に演奏できる人がいないと、こうもモチベーションが違うものか。

梓「久しぶりに先輩たちに会いたいなぁ・・・」

先輩たちはそれぞれ大学に進学した。

私は卒業して以来、先輩たちとは一度も会っていない。

大学生はいろいろ忙しいだろうし、メールでもやり取りは出来るから。


憂「梓ちゃん、帰ろっ」

梓「うん、そうだね」

それに、唯先輩の話はいつも憂がしてくれる。

だから、最近まで、寂しいと思ったことはあまりなかった。



憂「それでね、その時お姉ちゃんがね――ー」

憂が唯先輩の話をしているときは本当に生き生きしている。

唯先輩のパワーを分けてもらっているみたいだ。

憂「あ、そうだ。最近お姉ちゃん、何か隠し事してるみたいなの」

梓「隠し事?」

憂「そう。何だかそわそわして、こっそり誰かに電話してたり、考え事してたりするの」

梓「もしかして・・・彼氏とか?」

憂「えーっ!お姉ちゃんに彼氏ぃー!?」

唯先輩に彼氏・・・。もし本当だったら面白い。

でも、唯先輩は可愛いし、本当に彼氏なのかも・・・。

そんなことを考えつつ、憂とお喋りをしながら帰った。



家に帰って何気なく携帯を見ると、メールが来ていた。

律先輩からだ。

メールを開くと、次のように書いてあった。


『久しぶりに皆で集まらないか?』


なんというタイミングだ。

私はメールを返すことすらじれったく感じ、電話帳から直接律先輩に電話した。

・・・、・・・


律「おー、梓ー。久しぶりだなー。元気してたかー?」

梓「お久しぶりです。律先輩」


先輩は早速、皆で会う話を切り出した。

律「まぁ卒業してしばらく経ったしさ、一度皆で集まりたいかなーって思ってさぁ」

梓「私もちょうど先輩たちと久々に会いたいと思ってたところです」

律「お?なになに?梓ちゃんは寂しかったのかなぁ~?」

梓「ち、違いますっ!ただ、久々に顔を合わせたいと思っただけで・・・」

律「ははは。まぁ、実は唯のことでちょっとあってさ、みんなに相談したくてさ」

梓「唯先輩のこと・・・?」

律先輩までなんだろう。やっぱり唯先輩に彼氏ができたのかな・・・。




数日後


紬「皆さんお久しぶりね。変わってないようで何よりです」

律「このメンバーで集まるのも久しぶりだなー」

澪「私と律は同じ大学だからしょっちゅう顔を合わせてるけどな」

唯「あずにゃ~ん、久しぶり~」

梓「わっ、いきなりくっつかないで下さいよ」

皆相変わらずだ。

先輩たちはまだ楽器を続けているのだろうか。

まだ、あの、去年の学園祭の盛り上がりを覚えているのだろうか。

何も変わらない先輩たちを見て、私は少し胸が痛んだ。


喫茶店で一息ついたところで、律先輩が切り出した。

律「まぁ、改めてになるけど、実は唯のことで相談があるんだ」

律「とは言っても澪とムギにはもう伝えてあるし、知らないのは梓だけか」

梓「私だけ・・・ですか?」

唯「いいよ、りっちゃん。私が言うから」

いつになく真面目な口調で、唯先輩が口を開いた。



唯「あずにゃん・・・私ね、アイドルにスカウトされたの」


梓「えっ・・・」


私は何も言えなかった。

だって、唯先輩に彼氏が出来たとか、そういう話が来ることばかり考えてたのに。

梓「・・・スカウトって、音楽でってわけではないんですか・・・?」

唯「うん。道を歩いてたら突然声をかけられたんだよ」

梓「それってすごく怪しいような・・・」

律「それが、声をかけたのが琴吹プロダクションの人だったんだよ。本当に偶然だったみたいだけど」

紬「私も確認したから間違いないわ。唯ちゃんを一目見てスカウトを決めたんだって」

澪「唯を一目見てって・・・にわかには信じがたいな・・・」

梓「それで、何て返事したんですか?」

唯「それがね、まだ、迷ってるの」


唯先輩が真剣に悩んでる。

将来のこととなると、さすがに唯先輩でも悩むんだなぁ。

律「まぁアイドルでやってけるかどうかもわからんしな。それでみんなの意見が聞きたくてさ」

紬「私は大賛成よ。唯ちゃんなら可愛いからきっと成功すると思うわ♪」

澪「私は反対だな。唯がテレビに出るなんて、何を言い出すかわからないしな」

律「私も一応反対派かな。わざわざアイドルなんてバクチに出る必要もないだろ」

唯「・・・あずにゃんはどう思う?」

梓「・・・・・・・・・私は・・・」


梓「・・・私は・・・アイドルの唯先輩を、見てみたいです」

唯「あずにゃん・・・」


何言ってるんだろう私。


私が本当に見たいのは、あの学園祭で一番輝いていた―――


唯「あずにゃんがそういうなら・・・私、頑張ってみるよ!」

律「ま、唯がそういうなら、仕方ないな」

紬「頑張ってね、唯ちゃん」

澪「何かあったら、すぐ私たちに連絡しろよ」

唯「うん、ありがとう!みんな!」


その後、喫茶店で他愛もない話をして、解散となった。

先輩たちに、まだ楽器をやっているのかを聞こうとしたけれど、

唯先輩のアイドル話で盛り上がったので、水を差すのは悪いと思いやめた。

梓「唯先輩、大丈夫かな・・・」

せっかく先輩たち皆と会ったのに、頭の中は唯先輩のことでいっぱいだった。

アイドルってどんなことをするんだろう。

水着になったりするのかな。歌も歌ったりするのかな。

ギターを弾いたりは・・・・・・するのかな。

そんなことを考えながら、私は眠りについた。



2