ほうかご!

律「おう、唯、部活は決めたか?」

唯「平沢唯ほどの人間になると引く手数多の全米ドラフト一位なのですよ」

律「決めてないんだな」

唯「自分のことは自分で決めるよー」

律「だな、じゃあ私部活行くね?」

唯「和ちゃんの真似?」

律「そうなんだ、じゃあ、部活行くね?」

唯「あはは、そっくりー」



ほうかご!
ろうか!

和「唯」

唯「あれ、和ちゃん?」

和「退部届の字が汚いから受理されなかったわ」

唯「なんと!?」

和「震えながら書いた文字なんて、読めたもんじゃないって怒ってたわ」

唯「……別に震えてないもん」

和「そうなんだ、じゃあ、私生徒会行くね?」

唯「本物だー!?」



ろうか!

澪「お、唯」

唯「そうなんだ、じゃあ私帰るね?」

澪「ちょ!?」

唯「うそだよー」

澪「たく、ちょっといいか?」

唯「澪ちゃんおトイレのあと手はちゃんと洗わなきゃダメだよ」

澪「洗ってるよ!?」

唯「そうなんだ、じゃあ」

澪「待て待て待て!」


唯「早く帰りたいんだけど……」

澪「奇遇だな、私もだ」

唯「ええ!? ふ、風子ちゃんと入れ替わった!?」

澪「似てるけど違う! 私は本物の秋山澪だ」

唯「双子みたいだよね、ベースを持ってるか持ってないかの違いくらい」

澪「ん、まあ、今日は良いんだ」

唯「えー、弾いてあげないとかわいそうだよ?」

澪「良いんだ、唯と帰りたいんだ」

唯「むー」




ほうかご!
そと!

澪「せっかく部活サボっていくんだ、どうせなら美味しいものでも食べたいよな」

唯「サボってるのは澪ちゃんでしょ」

澪「いやいや、唯だって部員だぞ」

唯「建前ではね」

澪「私よく考えたんだけどさ」

唯「んー?」

澪「別に軽音部じゃなくても唯と演奏はできるよな」

唯「それは中野さんがあんまりにかわいそうだからやめて」

澪「唯のためなら部活辞めたって良いぞ」

唯「それは、それはだめ」

唯「部活を辞めたらダメだよ」

澪「なんでだ?」

唯「だ、だって、中野さんは軽音部の演奏に憧れて入部したわけだし」

澪「唯のいる、な」

唯「ん」

澪「唯のいる軽音部に憧れて入ったって思ってるなら、唯が抜けられたら梓がかわいそうだよな?」

唯「……わ、私のことは憧れてないよ」

澪「そうか? 憂ちゃんに聞いた話だと、この学校にギターのすっごい上手な先輩がいる云々とか言ってたぞ」

唯「……」

澪「まあ、別に梓がかわいそうだから、軽音部に戻れとかは言わないよ」

唯「ん」

澪「戻りたくなったら、戻ってきて良いから、私も律と一緒に待つことにするよ」

唯「んー」

澪「じゃあ、部活行くか」

唯「行ってらっしゃい」




じたく!

唯「あれ、見たことない靴だ……」

憂「あ、お姉ちゃんおかえりー」

唯「お友達が来てるの?」

憂「うん」

唯「そうなんだ、ゆっくりしていってもらってね、私着替えるから」

憂「ん、あとで飲み物持って行くね?」

唯「お友達は良いの?」

憂「良くはないけど、いいんだよ」



じしつ!

唯「ただいま」

唯「……さ、てと、着替え着替えっと」

憂「お姉ちゃん、着替え終わったー?」

唯「終わったよー」

憂「じゃあ、お邪魔するねー」

唯「んー」

梓「お邪魔します」

唯「えっ!?」

憂「それじゃあ、ごゆっくりー」

唯「ちょっ! 憂!?」



4