***コンビニ***


チンポロリーン

イラッシャッセー


マツコ「疲れるわ・・・」

唯「どんまい!」アハハ

マツコ「あんたのせいなのよ!!」グワッ

唯「えぇ~?」ポカーン

マツコ「そうねぇ、何にしようかしら」ンー

唯「わぁぁ!おいしそ~」ジーッ

マツコ「あらあんたも食べたいの?」

唯「折角だしアイス買おうかなぁ」キョロキョロ

マツコ「いいわよ持ってきなさい」

唯「ほえ?」

マツコ「買ってあげるっつってんのよ

    早くもってきなさいっ」

唯「ぇええっ!?いいの???」ハヒー

マツコ「良いっつってんでしょ!ほら早くしなさい!

    ・・・・あ、お兄さんレッドの方も四つで」

唯「んっとんっとどれにしよう・・・」キョロキョヨ

マツコ「早くしなさいよ~」

唯「ん~やっぱりこれにしようっ!」カサッ タッタッタ

マツコ「あら一つでいいの?」

唯「ほへ?」

マツコ「そんなのすぐ無くなるじゃない」

唯「もっと持ってきていいの??」キョトン

マツコ「いいわよ好きなだけ持ってきなさいよ」

唯「!!!!わほーい!マツコ先生大好きっっ!!

  ありがとぉぉぉ!!一生このご恩は忘れませんぜハハァーッ!」ペコペコ

マツコ「アイスぐらいで大げさねぇ

    あらお兄さんバイト?ふふっ良い体してるじゃない・・・」ペロッ


ア、アザッシター


マツコ「ちょっと曇ってきたわねぇ」モグモグ

唯「ほーだねぇ」ペロペロペロペロ

マツコ「やだわぁ雨降ったらメイク崩れちゃうじゃないのよもう」ムシャムシャ

唯「大変だね~」レロレロレロレロ

マツコ「あんた、あたし確かに好きなだけって言ったけど

    そんなに食べてお腹壊さないの?」ングング

唯「あははっ大丈夫だよぉ~子供じゃあるまいし~

  お腹なんて壊す訳ないじゃんっ!」ベロベロベロ

マツコ「ならいいのよ」ハグハグ

唯「先生こそそんなに肉ばかり食べて大丈夫なの??」ペロリン

マツコ「平気よ、部室で甘いものばかり食べたから

    肉で中和しないとね。こう見えてあたし健康志向なのよ」モシャッ

唯「なるほど~!すごいね!」カサッパリッ ペロペロ

マツコ「ちょっと口の周りベトベトじゃない・・・

    もう・・・少しまってなさい・・・んっとナプキン・・・」カサカサ


唯「むっ?」

マツコ「ほらじっとしてっ」フキフキ

唯「ん~」

マツコ「あんた女なんだから

    もうちょっとエチケットとか気にしなさいよもう・・・」カサカサ

唯「えへへ~照れますなぁ~」

マツコ「褒めてないのよ」

唯「マツコ先生の手って柔らかくて気もち~ね~」プニプニ

マツコ「ちょっとやめなさいよあたしは女に興味ないのよ

    あたしの事いやらしい目でみてこないでちょーだいっ!」

唯「あははっ違うよーお母さんみたいで良いなぁって」プニプニ

マツコ「あらそう?」

唯「私のお母さんあんまり家に居る事ないからちょっと嬉しくなって」アハハ

マツコ「へぇそうなの(昨日行った時も両親いなかったわねぇ

    やだ・・・複雑な家庭なのかしら困ったわ)」

唯「学校がなかったら私も一緒に旅行したいよ~」ペロペロ

マツコ「旅行?」

唯「うん!今も旅行に行ってるんだよ!大人ってずるいよねぇ」プンプン

マツコ「なぁんだ」ムシャムシャ

唯「アイスはすごいよたくさんたべるよ!」ペロリッ


信代「あっ!!マツコ先生と唯が一緒にいる!!

   しかも何か楽しそうだし!!キーッ!!!

   許せない許せない許せない許せない許せないっ!!!」ガンガンッ


マツコ「んげっ!」

信代「マツコせんせぇ~♪探したんですよぉ~///

   あ、唯ぶっ殺すからな!」ドドドドドドドドドド

唯「信代ちゃんだ~!何だか怖いこと言ってるね!」ワハハ

マツコ「あんた囮になりなさい!!

    あたしめんどくさいから逃げるわ」ダダッ

唯「えぇ~」

信代「んでんでんでwwwwwwwwwにゃーんでwwwww

   かまってかまってほしいのwwwwwwwwww」ドドドドドドドドド

唯「逃げよう」


――――

校庭「私校庭!」


紬「いないわね・・・」ウーム

姫子「あれ?ムギ」

紬「おっす」

姫子「えっ」

紬「あら姫子ちゃん♪」

姫子「う、うん・・・えっと何してんの?」

紬「唯ちゃんを捜してるの~」キョロキョロ

姫子「そっかー

   で、何で地面に這いつくばって目をギラつかせてるの?」

紬「この方がより積極的にパンツを見れるからよ」ギラッ

姫子「へぇえ?そ、そう、でも服が汚れるからあんまりしない方が

   いいんじゃないかな?」ネッ

紬「確かにそうよね・・・

  じゃあお茶にしない?」

姫子「へっ?」

紬「ふふっ、冗談よ♪」

姫子「は、はぁ」

紬「じゃあ私唯ちゃん探してるから、またね?」モソモソ

姫子「う、うん頑張ってね・・・」

紬「水色」

姫子「えっ!?///」ビクッ

紬「?」

姫子「ううん・・・」

姫子「・・・」

いちご「姫子」テクテク

姫子「・・・あ」

いちご「・・・? どうしたの」

姫子「うーん・・・」

いちご「何」

姫子「えっとね、

   私っておかしいのかな?」

いちご「どうして」

姫子「いや最近周りとずれてるのかなって思う事が多くて・・・」

いちご「確かに 私はかなりの美人

    だけどあなたは一般的に良くいる普通の女子高生 安心していいよ」

姫子「うん・・・ありがとう・・・」

いちご「気にしないで

    じゃあ私 体育館に戻るから」

姫子「またね・・・」


――――

マツコ「よく考えたら

    別に走って逃げなくても

    トラックにぶつければ良かったのね」ムシャムシャ

唯「やっぱり先生はすごいなぁ~」ペロペロ

マツコ「うふふちょっと考えれば分かることよ!」モシャッ ゲプゥッ

唯「うわっ!くっさ~い!」アハハハ レロレロ

マツコ「あらやだ」ブフゥー

唯「ウシシwwwwww」

姫子「ウシシwwwww」

唯「えっ?姫子ちゃんどうしたの・・・?」ビクゥッ

姫子「あれっ?違った・・・?」

マツコ「何がよ」ドンビキ

姫子「いや・・・・皆に合わせて振舞ってみたんだけど・・・」

唯「えぇ~あれが??

  頭がおかしい子みたいだったよ~?」ネー

マツコ「ええそうね」

姫子「えー」

唯「ところでムギちゃんは

  木に登って双眼鏡持って何をしてるの?」

姫子「あれっいつの間に」

マツコ「狩人なのよ」

唯「かっこいい!!」

マツコ「あの構え・・・プロね・・・」

姫子「そういえば狩人が

   唯を探してるって言ってたよ」

唯「えっ何で??」キョトン

姫子「それは聞いてないけど

   まだ唯に気づいてないみたいだし声かけてきたらどう?」

唯「ほへー

  でも木に登ってパンツ丸出しで双眼鏡覗いてる人に

  あんまり関わりたくないなぁ~」

姫子「あれさっきかっこいいって」

唯「それとこれとは別だよ!」

姫子「ええ別ね?」

唯「別々だよ!」

姫子「別々なんだ?」

唯「べつべつようつべ~♪」

姫子「それはユーチューブだってばっ♪」エイッ

唯「えっ、ど、どうしたの姫子ちゃん・・・?」ビクッ

マツコ「頭大丈夫なの?」ウワァ

姫子「あばばばばばばばばばばばばばばbwwwwwwwww」


唯「姫子ちゃんが壊れたよ」

マツコ「壊したのはあんたよ」

唯「ごめんね・・・

  じゃあ部室に戻ろっか!」ワハッ

マツコ「そうね」



紬「いけっ!そこだっ!もっと振りかぶって!」フンフンッ




【】生徒会室【】

和「唯ったらたまにすごくいやらしい下着穿いてるのよ

  知ってた?」カキカキ

風子「そうですねー、やっぱり上一が王道ですよね

   あ、そこ72番でお願いします」カキカキ

和「でも本人はそんな自覚ないのよ

  そこがまた興奮するわよね?」ペタペタ

風子「そうなんですかー、上条がヘタレ攻めなのが良いですね

   あ、ここベタお願いします」カキカキ


トントン

澪「失礼します」ガラッ

和「あら澪じゃない。どうしたの?」ヌリヌリ

風子「あ゛!バイヴの位置間違えてる!もうっ!」ガシガシ

澪「すまないな、仕事中だったか?」

和「いいのよ気にしないで。それで何かあったの?」ヌリヌリ

澪「いやちょっと唯を探してるんだけど

  知らないか?」

和「唯の下着なら知ってるわよ」ヌリヌリ

澪「そうか」

澪「唯どこ行ったんだよ・・・」ハァ

和「知りたい?」ヌリヌリ

澪「知ってるのか?」

和「濃い紫色よ」ヌリヌリ

澪「違うんだよ」

風子「ちょっと静かにしてよ!!!

   ああああ次のページも間違えてるううううっ!!

   枕の左なのにもう!!!!」バンバンッ

澪「て、手伝おうか・・・?」アセアセ

和「お願いするわ」ゴシゴシ



-けいおんぶ!-

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・



唯「ただいまぁ~」ガチャ

マツコ「はぁっ・・・階段・・・きついのよ・・・・!」ゼーゼー

唯「あれっ?皆いないよ?」キョロキョロ

マツコ「あら・・・ハァ・・・そう・・・

    それよりお茶淹れなさいよ・・・フヒィ・・・」ハーハー

唯「うわあああああああああああああああああ!!!??」

マツコ「ぴぃ!??

    な、何よ!!!びっくりするじゃない!!!」ビクゥッ

唯「りりりりりりりりrrrりっちゃああああああああ」ガタガタガタガタガタガタ

マツコ「!?ちょちょっとなんなのよこれ!!」アワワワワワ


そこには頭から血を流し倒れてる律の姿があった・・・------


律「Zzzzzzzz・・・・・」

周囲には抵抗したと見られる痕跡。

一体この部室で何があったのか、あの楽しかった日々はもう戻らないのだろうか・・・・


唯「あああああああああddっどどどどどどどうしよううううう

  りっちゃんがああああああ!!!!」ウワァァアアアアアア

マツコ「お、落ち着きなさいよ!!まずこのチキンを食べて・・・」ムシャムシャムシャ

唯「うん」

マツコ「お茶を飲んでと」コポポ ゴクゴクゴクゴク

唯「うん」


マツコ「そうねとりあえず

    死体を隠しましょう!」モグモグ

唯「そうだね!」

マツコ「この部屋に良い隠し場所ない?」

唯「どこがいいだろ~」

マツコ「あんた普段どこに死体隠すかも考えてないの!?

    何考えて生きてんのよ!!」バンッ

唯「そんな事考えた事ないよ~」ハゥ


マツコ「そこの扉は?」チラッ

唯「物置だね」

マツコ「うーん・・・ありきたりよね・・・すぐバレるわ・・・」

唯「トイレとか」

マツコ「いやいや」

唯「そういえば今日

  あずにゃんがトイレでハンカチ貸してくれたんだよ~

  だからあずにゃんのギターケースに隠そう!」

マツコ「中のギターはどうするのよ」

唯「トイレに」

マツコ「あんたは何なのよ」

唯「トイレ?」


マツコ「じゃあとりあえずバラバラにしましょう

    ノコギリとかない??」

唯「ん~物置にあるかなぁ~」キョロキョロ

マツコ「探してきてちょうだいよ」

唯「ほーい」タタタタタッ ガチャッ

マツコ「私がチキン食べ終わるまでに見つけなさいよ」ムシャムシャ

唯「ずるーい!」ガサゴソ

マツコ「もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ」ブッ=3

唯「ん~」ゴソゴソ

マツコ「もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ」ゴックン

唯「ん~♪ふんふふ~ん♪」ゴソゴソゴソゴソ

マツコ「じゅるるっるるるるるっごくごくごくごく」ング

唯「なかった♪」エヘヘッ

マツコ「楽しそうね」モグモグ

唯「なんかいけない事をしてるって考えると

  ゾクゾクして

  楽しくなってきたよ~♪」ワクワク

マツコ「んもう卑猥ねぇ!これだから女子高生は・・・」モグモグ

唯「他の部屋にないかな?」ワクワク

マツコ「探しにいきましょ」ゾクゾク

唯「らじゃっ!隊長!!」ビシッ

マツコ「そうねえ・・・部活でノコギリ使うとこなんてあるかしら・・・」モグモグ

唯「早く早く!」ワクワクハァハァ

マツコ「はいはい、美術室とかありそうよねぇ」モグモグ


9