マツコ「出席とるわよ~

    居ない人返事しなさいよ~」フゥ

澪「そんな無茶な」

律「信代がいないぜー!」

マツコ「気のせいよ」

唯「姫子ちゃんがいませんっ!」

マツコ「入院したわ」

唯「えっ」

マツコ「他には居ない人居ないのね?」キョロ

律「いないいないばぁwwwww」

紬「真鍋さんがいませ

和「セーフ」シュンッ

紬「瞬間移動・・・!?これが生徒会長の力・・・!!」グッ

澪「(私も一度は自分の設定に瞬間移動を考えた事あったな・・・)」

マツコ「ちょっと若王子起きなさいよ・・・」

和「あ、風子忘れた」シュンッ

風子「ぐぅ・・・Zzz・・・」シュンッ

和「アウトね」シュンッ

紬「しゅっしゅっ!」エイヤッ

唯「姫子ちゃん・・・」

律「姫子は何で入院してんだ?」

マツコ「昨日から幻聴が聞こえたり

    幻覚が見えたりしてるらしいわよ」

律「なんだぁ~?クスリでもやってんのか?

  やっぱり見た目通りだなあのクソビッチめ!!」ガンッ

マツコ「急に暴れだしたり、独り言を言い始めたり

    まあ傍から見たら危ない人よね」

唯「でも澪ちゃんも普段そんな感じだよ?

  だから姫子ちゃんだけ差別するのは良くないよ!!」

澪「おい!

  私の方がすごいんだからな!!負けてないぞ!!」

律「いや澪はクスリなんてやってねーじゃん

  だから澪の負けだな!!へっ口ほどにもねーぜ!」プッ

澪「そんな事ないっ!毎日浴びる程やってるぞ!!

  家の隠しダンジョンには白い粉が沢山なんだ!三度の飯よりらりぱっぱーwwwwww」

いちご「おまわりさんこっちです」

紬「おまんこさわりっちです」

いちご「こいつは 厨二病 」

澪「そんな訳ないだろっ!

  私は真の戦士なんだ!!

  毎日パーティーに誘われて狩りをしてるんだぞ!!」バンッ

和「でも私がギルメンと狩りしてる時に

  いつも塔でソロの澪が横殴りしてくるじゃない」

澪「な、何でばれたんだ・・・・

  いつもサブキャラで叩いてたのに・・・」

和「今時名前が†白翼の堕天使†なんて

  澪ぐらいしかいないわよ」

澪「くそっ!」

和「ちなみにメインキャラは☆мΙΦ☆よ」

澪「わあああああっ!!!やめろおおおお!!!!

  晒されて鯖変えなきゃならないじゃないかあああああ!!

  もう一人でダンジョンに籠ってレベル上げは嫌なんだ!!!」ウワァァアア

いちご「 ない わー 」

澪「いちごの方がひどい名前だぞ!!

  Very♪とか、ネカマ扱されれば良いんだ!!」

いちご「あっ 」

和「そういえばいちご、この前の桜高ギルド狩りに参加しなかったわね

  ムギと宝箱集めに行ってたそうじゃない」

いちご「ごめ ん」 シュ ン 

紬「でも儲かったわよね~♪」ホクホク

和「もう・・・ちゃんとギルメンに挨拶したり

  もっと交流しないとフレ外されるわよ・・・」ブツブツ

いちご「チャット 苦手だから」

和「まぁ澪みたいに垢停止食らうよりかはマシよね」

律「なんだなんだ何の話してるんだ??」ポカーン

唯「わかんないよ~」ムー

いちご「頑張って 話してみる 」

マツコ「それより昨日のハメ撮り写メみたくない??」

いちご「結構 です」

紬「誰も得をしないので

  早く澪ちゃんと梓ちゃんをボコりましょ!!」ネッ

澪「な、なんでだよ!!?」

紬「私の人気が下降気味だから

  上位の軽音部を懲らしめたいの・・・」シュン

律「ムギ・・・・」

唯「ムギちゃん・・・!」

  それより姫子ちゃんのお見舞い行かないとね!」

律「そうだな!

  どんなに道を踏み外そうと

  姫子は友達だったんだ!!」

紬「だったんだ?」

澪「道を踏み外そうとってフレーズ

  ちょっとかっこいいな、律にしては」フム

マツコ「ねえ握り飯食べる?

    あんたそんなに細くて大丈夫なの?

    男は少しくらいぽっちゃりしてた方が好きなのよねぇふふっ」

いちご「 お見舞い用に もらう 」



凸病院凸



姫子「わたしはわたし・・・おかしくないおかしくない

   いやあああああやめてえええええけいおんぶこわいいいいいい!!」アアアアアガタガタガタッ






さわ子「なっ、何!?騒がしいわねぇ・・・」ビクッ モグモグモグ



さわ子「喉乾いたわ・・・

    のどかわいた・・・・

    和湧いた・・・?ブックスッ・・・プププッwwwwwww」



さわ子「ビール買ってこよう」フゥ


トントン ガララッ

いちご「 おじゃ」

姫子「あれ、いちご来てくれたんだありがt

律「おっじゃまー!」ヨッ

姫子「ひぃっ!?」ガタッ

唯「姫子ちゃ~ん!お見舞いにきたよぉ~」エヘヘ

姫子「ぎいいいいい!!?」ガクガク

紬「具合はどう?」

姫子「いやあああああああ!!」ガリガリガリガリ

澪「キミのときめき恋かもねアワアワ☆

  ハングリー精神とめらんないクラクラ♪」

姫子「あっ」ハッ

姫子「皆ごめんね、私どうかしてたみたい・・・」ニコ

澪「あれっ」

紬「澪ちゃんの詩で我に戻ったのね

  異常だったから正気に戻れたものの」

律「おおっ!たまには澪もやるなあ~

  正気の時は聞けたもんじゃないからな」ハハハッ

唯「澪ちゃんが正気じゃなくて良かったね!」アハハ

澪「おいおいお前ら

  褒めてるんだよな?」ン?

姫子「そんな訳ないじゃん」フフッ

澪「あ?」

姫子「えっ」

紬「何で姫子ちゃんは空気読めないの?」

律「姫子・・・やっぱりお前おかしーし・・・」

唯「見損なったよ姫子ちゃん・・・」

澪「このクサレビッチめ・・・」

姫子「どうしてこうなるの」

いちご「軽音部 だから」

律「おい軽音部をバカにしてんのか!?

  部長のアタシが許さねーぞ!!!?」ガンッ

いちご「げ っ 」

紬「いちごちゃん今までそんな風に思ってたのね」

唯「最低だね・・・」

澪「さっさとハゲてしまえ・・・・」

いちご「ほら 関わると ろくな事 ない 」

姫子「なるほど・・・」


唯「ねーこのスイカ食べようよ!」

律「そうだな!今日はティータイムもしてないし」

澪「おいおい・・・このスイカはお見舞いの品なんだぞ?」ハァ

紬「用意したのは私よ姫子ちゃん?」

姫子「え、うんありがと・・・(スイカ・・・?)」

いちご「私は おむすび 持ってきた よ 」モソッ

姫子「あ、りがとう?(でかっ)」


姫子「え~っと・・・

   今日はわざわざお見舞いに来てくれてありがとね~

   何だか軽音部の活動まで休んで来て貰って悪いな~・・・・」アハハ

唯「何いってるの姫子ちゃん?」ホヘ

姫子「いや文化祭も近いから練習したいのに

   わざわざお見舞いに来てくれて・・・」

律「気にすんなってー!」ハハハ

姫子「う、うん」

澪「ちゃんと準備してるぞ」フフッ

姫子「そ、そうなんだ?」

紬「ドラム運んだわよ~」ホレッ

姫子「は?え?」

律「じゃあ練習するか!」ヨッコラ

姫子「えっちょっと」

澪「珍しくやる気じゃないか」ホゥ

姫子「ねえなにしt

梓「スイカおいしいです!」シャクシャク

唯「お見舞いしながら練習すれば一石二鳥なんだよ!」ウンタン♪

姫子「いみがわかんない」

梓「塩無いんですか?おっと澪先輩の潮を舐めたいです!!」シャクシャクチラッ

澪「こっち見るなよ」ゲッ

紬「ねえ梓ちゃん?

  そのスイカは誰の許しを得て食べてるの?」

梓「恩着せがましいですよ

  眉毛はでかいのにケツの穴の小さいヤツですね」シャクシャク

紬「駆除せよ!!駆除せよっ!!!!!」ゴゴゴンゴンメシャァッ

梓「ぇあぎゃっぎゲが」ドサッ

唯「ああっあずにゃんとムったんが~」シャクシャク

紬「でもここは病院だから安心ね

  ムスタングは知らないけど」メキッ

唯「そうだね!」シャクシャク♪

律「ほれっ!澪くらえ!!

  りっちゃんバズーカ!」ペッペッ

澪「おいこら種飛ばすな、マナーが悪いぞ」シャクシャク

いちご「じゃぁ 帰る から またね 」スタタッ

姫子「いやあああああああ置いてかないでってばああああああああ!!」ガタガタブルブル


唯「そういえば姫子ちゃん頭おかしいみたいだけど大丈夫??」

梓「HAHAっお前の方がおかしいですよ」

澪「唯に言われちゃおしまいだぞ」フフッ

姫子「あはは・・・・」ビクビク

紬「あ、憂ちゃん」

律「んぇ?」キョロキョロ

梓「おい田井中お前唯先輩に失礼だろうが!!」

澪「律お前ってやつはほんと最低だなこのチンカス!!」

紬「冗談よ?」

梓「平沢のバーカ」

律「なんだなんだ?」

澪「梓はほんとにクズだなあ」ハハハッ

澪「そういえば姫子は絶対ダメ的なモノに手を出した

  最低のビッチなんだってな」

律「あっ!姫子てめぇ!!

  クスリなんかやりやがって!このバカ野郎!!」ガッ

姫子「はっ?」

唯「きっと悪いことだよ!!

  ごめんなさいしなきゃいけないよ~!」ワァ

紬「どうせクスリ欲しさに援助交際とかしてるのよ!!

  汚らわしいっ!!」ギリッ

澪「おいお前らやめるんだ!!

  勝手に決め付けるなんて可哀そうだろ!

  姫子だって悪気があったわけじゃない・・・

  きっと何か事情があるんだよ!(よし!これで私の人気はウナギ登りだぞ!)」バンッ

梓「そうです!クスリやって何が悪いんですか!!」バンッ

澪「何をいってるんだお前は」

紬「でも言いだしたのは澪ちゃんよ」

澪「まあな」フフン♪

澪「じゃあ練習するか」ゴソゴソ

姫子「えーえー」

唯「あ!それより

  あずにゃんのツインテール引き抜こうよ!」ワホッ

梓「いきなり何バカ言ってんだバカこのバカ」

唯「お礼まいりだよぉ~」エヘヘ

紬「唯ちゃんは梓ちゃんに何か恨みでもあるの?

  もちろん私はあるわよ

  だから早くぶち抜きましょ!!」ワクテカ

唯「そういえばあずにゃんにはトイレで助けてもらった恩があったよ~

  だからやっぱりお礼まいりだね!!」ワーイ

梓「たぶんバカこいつ意味分かってないですねバカ」

律「バカって言う方がバカなんだぞー!」プギャッ

唯「じゃありっちゃんはバカ二回でバカのバカだから

  バカじゃないね!」 

姫子「なーすこーるwwwwなーすこいwwwwww」カチカチカチカチカチカチ

いちご「ひめ こ・・・ 」

澪「じゃあ梓の触覚を引きちぎるか」

梓「えっ」

唯「澪ちゃんこわーい!」アハハハハッ

律「あたし右もーらいっと!」ヒョホィ

紬「じゃあ私左ぶち抜くわね!えいっ♪」グッブチィッ

梓「ちょあんぎゃああああああああああああああああああ!!」ジタバタ

唯「えっ」

澪「おいおい・・・」

律「まじかよ・・・」

紬「あれっ?」


14