――――

マツコ「あんたってさぁ見栄えはいいのに性格がアレよねぇ~

    あたしが若王子だったら男に媚まくってやりまくりよ!!」

いちご「嫌われ たくない し」

マツコ「もったいないわねぇ」

いちご「 おなか すいた」

マツコ「え?もうはいこれ食べなさいよ・・・」カサッ

いちご「ありが と」モグ

マツコ「飲み物は何がいいのよ?買ってきてあげるから

    さっさと言いなさい・・・」ハァ

梓「このデブ、私の時と態度が違う。ひいきだ

  私のがもっと愛されるべきなんだ」

純「あんたが今までしてきた事

  思いだしてみると良いよ」

マツコ「チビ助は先輩たちにぼっちにされて

    何とも思わないの?」

梓「されてないもん!!ソイツだって一人じゃん!!」

純「だって軽音部じゃないじゃん」

いちご「 ね」

梓「皆で唯先輩の家に行くらしいんだけど

  今日は水道管工事があるから

  梓ちゃんはダメねって憂が言ってたもん」

マツコ「どういうことよ」

純「うわぁーうわぁー」

いちご「 私は 部活 戻るから 」

梓「なんかむしゃくしゃしてきたから

  純の家でもまた襲撃しよう」

純「やめてよ!!

  ・・・・・ん?また??」

梓「おいスイーツ野郎なんかいえよコラ!!」

いちご「 私 ?」

マツコ「へいオラッ」シュッ

梓「ふんっ!そんな鈍いパンチ何度もくらうもんか!」ササッ

純「えいっ」ゴキィッ

梓「いぎゃあああああああああ!!」ゴキキ

梓「卑怯だよ」ヒリヒリ

純「でも悪いのは梓だよね」

梓「まあね///」エヘヘ

マツコ「なんで照れてんのよ・・・」

梓「悪い事してるとドキドキするじゃないですか

  澪先輩と昨晩の事を思いだして

  ああこれってまるでセックスみたいだなあって思ってたんです///」ヒョホホ

いちご「ま たね 」スタタタタッ

純「お疲れ様でーす」ペコッ

マツコ「じゃあ失礼するわよ」ドドド




梓「そしてだれもいなくなった」



φ平沢家φ

憂「あははっ、やっぱり皆さんといるのは楽しいですね

  お姉ちゃん以外居なくなればもっと楽しいのにな~」エヘヘ

律「遠回しに帰れって言われてるぞ」ワォ

澪「憂ちゃんにとって唯以外の人間はクズ箱同然だからな

  しかし私だけはそんなクズ達の仲で宝石のように輝いてると

  自負してるんだ」フフッ

紬「私はポン酢提供したから

  ここにいてもいいのよね?」ムギュゥ

澪「ポン酢ぐらいで調子にのるなよ?

  私なんて七味を持ち歩いてるんだぞ」ドヤァ

憂「でももうすぐ皆さん帰ってしまうみたいで

  寂しいな~」チラッチラッ

律「憂ちゃんが本腰入れて帰らせようとしてるぞ」

唯「私は皆とまだお鍋食べてたいんだよぉ~♪」モグモグ

澪「でも今の時期に鍋ってあれだな」モグモグ

律「エアコン効いてないから汗ばむぜー」アッチー

憂「じゃあ帰った方がいいですね!!

  風邪引いちゃいますよ!大変です!

  皆さんといた日々は楽しかったです!」ワァッ

紬「みんな人のお家にお邪魔させて頂いて

  夕飯御まで馳走になってるんだから文句言っちゃダメだと思うの」フォーンフォーン

唯「あっ!ムギちゃんが今流行りの羽のない扇風機使ってるよ!」ワー

律「ずるいぞムギ!!ちゃんと首振りで私にも当ててくれっ!!」パタパタ

澪「おい食事中に騒ぐなよ全く・・・」ヒョイ ドバッベチャ

憂「澪さんどさくさに紛れてキムチ入れるのやめてもらえませんか?」ミシッ

唯「おなべがまっかだ!」ヒャー

紬「何だか赤いお鍋を見てると

  生理レバーを食してる気分になってくるわよね?」ソワッ

澪「やめてくれ」

唯「食欲が無くなったよ・・・」ウプッ

紬「あららっwwwwww皆食べないの?wwwwいっっただきぃ~~wwwwww」ガツガツガツ

憂「お金持ちなのに意地汚いですね

  こんなのお姉ちゃんのだと思えば

  ひょぉぉっwwwwwwメシウマwwwwwwwwwwwwww」ワシャァァァッ

律「おいお前らずりーぞ!!負けねーかんな!!」ガァッモグモグ

澪「なんでお前は平気なんだよ」オイオイ

唯「りっちゃんは元々意地汚いんだよ~!」アハハ

澪「やれやれ・・・」ヒョィポイッ

唯「あっ澪ちゃんが呆れながらもトッポギ放り込んでる」ワーイ

ピンポポポポポpppppパリーンッ


唯「誰かがこんな時間にチャイムを連打してるね」モグモグ

紬「こんな遅くに誰かしら」モグモグ

律「何か割れた音がしたのは

  気のせいじゃないよな?」モグモグ

澪「ん?昨日全部割ったはずだから

  もう割れるモノないはずなんだけどなぁ」モグモグ

唯「そういえば今日はエアコンつけてないのに

  いつもより風通しがいいよ~」ハフハフッゴックン

憂「あっ!お姉ちゃんが喜んでる!!

  よ~し家の壁をぶっ壊してやる!」ヲッシャアァァァ

梓「出ないな~

  とりあえず庭から覗いてみよう」ヒョィッ

憂「おね~ちゃんのた~めならエイヤッホイサッ!

  あ、梓ちゃん!」ガンガンガンガンッ

梓「あっ、憂いたんだ

  返事くらいしてよ~

  何でバールで家の壁を殴ってるの?」

憂「お鍋食べてるから

  お姉ちゃんの為だよっ!」ガンガンガンガンガンゴッガラララッ

梓「へー皆で鍋してたんだ~」ヘーヘー

唯「おや、あずにゃんの声がしますな~」キョロッ

梓「あ、口の周りが真っ赤だ

  きっとバカだから生肉をそのまま食べたんだ

  下水でも飲んでろです」

憂「お肉追加しない?ねえ追加しようよ!!新鮮だよ!!」ソワソワブンブンッ

唯「なんだかあんまり気が進まないんだよ~」ウワァァ

澪「入れるのは私が食べた後にしてくれ」

紬「澪ちゃんは犬を食べたことあるって

  噂になる予定なんだけど、食べたことあるの?」チラッ

澪「あるわけないだろ!

  っていうかやめてくれっ!!」ヒィィィッ

律「いぬってくえるの??」ホヒー

梓「下駄でも食ってろバカ」ペッ

唯「げたってたべれるの??」ハヘー

梓「軍手でも食ってろバカ」ペッペッ

憂「あははっあははっ!!」ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンッ

梓「からだじゅうがいたいかな」ジリジリ

澪「梓は何しにきたんだ?」モグモグ

憂「今日は水道管の工事があるから

  梓ちゃんは来んなって言っておいたんですけど・・・」

唯「きっと意図的にぼっちにされたのに

  気づいちゃったんだよ!」アレマ

紬「澪ちゃんが言いだしたから

  りっちゃんのせいにしましょ!」ネッ

律「えっ」モグモグ

梓「ほうほう」

澪「ち、違うぞ梓!!

  いややっぱり違わないぞ!!」バンッ

唯「澪ちゃんは嘘が下手だなぁ~」ヒョイパクッ

紬「唯ちゃんそれは私のニボシよ!!」ムギッ

唯「ごめんなせぇ~!」ハゥゥ

梓「私の推理では澪先輩は

  ぼっちになって悲しむ私を優しく抱きしめ

  軽い口づけを交わし、気弱になって為すがままの私を

  ヌッチョングッポンにする気だったんだ!」キョホホー

澪「ああ不正解だな

  退場」モグモグ

梓「シュン・・・」トボトボ

紬「っ・・・!ひどいわ澪ちゃん!!

  そんな言い方ってないと思うの!あんまりよ!!」グワッ

澪「えっそうか?」ビクッ

紬「ヌッチョングッポンになってよ!!」バンッ

澪「やだよ」

梓「ムギ先輩・・・」キュン

紬「ふふっ・・・梓ちゃん・・・

  私の体で慰めてあげるわね・・・」スルッ

律「おいまさか梓の奴ムギに乗り換える気か!?

  これが寝取られか!?NTR!NTR!」ワホッ

梓「何がキュンだ!

  こんな百合豚先輩いるかっ!」カァーッペッ

紬「臓物をぶちまけろ!!!!!!!」ガシャアァァァァン

梓「あっぢいいいいいいいいいいいいい!!」ギャォラァァァァ

律「おい鍋をブチまけるなよおおおおおおおうわあああああ!!」ペロペロ

澪「床を舐めてるぞこいつ正気か」

唯「きっとやめられないとまらないなんだよwwwww」ヒャハハハヒヒヒ

澪「なんだその危ない鍋は

  おい何が入ってたんだ」

唯「よく考えたらあずにゃんは

  ちゃんと先輩って言ってたからそんなに悪くないと思うよ」

澪「まぁ確かにアツアツ鍋を頭から被せられるほど

  悪いこと言ってはないよな」フム

紬「えっ」

律「おいムギ!アタシの鍋どうしてくれんだよ!!!

  アアアアア食べたいよおおおお鍋ほしいよおおおおおお!!!」バンバンバンバンッ

澪「落ち着け律、ちゃんとお薬持ってきてるか?

  ほら水汲んで来てやるからな?」アワアワ

紬「分かったわ・・・皆・・・

  乳首をポロリするから許して・・・」ポロッ

唯「わぁ~おっぱいだよ~」ムチュッチュパチュパ

紬「あんっ・・・」ゾクッ

憂「」ガタッ

和「ガタッ」

とみ「ていっwwwwwww」


唯「お母さんの味がするよ~

  おっぱいおっぱい!」チュー

紬「ひぎぃらめええええママになっちゃうよおおおおおっ!!」ガクガクッ

律「な、何いってんだ?」ヒィ

紬「一度でいいからやってみたかったの~♪」ウフフ

澪「そうか

  帰ろう」カチャッゴソッ

憂「どさくさに紛れて

  人の家の冷蔵庫に北京ダック置いていくのやめてください」

澪「ダメか・・・」チィッ


16