ぶかつ!

律「今日は練習する気分じゃねーなー」

紬「お茶入れる?」

梓「もう、そんなこと言って昨日も一昨日もその前も練習しなかったじゃないですか!」

澪「ん、そうだな、練習するか、たまには」

律「だな、たまにはやるか」

紬「そうね」

梓「……えと、なんだか元気ない、ですね?」

律「そ?」

澪「気のせいじゃないか」

紬「きっとお菓子のせいよ」

梓「唯先輩みたいなこと言わないでくださいよー」

律「……」


律「んじゃー練習するっと!」


ほうかご!
ぶしつのまえのろうか!

憂「お姉ちゃん?」

唯「良かった」

憂「あ、練習の音聞いてたんだね」

唯「いい音」

憂「うん」

唯「いい演奏」

憂「そうだね」

和「そうかしら?」

唯「和ちゃん?」

和「ううん、なんでもない」

唯「和ちゃん、怒ってる?」

和「時間はあるんだから、ゆっくり行きましょう、結果だけ求めても仕方ないわ」


唯「この軽音部は四人で良いよね」

憂「そうだね」

和「そうね」

唯「誰が来ても、誰が入っても、きっと、みんな仲良し」

和「私が部員だったら、後輩の子を殴ってるのに」

唯「和ちゃん……」

憂「私もだよ!」

唯「憂……元はといえば私のわがままだからいいんだよ」

憂「いたかった場所にいられない理由を作る要因は、誰?」

唯「わ、私のわがままだよ、嫉妬もしてたんだよ」

和「そうね、でも人間誰しも嫉妬もすればわがままを言うわ、先輩後輩関係なくね」

唯「ど、どうしても二人とも部活に参加させたいの?」

和「正直幼なじみがニートなのは……」

憂「ニートのお世話とか……」

唯「えー!?」

唯「じゃあ私生徒会に入るよー」

和「勘弁してちょうだい」

唯「りょ、料理の勉強しようかなあ」

憂「ごめんねお姉ちゃん、おうちの台所は一人用なの」

唯「なんだってー!?」

和「じゃあ、私は生徒会に行くから」

唯「うん……これからこういう話題でいじられるんだね?」

和「身から出た錆だと思って諦めなさい」




げこう!

憂「お料理頑張ろうね」

唯「え?」

憂「頑張るんじゃなかったの?」

唯「う、うん、時間もできるしねー」

憂「ふふ」

唯「なに、憂笑ってー、もー」

憂「いつまで持つかなーって」

唯「なにがー?」

憂「後ろ髪を引いている音楽をやっちゃうまで」

唯「もうやらないもん」

憂「はいはい」

唯「投げやりな返事!?」




ぶしつ!

律「ふいー……あー、やっぱちょっと体力落ちたなー」

澪「そうだな」

紬「一日鍛錬をしていないと取り戻すのに三倍の時間がかかるって言うわね」

律「マジかー」

梓「普段から真面目にこつこつやらないからですよ」

律「しもへいへい」

梓「真面目に言ってるんですよ!」

澪「シモ・ヘイヘ……ひぃ……!」

梓「ああ、もう、ムギ先輩も笑ってないで助けてください!」

澪「怖くない怖くない怖くない怖くない……」

紬「もう、みんなあっという間にいつもの調子なんだから……」

梓「え?」

紬「(唯ちゃん、私は、私だけはいつまでも待ってるから)」

紬「澪ちゃん、シモさんはもう亡くなられてるし、りっちゃんはへいへいって言っただけよ」



紬「ねえ梓ちゃん」

梓「はい?」

紬「部活、楽しいわね」

梓「そうですね!」

紬「演奏、楽しいわね」

梓「え、あ、そうですけど、ど、どうかしました?」

紬「え?」

梓「いえ、なんだか笑顔の中に怒気が見える気がして」

紬「ふふ、気のせいよ、思い違い」

梓「そ、そうですよねー」

紬「(こうでなかった軽音部なら、きっともっと楽しかったんでしょうね)」

紬「(こうでない軽音部がもしもどこかの世界にあるなら、どうかいつまでも続きますように……)」

紬「てか、来月のきららで最終回とかマジやるせねえ」

梓「へ?」



おわり