ダッタッタタタン♪ エッ!?チョットナニコレ! ドアガコワサレテルジャナイ!!


唯「んぐ?」モグモグ

さわ子「やっほー!皆のアイドルさわ子先生がきたわよー!」ヒョホホホイ

澪「見ない聞かない」モグモグ

律「お、おい誰だあれ?」ウワァ

紬「りっちゃん唯ちゃんまた先生の事忘れたの?」モグモグ

梓「忘れててもいいですけどね」モグモグ

唯「わ、私は忘れてないよぉ~!!」プー

紬「じゃあ私は誰?」

唯「ムギちゃん!」

紬「これは誰?」ドスッ

梓「いだっ!!」ゲホッ

唯「あずにゃん!」

紬「じゃあ私にまんまん舐めさせてくれる?」

唯「うん!」タン♪

紬「大性交wwwwwwwwww」ガンガンガンッ

律「ム、ムギ!?

  ふりかけやるから落ち付くんだ!」ヒィィ

梓「あははバカばかりですね~」hahaha!

さわ子「あら?あら?皆の反応がおかしいじゃない??

    よしもう一回入室からやり直そう」スササッ

律「な、何か戻っていったぞ?」ヒー

梓「もう戻ってこなくて良いですよ」モシャシャ

澪「律、食事中にあんなの見るんじゃない」

紬「そうよ、お下品よね」

梓「あっ!

  なんだか澪先輩とお下品な行為したくなってきました!

  しししししsssss下の穴wwww後ろの穴もwwwwwwwww」ギョホオオオ

澪「よーし

  梓の鼻に律の箸を突っ込もう!」ナッ

律「えー」

唯「あ!そのきんぴらちょうだい和ちゃん!」ワーイ

和「いいわよ、その代わり唯のマンゴーちょうだいね」フフッ


さわ子「ん~ん~?おかしいわねー?

    もしかして私は既に死んでいて

    皆には見えてないって事なのかしら?」エー

梓「いえ、見えてますけど見て見ぬふりをしているだけなんです

  安心して下さい」モグモグ

さわ子「どういう事なの・・・」

澪「食事中なんですよ」モグモグ

さわ子「ええそうみたいね?」

紬「だからさわ子先生がいると困るんです」

さわ子「なんなのなんなの」

さわ子「ひょっとして誰もお見舞いに来てくれなかったのは

    私が嫌われてるからなの??

    容姿端麗で生徒からも大人気のさわ子様を妬んでの犯行なのよね?」

律「アレは何を言ってるんだ」モグモグ

澪「シッ!関わるんじゃない!私達まで頭おかしいと思われるだろっ」ガンッ

律「いてっ」ヒリヒリ

梓「いいなあ」ジッ

紬「いいわね」ジッ

さわ子「良くないわよ!」

梓「えいっ」ガンッ

さわ子「いっ!?

    ちょっと教師に暴力振るうなんてどういう事よ!?」ズキズキ

梓「良かったですよね?」ニャン

さわ子「何がよ」

梓「気持ちよくなかったですか?」アレッ

さわ子「こいつ何いってんの?」ア?

梓「さっきのは律先輩がゲップをして

  その勢いでぶっ飛んだ唯先輩が私をラリアットしてきたから

  先生に拳がぶつかったという事にしましょうよ」

律「おい

  あたしはゲップなんかする女じゃないぞ!」ヌンッ

唯「そうだよ!

  私はおかずはごはんがおかずらよ!!」ハヒッ

さわ子「どうなってるの・・・」

唯「そんな事よりマツコ先生の事が私は気がかりなんだよ~」

さわ子「私よりあんなデブスが気になるの!!?

    やろうぶっころしてやる!」グワッ

和「先生は不利です」メガネッ

憂「2対1ですよ」ノコギリッ

さわ子「マツコは帰ったわよ

    だから憂ちゃんも早く自分の教室に帰りましょう?」スッ

憂「物分かりの良い大人は嫌いじゃありません」

紬「じゃあ代わりに

  過って梓ちゃんを殺っちゃいましょ?」ソワソワ

梓「何いってんだこの味噌っカスが」ケッ

紬「じゃあ梓ちゃんを殺して

  梓ちゃんのせいにしましょ!!」ザックザック

澪「その作戦のった!」グッ


梓「では今からムギ先輩の汚いケツを

  バットでしばくので

  一応それが原因でムギ先輩は死んだ事にしましょう」

紬「じゃぁそれに気付いた私が紙一重でかわし

  後ろに回り込んで梓ちゃんの首をへし折るけど

  床に偶然スライムが落ちててすべって転んだ事にするわね?」

梓「でもスライムは囮で

  本体の私は床下からこっそりムギ先輩の大根足を

  金づちで引っかけるふりして顔面を強打する感じです」

紬「だけどとっさに飛び上がった私は

  天井裏に身を潜め

  サブマシンガンで梓ちゃんを蜂の巣にする予定だけど

  空から隕石が降ってきて運悪く当たった事にしましょ?」

梓「しかし間一髪で純を囮にした私が

  壁を軸にして沢庵の横腹にケリを入れ

  窓からたたき落とし潰してしまいますが

  とりあえず律先輩が教室で消火器を振り回していたので仕方ないです」

紬「じゃあ一応梓ちゃんをぐちゃぐちゃにして

  原型を無くすみたいだけど

  クスリをやっていた澪ちゃんが梓ちゃんを幻覚と勘違いして

  トラックで乗り込んできてミンチにしましょ?」

梓「全部律先輩が悪いので一応死んで下さい!」

紬「じゃぁ澪ちゃんがゲロ吐くから

  その勢いでゴキの首をふっとばしましょ?」

澪「吐かないぞ!!」フン

和「そういう問題じゃないと思うのよね」

憂「ポイント計算でいくと

  梓ちゃんがアウトかな~」

唯「ムギちゃんはケーキくれるから

  あずにゃんが悪いね!」

澪「梓だな」

律「梓だろ」

和「そうね」

さわ子「うん こ」プフッwww


梓「あーあ」ハハッ・・・





ギチィッブチッ


紬「スッキリした~♪」ツヤツヤ

律「それよりさ

  何でマツコ先生帰っちゃったんだ??」

澪「そりゃさわ子先生が戻ってきたらもう用済みじゃないか」モグモグ

紬「ちょっと急すぎる気がするけど

  別にどっちでも良かったわ」

梓「まあ今朝には分かってたみたいですけどね」ドバドバ

唯「へぇ~なんだか良くわかんないけど

  さみしい気もするよ~」モグモグヒョイッ

憂「あ!お姉ちゃんピーマンも食べなきゃダメだよっ!」メッ

唯「バレた!」ギョッ

梓「あれ?皆どこにいるんです?

  何も見えないや!」アハハハッ




***校門***

マツコ「ふぅふぅふぅ・・・・」ドッドッド

マツコ「校舎から遠いのよこの校門!!」ヒーヒー


マツコ「頑張りなさいよ軽音部!!」


マツコ「ああもう、んっとにめんどうねぇ!!」ゼーハゼーハー


マツコ「暑いよの気候!!夏なんてあたしをバカにしてんの!?」ダラダラダラ


マツコ「あら?」モソッ

マツコ「何よ?何でポッケにハンカチが入ってんのよ?」ヒラッ



マツコ「・・・・柄・・・違うわ、何か書いてるじゃない・・・・」ジーッ



お世話になりました。

トイレで手を洗った時はちゃんと拭いてくださいね。




マツコ「・・・・・・何よこれ・・・こんなハンカチで拭けっての?・・・・」

マツコ「まったく・・・余計なお世話なのよチビ・・・・・・・・・ふん・・・・」






マツコ「あっ!彫刻まで入ってるじゃないのよ!!木くずだらけよもうクソッ!!」


いちご「・・・・」


マツコ「あらっ」ゲッ


マツコ「何よ?あんたお昼は?」

いちご「 どこ いく の」

マツコ「はぁ?」

いちご「お昼 食べ ない の? 」

マツコ「・・・・・・忘れたから買いにいくのよ」フンッ

いちご「 ・・・・・・・・ ・・ 」ジッ

マツコ「ほ、ほらさっさとあんたも食べに戻りなさいよ!!

    時間なくなるわよ!!んっとにトロいわねぇ・・・」

いちご「 うん 」

いちご「 ・・・・・ 」

マツコ「じゃあね」ドスドスドス

いちご「 あり がと 」

マツコ「ん?」チラッ

いちご「・・・・」

マツコ「やっぱり変な子ね・・・・」ドスドスドス

いちご「・・・・・・・」








いちご「 また ね 」ペコッ




-翌日-

さわ子『こしおれた』

ミッツ「えっ」













マツコ「おしまい」チャンチャンッ♪