梓「こんにちは、唯先輩、すごくお久しぶりです」

唯「久しぶりだねー」

梓「最近とても困ったことが起こりまして」

唯「私には関係ないよ」

梓「それが関係あるんです、私の部に所属する諸先輩方が練習をしてくださらないんです」

唯「いつもことだねー」

梓「どうしてなんでしょう」

唯「ムギちゃんのお菓子が美味しいからだと思うな」

梓「私は正直、唯先輩のせいだと思ってました」

唯「はっきり言うね、知ってたけど」

唯「私がいなくても練習しないんだねー、軽音部のみんなは部活する気ないね」

梓「もう一つ失望したことがありました」

唯「ん」

梓「それは、憧れだったギターの先輩の元気が私の入部と同時にどんどん無くなっていったことです」

唯「そうかな?」

梓「そうですよ、見れば分かります」

唯「ふうん」

梓「どうすれば、軽音部の先輩は練習をしてくれるでしょうか」

唯「言ったでしょ、私には関係ないって」

梓「唯先輩から、私のことは気にせずに練習してくれって言ってくれません?」

唯「ああっ!?」

梓「現状を鑑みれば分かることじゃないですか」

唯「今みんなが練習しないのは私のせいだって言いたいの?」

梓「そうです」

唯「私がいるときでもいないときでも練習してないのに?」

梓「現状ではです」

唯「私が戻ったって変わらないよ」

梓「そうかもしれません、でも、唯先輩がいない状況で練習がないのは嫌です」

唯「来てもらって悪いけど、中野さんは私を怒らせたかったんだね」

梓「そ、そんなつもりじゃ」

唯「澪ちゃんに聞いたのと同じ事を聞くよ」

梓「はい」

唯「私が軽音部にいなくちゃいけない理由を教えて」


梓「い、いなくちゃいけない理由がないと、部活にはいられないんですか?」

唯「私にとって必要なんだよ」

梓「そ、そんなおかしいです、部活って、楽しんでやるものじゃないですか」

唯「いなくちゃいけない理由があって、楽しむための理由がなきゃいられないって言ってるんだよ!」

梓「お、怒らないで……く、ください」

唯「……ごめん、大人げなかったね」

梓「は、はい」

唯「怒らないし、何も言わないから、中野さんが、私が軽音部にいなくちゃいけない理由を教えて」

梓「そ、それは……」

梓「それは……えと、け、軽音部は四人で……い、いるのが、軽音部だからです」

唯「え?」

梓「先輩方は、四人でいなくちゃいけません、あの四人の演奏でないと……」

唯「ごめん、嘘ついた」

梓「へ?」

唯「私は君のことを殴る、グーで、嫌だったら出て行って」

梓「……!?」

唯「どうするの、殴られたいの?」




じたく!
いっかい!

憂「梓ちゃん?」

梓「へ? あ、なあに?」

憂「どう、したの? まだそんなに時間経ってないけど」

梓「あ、と、その、出て行かないと殴るって言われちゃって」

憂「素直に出て行ったの?」

梓「だって、すごく怖かったよ、そ、それに、お、おかしなこというの」

憂「おかしなこと?」

梓「唯先輩が、軽音部にいなくちゃいけない理由を教えて欲しいって、そんなの、私にわかるわけ無いよ」

憂「……」

梓「付き合いの長い澪先輩が分からないって言ってるみたいだし、私なんかが答えられるわけ無い」

憂「……」

梓「結局、叩きたくて、嫌われちゃってるからこうなったのかな……憂、ど、どうして笑ってるの?」

憂「え、私笑ってる?」

梓「えと、その、今日は……か、帰るよ……」




じたく!
ゆうしょく!

憂「ご飯美味しい?」

唯「え?」

憂「夢中で食べてるみたいだったから」

唯「あ、そっか、いつもは感想を言いながら食べるもんね」

憂「私も、なんていうか、機嫌がよくわからないからいいけど」

唯「憂、顔が怖いよ、リラックスだよ、リラックス」

憂「私、そんなに怖い顔してる?」

唯「般若さんみたいな顔してる」

憂「それは怖いね……いけないいけない」

憂「私ね、今までどうしてお姉ちゃんが軽音部を辞めるって言い出したのか分からなかった」

唯「私のわがままだからね、分からないと思うな」

憂「でも、今日の澪さんと梓ちゃんを見て分かったの」

唯「憂?」

憂「正直今日、家に梓ちゃんを連れてきたのすごく後悔してる」

唯「そんなこと言ったら可哀想だよ」

憂「ごめんねお姉ちゃん」

唯「ん……」



5