---桜高ギルドチャット---

-☆мΙΦ☆さんが ログイン しました-

☆мΙΦ☆:こんばんわー

☆мΙΦ☆:あ!間違えたこのキャラじゃない

☆мΙΦ☆:一旦落ちー

-☆мΙΦ☆さんが ログアウト しました-

Very♪:こんnばんあ

Very♪:こんばんわ

Very♪:遅かtt

-‡暁の独龍‡さんが ログイン しました-

‡暁の独龍‡:ただー

‡暁の独龍‡:誰もいないの?

‡暁の独龍‡:放置してるのかな

Very♪:おかえろ

‡暁の独龍‡:エロwwwwwちょwwwwww

Very♪:おかえり まちがえた

‡暁の独龍‡:ドンマイwwwwww

‡暁の独龍‡:狩りいかない?

‡暁の独龍‡:おーい?

Very♪:ちゃっとまだにがてd

‡暁の独龍‡:気にしないってwwwwww

‡暁の独龍‡:スカイプしてる?

Very♪:借りにいてもいいよ

‡暁の独龍‡:あー人数足りないし他のメンバーも待ってよっか

‡暁の独龍‡:倉庫で荷物整理してくる

-†白翼の堕天使†さんが ログイン しました-

Very♪:うん

スズキング:あ、ただいま&こんばんわですー<(_ _)>

スズキング:ちょっと友達と電話してました!

†白翼の堕天使†:おかー

スズキング:あ、初めましてですー^^

†白翼の堕天使†いやMIOだよwwwwwww

スズキング:あれ?サブですか?

Very♪:おかえりこんばんんわ

スズキング:こんばんわですー<(_ _)>

†白翼の堕天使†:うん今サブも使って倉庫整理してるんだ

スズキング:なるほどー

†白翼の堕天使†:こっちのが最近良く動かしてるからさ

†白翼の堕天使†:入れてもらったんだー

スズキング:そうですかー気づかなくてすみませんでした(゚ー゚;A

†白翼の堕天使†:どまいwwwww

スズキング:おやー津武戯さんが露店放置してますね

†白翼の堕天使†:うむ

スズキング:おおっすごいレアアイテムが・・・たかっ!

†白翼の堕天使†:ムギはレベル上げよりアイテム収集がメインだからなー

スズキング:へー!

†白翼の堕天使†:欲しいのあれば交換とかしてくれるかも

スズキング:いやレア全然持ってないんで・・・;

†白翼の堕天使†:あ

スズキング:?

†白翼の堕天使†:おーいVery今目の前通り過ぎたよー

スズキング:ありゃ

†白翼の堕天使†:こっちこっち

†白翼の堕天使†:パーティ組んどく?

スズキング:狩り行くんですか?

†白翼の堕天使†:ああ、キングも来る?

スズキング:行きたいですー!

†白翼の堕天使†:誘うよ

スズキング:はいー

※《Very♪》:うんイレテ

†白翼の堕天使†:ちょwwwww全チャwwwwww

スズキング:ありゃーどんまいです;

†白翼の堕天使†:一応謝っておいたほうがいいぞwwwww

スズキング:ですね・・・

※《Very♪》:unn

†白翼の堕天使†:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

スズキング:落ち着いて下さい~^^;

Very♪:ごめんなさい

†白翼の堕天使†:いやこっちじゃなくてwwwwww

スズキング:間違えちゃったのかな?

※《Very♪》:うん

†白翼の堕天使†:まじで落ち付けってwwwwwwww

スズキング:慌てなくていいと思いますよー!

※《Very♪》:ごめんなさいわかった

†白翼の堕天使†:おいいいwwwwwww

スズキング:ありゃりゃ^^;

Very♪:しつぱいした

※《Pretty☆Cat》:おい全チャ荒らしてんじゃねーよクソが

†白翼の堕天使†:なんか釣れたwwwwwwww

スズキング:Very♪さん気にしないで良いと思いますよ。誰でも失敗はありますから!

スズキング:私も間違う事ありますし~^^;

Very♪:ありがとう

†白翼の堕天使†:誰か80レベ装備いらない?

†白翼の堕天使†:倉庫圧迫してるんだよねー

スズキング:私持ってます~

†白翼の堕天使†:そっか

Very♪:まだたりないからいい

†白翼の堕天使†:いつか使うだろうしあげるよ

†白翼の堕天使†:トレード出すよ

†白翼の堕天使†:ついでに頭装備付けといたwwwww

†白翼の堕天使†:結構レアなやつだから

Very♪;ありがとう

-★あずみお★さんが ログイン しました-

★あずみお★:こんwwwwwwwwwwwwwwww

†白翼の堕天使†:おいっすー

スズキング:よっノ

★あずみお★:狩りいこうずwwwwwwwwwwwwww

†白翼の堕天使†:おkwwwwwwww

スズキング:今から行くとこだったよ

★あずみお★:誘ってちょwwwwwwwwwww

★あずみお★:ありーwwwwwwwwww

Very♪:コンバンワ

★あずみお★:どこ行く?wwwwwwwwwww

†白翼の堕天使†:塔かなー

★あずみお★:ほいwwwwww

スズキング:わかりましたー

スズキング:あ、Very♪さんこっちですよ~!

スズキング:ついてきてくださいね(・ω・)ノ

スズキング:変わった帽子ですね~

★あずみお★:シカトwwwwwwwww

★あずみお★:ごば

†白翼の堕天使†:やべえwwwwww

†白翼の堕天使†:誤爆です

スズキング:ドンマイです~

和:ただぃまぁv

†白翼の堕天使†:おかー

★あずみお★:おかえりですwwwwwww

スズキング:おかえりなさいー

和:部費見直してたら遅くなちゃたヲ><

†白翼の堕天使†:へー

★あずみお★:大変ですねwwwwwwwwwww

スズキング:お疲れ様です^^

Very♪:おかえり

和:ぁ、べりーチャンchatに参加してるッッ!

★あずみお★:遅いすけどねwwwwwww

†白翼の堕天使†:仕方ないさwwww

スズキング:話せて嬉しいです~!

和:ゅっくりでぃぃンだョv

Very♪:わたすいも、うれしい

スズキング:^^

和:ぅンぅンv

★あずみお★:わたすぃもwwwwwwww

※-★あずみお★さんが ギルドから外されました-

スズキング:ありゃ~

†白翼の堕天使†:おいおいw

和:だってゥザかッッたンだもン!><。

※《★あずみお★》:おいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

※《津武戯》:↑のサブはPretty☆Catとあず☆あずですよ

和:ムギュッちいたんだぁv

津武戯:今戻ってきたの~

†白翼の堕天使†:ムギもこいよwwwww

スズキング:あ、Very♪さん補助ありがとです!

Very♪:いいよ





凸つぎのひ!凸



律「梓の上履きに納豆入れてやった」

唯「私は生卵を入れたよ」

紬「私は沢庵を

  澪ちゃんはどうせキムチよね?」

澪「違うよ

  というか私は何もしないんだよ」

律「何でだよ!!

  お前後輩にバカにされて悔しくねーのかこのヘタレ!!」ガッ

澪「いやさすがにそこまでしないだろ普通」

唯「でも私達しちゃったよ~」ドヤ

澪「お前らは普通じゃないからな」ハハッ

紬「澪ちゃんは自分の事を一般的な思考の持ち主とでも

  思ってるわけ?

  そんなんだから沢庵の漬け汁を

  パンツに染み込ませてやる!!」ドバッ

澪「やめろおいうわあああああああああああ!!」ベシャァッ

和「どうしたのよ澪

  臭いし騒がしいわね?

  犬食べてるって聞いたけど本当?」

澪「前半も後半もムギの仕業なんだ」

紬「ひどいわ澪ちゃん!

  何でも私のせいにすれば

  お金で解決してくれるとでも思ってるの!?」ムギャッ

澪「でも漬け汁はムギにかけられたぞ」

紬「そりゃそうよね」フフン

和「でも澪が犬食べてるっていうのは

  唯から聞いたわよ?」

紬「ほらっ!やっぱり私のせいじゃないじゃない!!

  土下座して私の太ももから内股を舌先で舐めて!!」バッ

唯「でも食べてるって言いだしたのは

  ムギちゃんだったよ」

紬「ほらっ!やっぱり私が悪いのよ!!

  土下座して澪ちゃんの太ももから乳房までを舐めさせて!!」ソワソワ

澪「お前は何がしたいんだ」



二年の教室



純「おはよ・・・・ってくさっ!!教室臭いよ!?」ウゲッ

憂「純ちゃんおはよ~」

梓「おはよ」ズゾゾゾゾゾゾゾ

純「あっ、おはよー

  何で梓は教室で納豆ご飯食べてるの?」

梓「今朝寝坊して朝食食べれなかったんだよ」ズゾッネバネバ

憂「昨日夜更かししてたんだよね」フフッ

純「へー

  それで?」

梓「なにがよ?」ネバネバネチャッズゾゾゾゾ

純「いやいや、朝食食べれなかったから

  学校に納豆持ってきたの?」

梓「そんな事するわけないじゃん

  これだから陰毛ボボ子は・・・」ズルルルッニチャッ

純「たぶん私は間違ってないと思うんだ」

梓「今朝靴箱で私の上履きに

  納豆と生卵と沢庵が入ってたんだ」ニュチュニュチュゴクッ

純「えっ」

梓「これはきっと朝食を忘れた私への

  澪先輩からの差し入れだと思ってテンションあがってwwwwwwwwww」ズズズズッズズゾゾゾッ

純「何でそこで澪先輩だと思っちゃったの?」クサッ

梓「だって下駄箱にラブレターを入れるような臭い真似するの

  澪先輩くらいしかしないでしょ?」ングングング

純「そんな当たり前みたいに言われても

  まあ確かに臭いよね、色々と」

憂「納豆+生卵+沢庵=ラブレターってすごいな~梓ちゃんは」アハハ

梓「も、もう憂ったらからかわないでよっ・・・///」カァッネバ

梓「納豆と卵だけじゃなくて

  沢庵まで付け合わせで入れてくれてるのがさすがだよね

  それでこんな気遣いできるの澪先輩しかいないって確信したよ」ズルルルッ

憂「澪さん優しいもんね~」

梓「うん!///」ネバッ

純「へ、へー?

  あれ?でもご飯はどうしたのさ?」

梓「マツコ先生からもらったよ

  あいついつも白飯持ち歩いてるから」ズゾゾゾゾゾッ

純「そっかーそれはよかったね

  家庭科室からお茶碗もってこようか?」

梓「いいよこのままで。

  上履きで食べたほうが

  澪先輩の足裏の臭いをクンカクンカしてるみたいで

  飯がウマイwwwwwwwwにゃほおおおおwwwwwww」ガツガツガツガツ

純「ひぃいい!!?」ビクゥ

憂「うわぁ」

純「じゃあ私自分の席に行くけど

  しばらく話しかけないでね・・・」ソソクサッ

梓「あ、純」ネバッッ

純「ん?」

梓「これあげるよ」ホレッ

純「いちごみるく??」ヒョィ

梓「下駄箱に一緒に入ってたんだけど

  こんなの入れるのは澪先輩じゃないだろうし

  きっとファンクラブが影であるかもしれない私に対する

  嫌がらせだよ」ネチャッニバッ

純「嫌がらせ?どっちかっていうとなっt

憂「純ちゃんっ!!」バンッ

純「えっ!あー

  うんいらないなら貰うよ、ありがとね」アッハハハ

梓「全く・・・納豆ご飯に牛乳なんておかしいよね・・・

  そんなナマモノ人の下駄箱に入れないでほしいよ」ブツブツブツブツネバネバネバ

純「(ちょっと生ぬるい・・・)」チュルルルル


17