よる!
たいなかけ!

律「ん-、メールだ、澪かな?」

律「知らないアドレスだ、えーっと、なかのあ……ああ、梓からか」

律「んーっと、いきなりのメール失礼しますっと」

律「ああっ!?」

律「……唯……」

律「あーっ! どうすっかなー! 唯にメール送りたいけど、澪に相談するかー?」

律「あー、一人で考えてもらちがあかない! 澪を呼ぶしかない!」



澪「で、いきなりの電話と」

律「愛してるよ澪つぁん!」

澪「うるさい! で、何、急の相談って」

律「ああ、梓が動いた」

澪「ん、ようやくかー、で、二人で話し合って唯は部活に戻ってくることになりましたと」

律「だと良かったんだけどなー」

澪「分かってるよ、そうであって欲しかったけど」

律「結果だけ言えば、梓は唯にマジギレされたらしい」

澪「え!? だって、唯の機嫌は前の朝に比べたらかなり良くなったじゃないか」

律「ああ、今日も普通に話したし、正直あの状態でマジギレされるって梓何したんだよ……と」

澪「そんな相談か?」

律「どうすればこの問題解決して、唯が部活に来てくれるかなあ」

澪「待ってるって結論づけたじゃないか」

律「たぶん、待ってると永遠に唯は来ない」

澪「ええ!? やっぱり、私が間違ってたのか?」

律「いや、待つって選択肢は最良だと思ったんだよ、私もムギも澪も和も憂ちゃんもな」

澪「ん、って、梓は?」

律「私が考える限り、梓は唯を必要とは考えてない」

澪「は……な、なん、だよそれ」

律「何を言っても推論になるからいわないけど、これで待つという選択肢は取れなくなった」

澪「だけど、無理矢理連れて行くのはマイナスじゃ」

律「ああ、澪もそう思うか」

澪「でも、待てない、来させられない……どうすれば?」

律「そうなるよなあ……」

澪「和にメールしてみよう、何か良い判断が出るかもしれない」



澪「和から返信だ……んっと」

律「なになに?」

澪「時間が解決してくれるだろう、だって」

律「時間か……」

澪「私たちには、私たちができることを選択するしかないみたいだ」

律「あーっ、やりきれねー!」



よくじつ!
きょうしつ!

律「おはよう唯」

唯「あ、りっちゃんおはよー」

律「昨日梓が来たらしいな」

唯「わ、誰から聞いたの?」

律「梓から」

唯「りっちゃんのメールアドレス知ってたんだねー」

律「澪から聞いた様子はないから、おそらくムギだろ」

唯「どんなこと書いてた? あ、でも、言えることだけで良いから」

律「ばーか、言えることだけ言ってたらわざわざ話題なんかにはしないって」

唯「へ?」

律「軽音部は先輩たちのための軽音部なんですかって」

唯「……」

律「どうしてだろうな、なんで梓は、私たちと唯が一年間ほとんど毎日一緒に過ごしたって事が分からなかったんだろう」


澪「別に、軽音部を私物化してるつもりじゃないけどな、おはよう二人とも」

律「澪、早いな」

唯「澪ちゃんおはよう」

澪「唯も梓も、仲間だ、少なくとも私はそう思っている」

律「私も、唯も梓も仲間だ」

唯「……」

律「唯も梓も、そうじゃなかったのか?」

唯「そう、だね……」

澪「私たちの最大の失敗は、梓が唯を仲間だと思ってると思い込んでしまったことだ」

律「そんなわけ無いよな、梓は一年間過ごしてる訳じゃないんだ、浅はかだった」

澪「一人入部したところで、私たちは変わるわけがないってそう思ったんだ」

唯「辞めてよ二人とも、そんなこと言ったら、可哀想だよ」

澪「唯……」

唯「仲間に、優劣は付けちゃダメだよ、それに、部に入ってない人を仲間だと思ってもダメ」

律「だけどさ! 一緒だったじゃん!」

唯「りっちゃんと澪ちゃんが大事にするべきは、あの子だよ、せっかくの、新入部員の女の子だよ」

澪「なあ、私たちはどっかで間違ってて、間違ったまま来ちゃったのか?」

唯「分からない、でも、私はもう、軽音部には絶対に戻らないって決めたから」

律「戻れないのか?」

唯「時間と一緒、軽音部の思い出はもう思い出、ありがとう澪ちゃん、りっちゃん」

律「ギター、どうするんだ?」

唯「憂の部屋に置いてもらう」

澪「憂ちゃんの部屋は物置じゃないぞ」

唯「憂なら、絶対に分かってくれる」


和「やっぱりこうなったわね」

紬「二人とも……おはよう」

律「和……」

和「時間が解決すると言ったでしょう、時間は進めることも、戻すこともできないのよ」

澪「だって、だってやりきれなかった!」

唯「澪ちゃんもりっちゃんも優しいんだよ、部を辞めて酷いことも言った私に優しすぎる」

律「当たり前じゃん、仲間で、友達じゃん」

唯「うん、これからは軽音部の仲間じゃないけど、仲良くしてくれる?」

律「当たり前じゃん……」

和「まあ、退部届は処理しない方向にするけどね」

唯「ええ!?」

和「身から出た錆だと思って諦めなさい唯」



6