テクテクテクテクテクワクワクワクワク



唯「びじゅつしつがどこかわかんない」

マツコ「おい」

唯「分からない事は誰かに聞けばいいんだよ!」テクテク

マツコ「それもそうね」モグモグ

唯「誰かー!誰かいませんかー!」ワァー

マツコ「元気ねぇ」モグモグ

唯「なんか遭難してる気分だね!」ワクワク

マツコ「ええそうねおいしいわよ」モグモグ


――――

憂「あっ!お姉ちゃんが遭難してる!」キィーン

純「えっ?遭難?」ビクッ

梓「もうひどいよっ!口まで塞がなくてよかったじゃんっ!」プンプン

憂「でも何するかわかんなかったし」

純「うんうん」

梓「体中に縄の跡が出来ちゃってるんだよ!!こんなの恥ずかしいじゃない!

  バカッ!クズッ!二度と死ねっ!!」ガァッ

憂「元々悪いのは誰だっけ?」

純「後始末してあげてんのは誰だっけ?」

梓「ごめん」


梓「まあ澪先輩とSMプレイした後の名残って事にすれば

  私は結構興奮するかな」エヘヘ

純「そっか」

梓「もしかしてこの跡を見た人は

  私と澪先輩が付き合ってるって思っちゃうんじゃない!?」ドキドキ

憂「だといいね~」

梓「だとしたらもっと露出を増やして

  見せつけるべきなんだよね!!??」ハァハァハァ

純「やめて」



唯「誰か~・・・おろっ!」ハッ

憂「お姉ちゃん!

  ねぇ舐めていい!?いいよねっ!?」ワァッ

唯「だめだよ~」メッ

憂「あぅ・・・」シュン

純「どうも~さっきはお騒がせしましたー!」ペコッ

唯「ほえ?何が?」

梓「こいつとこいつちょうどさっき居なかったよ」

マツコ「こいつ?」

憂「こいつ?」

梓「バカ二人で何してるんですか?今部活中でしたよね?

  どうせろくな事考えてないスポンジ共め、まさかサボって遊んで

  私は澪先輩の秘孔を猫になって合法的に舐めたいです」

純「アウト?」

唯「セーフかなぁ」

マツコ「アウトよ」

憂「私も姉サイド的にアウトなので

  梓ちゃんにローキックをしようと思います」ドゴォォォォッ

梓「ぎにゃああああああああああ!!」ジタバタ


唯「ねぇ皆ノコギリ持ってない??」

マツコ「えっ」

梓「急に何言い出すんだこのバカ」バーカバーカ

憂「?今は持ってないなぁ」シュン

純「えっともちろん持ってないですけど何で・・・」

梓「そんな物普通持ってないですよバーカバーカ」ベー

憂「えーいっ」ドゴォォォオオオオ

梓「びにゅああああああああああああああ!!!!」ジタバタ

マツコ「あんたも懲りないわねぇ」

憂「ねぇ私の親愛なるペロペロお姉ちゃんノコギリなんてどうするの?

  私とお姉ちゃんの赤い糸はノコギリなんかじゃ切れないから

  安心してね!!」エヘヘ

唯「憂は何を言ってるのかな~?」ポカーン

純「分かり易く訳すと

  ノコギリを何に使うの?って言ってるんだと思います」

梓「めんどくさいなぁ」

マツコ「赤い糸(笑)wwwwwwwwwww」

憂「よいしょー」ガコォォォォオオオン

梓「ちょ何でわたsにゃあああああああああいたああああああああ!!!!」ジタバタ


梓「理不尽だと思う」ボロッ

憂「自業自得だよね」

純「それで何でノコギリなんか・・・」

マツコ「なんでもないわy

唯「ノコギリでりっちゃんをバラすんだよ~!」ワーイ

マツコ「ゲェッ!」

純「えっ」

憂「へ~」

梓「わぁ」ワクワク

憂「じゃあ晩御飯用意するから

  遅くならないように帰ってきてね」フフッ

唯「ほーい!」

純「えっ」

梓「唯先輩にしては中々素敵な事をするみたいなので

  ノコギリもってきました!!」スッ

マツコ「あらやるじゃないチビのくせに!」

純「えっえっちょっ」

憂「梓ちゃん素早いもんね!じゃあ皆さんさようなら~」ペコッ

唯「じゃあ戻ろっか!」ワーイ

マツコ「そうね、急ぎましょ」

梓「早くバラしたくて我慢できませんっ!」ウズウズ

純「いやちょっと」






純「今からこの学校で恐ろしい事が行われようとしている」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


律「ん・・・Zzzz・・・んっ・・・?」ホゲッ


シーン


律「ふわぁあぁ~~~・・・んにゃ・・・・・・・・・あれ?

  あたし何で寝てたんだ・・・」ポケー


シーン


律「誰もいねー」


ダダダダドドドドドドドドドドドドッワーイ

唯「よ~しりっちゃんをバラバラにするよ~!」ガチャッ

梓「ずるいです唯先輩!私にもやらせてくださいよ!!」トテテテ

マツコ「役割分担した方が良いんじゃない??あたしは関節外すわよ」モグモグ

律「ん?ああ皆おはよー」

梓「あ!律先輩おはようございます!ってもう夕方ですよ!

  今バラバラにしてあげるんでちょっと待ってて下さいね!」ワクワク

唯「」

マツコ「」

梓「あれ?ちょっと二人ともどうしたんですか?

  早くこいつバラしちゃいましょうよ」ソワソワ

律「へ?バラす?何をだ?」

梓「律先輩をですよ、決まってるじゃないですか」

律「バラすって

  なんかあたしの秘密でも知ってんのか?」ハテ

梓「何いってんですかこのバカ

  バラすってバラバラにするって事ですよ」ハァ

律「バラバラ??あたしを?」

梓「はい」

律「バラバラ?」

梓「はいっ!」ワクワク

律「バラバラ・・・


  なんか楽しそうだな!!」ワハハ

梓「はい!楽しいのは一瞬です!

  すぐに苦しくしてあげるんで安心してくださいね!」エヘヘ

律「昔パラパラってーのが流行ったもんなー」ハハハッ

梓「そうですね!さあ横になって下さい!」ブンブンッ

律「おいおいノコギリなんて素ぶりしたら危ないだろー」ワーォ

梓「練習です練習!」ギーコギーコ

律「そっか!練習は良いことだよな」ハハハ



紬「これは凄まじい」



唯「あっ!木の上にいた人だ!」

マツコ「変態よ変態!」

紬「失礼ね!パンツなんて水着と実質変わらないのよ!!

  だからパンツを見ちゃダメなんておかしいわ!」クゥッ

唯「どっちにしろ変態だよ~」

紬「唯ちゃんに変態って言われると

  ちょっと気持ちいいのよね」ゾクゾクッ

マツコ「変態」

紬「邪魔するな!」

マツコ「な、何をよ」ビクッ

唯「それより大変なんだよっ!

  り、りっちゃんが生きてる!」ワァァァッ

紬「通訳を」

マツコ「”部室で頭から血を流して死んでいたはずの田井中律が

    何故か今生きている”

    たぶんこれで合ってるわ」

紬「梓ちゃんの言動の詳細」

マツコ「”死んでると思った私達はとりあえず死体をバラバラにして

    隠そうとノコギリを準備した”

    こんな感じよね」

唯「あ!あずにゃんがいたら

  ギターケースはダメだよね!」

マツコ「”バラバラにした死体は中野梓のギターケースに隠し

    ギターはトイレに隠すはずだったが

    本人が現場にいるため実行は困難”

    そうらしいわ」

紬「御苦労であった」フム

梓「おい」

マツコ「”だが共犯者となった中野梓は犯行を隠蔽する為に

    ギターを犠牲にすると決意するのだった”

           完      」

律「かっけえ!」オォー

梓「捏造するな!」

梓「ちょっとどういう事ですか

  こんなに可愛くて才色兼備な後輩にノコギリを持たせて

  犯罪に加担させる気だったんですね!!」

唯「でも一番ノリノリだったよねぇ~」

マツコ「確かにね」

紬「私が部室に戻ってきた時は

  楽しそうにノコギリを振り回す梓ちゃんが

  りっちゃんを追いかけてたわ」

梓「ちょっとちょっと!!

  それじゃ私が悪いみたいじゃないですか!」ガンッ

唯「うん」

梓「だってそれとアレが律先輩は死んでるからバラすって

  私に天の声を授けてくれたんですよ!!

  バラバラにしたデコなんて

  唯先輩のギターケースに隠すのが筋ってもんでしょう!」ギコッ

マツコ「何いってんのこいつ」

紬「無茶苦茶だわ」

唯「死ね」

紬「ちょっと唯ちゃん!それは私の台詞よ!」ムギィッ

唯「ごめんね・・・」シュン

律「なんだなんだ

  よくわかんねーが、私は殺されかけたのか?」

紬「そうみたいね」

梓「サイテーです!」

マツコ「ほんとよ!」

唯「ごめんね・・・」ウゥッ

紬「ううん、悪いのは唯ちゃんだけじゃないわ

  寝ていたりっちゃんが悪いのよ」

梓「そうです!悪いのは律先輩です!

  だからバラしましょう!!」キター

唯「わかった!」

律「うう・・・皆すまないな・・・」グスッ

マツコ「なんでわざわざ悪循環させんのよ」

紬「ほら私って傍観者でいるのが好きだから

  荒波立てて庶民が潰し合ってるのを見るのが

  何よりも癒しなの」

律「恐ろしいなあ」アハハ

唯「りっちゃん楽しそう!良かったぁ~」アハハハ

マツコ「結局部長は寝ていただけなのね?」

律「ああまあ、いつの間にか」ポー

梓「期待して損しました!

  死んで償ってください!!」

紬「そろそろふざけるのやめましょ?」イラッ

梓「えっ、ごめんなさい」

マツコ「外も暗くなってきたし

    面倒だからあたしもう帰るわよ」ヤレヤレ

梓「逃げる気だ、ずるい」

紬「でもそろそろ帰る時間よね」

律「早く帰って歓迎パーティーの準備したかったのになー」

唯「ふぇ?」

梓「誰を歓迎するんですか」

律「え、マツコ先生だろ?」アレッ

梓「誰も歓迎してませんよ」

マツコ「おいチビコラ」


唯「そういえば歓迎パーティーだったね!

  りっちゃんが死んだから忘れてたよ~」エヘヘ

律「どういう事だ」

梓「惜しいですね、色々と」チッ

紬「私は覚えてたけど

  言い出さなかったのよ?勘違いしないでよねっ」ツン

マツコ「余計にタチ悪いのよ

    何なのよそのキャラ」イラッ

マツコ「歓迎してくれるなら別に行ってあげなくもないわよ?

    か、勘違いしないでよね!好きで行くんじゃないんだからねっ!」ツンッ

紬「気持ち悪い」

梓「人間ドッグにひっかかって

  とりあえず死ねばいいんです」

唯「人間はドッグじゃないんだよ~

  あずにゃんはバカだなぁ~」プププッ

梓「あっこんなところに偶然ノコギリが!

  手が滑って唯先輩をバラしちゃまずいので

  早く唯先輩バラしましょう!」ニャンッ

律「梓はやんちゃだな~」

マツコ「それより早く行きましょうよ!!」バンバンッ


律「じゃあ帰るか」ヨッコラ

唯「あいあいさー」セッセ

紬「しゃらんら~♪」

梓「結局今日も練習出来なかったなあ」ハァ

マツコ「メインディッシュは聡キュンよね!?そうよね!?」ハァハァ

律「あんなくりくり坊主のどこがいいのかねえ」

マツコ「クリクリしたいのよクリクリ!!」ハァハァハァハァ


10