ガチャァァァァァァァン!

バターン

梓「くっ!す、すみませんちょっと匿ってくださいっ!!」ドテッ ハァッハァッ

律「おう梓おかえりー!

  聞いたぜ!お前あたしの事嫌いなんだってな?!」ワハハハ

梓「はい!隠れさせてもらいますね!」

律「おう沢山隠れてくれ!」ホホイッ

澪「嗚呼・・・律が眩しい・・・」

紬「デコが?」

澪「デコも、だな」

紬「そうね」フフッ

梓「うーんこの部室で一番隠れ易い所は・・・

  あっ!澪先輩のスカートの中ですね!失礼します!」ススススッ

澪「おいこらちょっと待て!///」ババッ

紬「う んこ」

梓「すみません緊急事態なんで!

  失礼しますっ失礼します!!」ウヒョー

律「あたしのスカートの中もがら空きだぞ!」ホレッ

梓「黙れ」カァーペッ

澪「ああああ梓ああああやめろって!!///

  ちょ!顔を擦り付けるなああああ!!///」グイグイ

梓「ごめんなさいっ!クンカクンカ

  でも仕方ないんです仕方ないんです!!スーハスーハー」シマパンウホー

紬「良いと思うわ」

律「梓は甘えんぼさんだなー」ププッ

澪「お前ら止めろよ!!」ウガーッ

紬「澪ちゃんがゲロ吐けば止まるかもしれないわ」ネッ?

律「へームギは物知りだなー」ホヘー

澪「絶対吐かないからな!

  覚えてろよお前らっ!!」グイィィィ

梓「もっと完璧に隠れる為

  パンツに顔を突っ込んでいいですか!?仕方ないんです!!」フンッフンッ

澪「何が完璧だよ!!

  お前の作戦は最初から穴だらけなんだよ!!」

梓「にゃほおおおおwwwwww穴っ!!wwww穴っつった!!!!

  確かにここは穴が沢山ありますねwwwwトンネル工事に参加したいですwwwww」ヒッヒヒヒヒ

澪「最低だこいつ」

律「おーいムギのスカートもがら空きだぞー」ピラッ

紬「ちょ///ちょっとりっちゃん!///」キャァッ

梓「そんな発酵してそうなとこに誰が隠れるかバーカ」アッカンベー

紬「私シャドーボクシングの途中だったの~」オラアァァァァァァァァッ

梓「ぴぎぃっ!!」ボゴーン ドサッ

澪「はぁっ・・・あ、ありがとうなムギ・・・」ゼーハー

紬「いいのよ、しゅっしゅっ!」ヨッ トリャッ ホイッ


ドドドドドドドドドドドドドドド

ガチャッ!


純「あ!!いたよ憂!!!」ハァハァ

憂「やっぱり戻ってきてたんだね!早く縛ろっ!」フゥフゥ

純「そうだね!私が押さえてるから

  憂は縄で縛って頭にシート被せて!」ググッ

憂「わかったまかせてっ!」サッサッ

律「ああいう感じのやつよくニュースで見るよな」

澪「縄で縛られてはないけどな」

紬「なんだか犯罪者みたいね」

澪「犯罪者だよ、立派な」

律「それで梓は何でまた逃げてたんだ?」

憂「校長先生に謝りに行ったんですが」シバリシバリ

澪「うん?」

紬「結構な大事よね」

純「叱られてる最中に

  突然木刀で校長の頭をノックしだしたんです」グイッ

澪「梓の前世はファイターか何かなのか?」

紬「ファイター()笑wwwwwwwww」

律「ファイターさんチーッスwwwwwwww」

澪「くそっ!」

梓「んぐーっ!んぐー!」ジタバタ

純「ほら大人しくなよっ!!

  憂は頭持ってね、私は足を抱えるから!」ヨイショ

憂「了解だよ!」オラッ


紬「そういうプレイだと思えば

  いけなくもないわよね?」チラッ

澪「何がだよ」


律「あいつら楽しそうだなー!」ワハホー

紬「後輩部員が、別の複数の後輩達に寝取られる事に

  興奮を覚えるのよね?澪ちゃん」チララッ

澪「何で私に振るんだよ、

  お前は私を何だと思ってるんだ」

紬「ふふっ///」

澪「吐くぞ!!」イラッ

律「澪が開きなおったぞ

  本当は吐きたくて仕方ねーんだな!!このゲロビッチめ!

  てめぇ洗ってないゲロの臭いがするんだよクソが!!」ウワァ

澪「キミをみてるといつもハートDOKI☆DOKI

  揺れる思いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ」

律「いぎいいいいいいいい!!!!やめろおおおおおお!!」ガンッガンッ

紬「いつも頑張る君の横顔ずっと見てても気づかないよね

  夢の中なら二人の距離縮められるのになっ♪」

澪紬「あぁカミサマお願い二人だけのDREAM TIMEください☆

   お気にいりのうさちゃん抱いて今夜もおやすみ♪

   ふわふわ時間☆ふわふわ時間☆ふわふわ時間☆」

律「おげぇええええええ耳がっ耳がああああああああ!!」ガンガンガンガンガンッ

純「これが軽音部の練習風景・・・!」ヘー

憂「間近で見れてよかったね!

  律さんのデコドラムすごいなあ」キャッキャッ

澪「ふむ、唯の変わりにムギでも問題ないな」

紬「ええそうね

  でもこんな歌詞歌うの出来ればこれっきりにしたいな♪」ウフフ

澪「ふっ、言うようになったじゃないか」フフッ

律「あ・・・ガ・・・ぐぅ・・・」ビクッビクッ・・・

純「急いでるので私達はこれで・・・

  練習中にすみませんでした~」ペコ ヨイショッッ

憂「お邪魔しました~」ペコ ドッコイショ

梓「うう・・・」グッタリ

紬「またね~」

澪「梓早く更生しろよ」

憂「あ、さっきお姉ちゃんをトイレ付近で見かけたのですが

  今迷子になってると思います、それではっ」カチャンッ

澪「おい・・・」

紬「携帯置いてってるわね・・・」

澪「はぁ・・・私探してくるよ」テクテク

紬「澪ちゃん一人で?私も探すわ!」ダッ

澪「じゃあお願いしようかな・・・

  手分けした方が早いだろうし」

紬「こういう探偵みたいな事するのが夢だったの~♪

  後は誰かが死ねば完璧ね!」ソワソワ

澪「えっああ、うんありがとうな」フフッ

律「・・・・ア・・・ァ・・・・」ヒュー・・・



――――

信代「ねっねっ?マツコ先生はどんな子が好みなんですかぁ?///」ドキドキ

マツコ「男らしい男よ」

信代「わあっ///あ、あたしよく男らしいとか男前だって言われるんですよね~///」キャッ

マツコ「そう、よかったじゃない(何なのよこのメスゴリ・・・うっとおしいわ・・・)」イラッ 

信代「なんかぁ~信代今日いつもと違うくありませんかぁ?///」チラチラッ

マツコ「へえ、そうなの(んなの知らないわよ!あんたの事なんて見てないっての!)」イライラ

信代「ちょっとお洒落とかしてみちゃったりなんかして・・・・///

   実は下着も今日は気合はいってるんです・・・えへへ///み、見たいですかぁ?///」イヤンッ

マツコ「興味ないから結構よ(誰も聞いてないのよバカ!)」スタコラサッサ

信代「や~んまってぇ///きゃぁっ!信代おドジだからこけてパンツが見えちゃうかもぉ///

   いやあ~ん!///スッテンコロリン♪ガバァッ!」カモン!

菫「(わっ!あの人こんなとこでM字開脚してる・・・危ないなぁ・・・)」ジロジロ


マツコ「コンビニにLチキ買いにいくだけで何でついてくんのよ!」

信代「まってぇ~!

   あっ!信代このままだとトラックにぶつかっちゃうよぉ~///

   やだこわ~い誰か助けてぇ~!///」チラッチラッ  キキーッ ドゴーン

マツコ「知 る か 」

信代「きゃっ!いったーい!信代轢かれちゃったっ☆

   も~おドジさん///・・・あれっちょっ足抜けね

   オイゴラ運転手!はよトラックどけんかい!!」グェアアアアア 

マツコ「逃げよう」ドドドドドドドッ


マツコ「ひーひーっぶひっ、はぁっ・・・ちょっ・・・ちょっと!

    遠いのよコンビニ!!!あの生徒会長め!

    何が”学校出てどっか曲がればすぐありますよ”よ!!

    絶対2㎞ぐらいは歩いてるわよ!!あんのバカッメガネくそっ!!」ハーッハーッ

いちご「あ 独り言で文句を言ってる おっさんがいる

    こんなのを 先生と思われたくないし だから見て見ぬふり」

マツコ「聞こえてんのよ!」ゼーハッゼハッ

いちご「私は 聞こえない 関係ない」スタスタ

マツコ「あんた私のクラスの生徒よね!!? 

    ちょっとここら辺のコンビニに案内しなさいよ!」ダンダンッ

いちご「知りませ ん」

マツコ「でもあんたが持ってるのコンビニ袋じゃない!!」オラッ

いちご「 バレた」カサッ

マツコ「さっさと案内しなさいよ!!肉!肉なのよ!!」ガァァァァッ

いちご「よく 分かんないけど 私は部活の途中で

    買い出しを 10分以内に済ませて 戻らなきゃならないので

    案内している時間 ないです 」

マツコ「えっ?何あんた三年なのにパシられてんの?」ウワッ

いちご「いえ そういうルールがあったほうが

    雰囲気が出ると 思って 自分で決め ました」

マツコ「へえあらそうよく分からないわね

    あんた何の部活してんのよ?」

いちご「お前の 体系では 到底無理な 部活動」

マツコ「あ?」

いちご「コンビニは あそこで 

    ピンポンダッシュをしている子に

    案内してもらって」


マツコ「あらあの子」

唯「ヒヒヒッwww」ダダダダッ


いちご「どうせ横断歩道渡って すぐにコンビニ あるんで

    ちなみに 本日ホットスナック 20円引き

    それでは ばいばい」スタスタ

マツコ「まあありがとうね

    気をつけて戻りなさいよ若王子っ!!

    ああもう、ちょっとあの子どこに行く気なのよもう走るんじゃないわ!!」ダダダッ


いちご「・・・名前 覚えてくれてる 

    なんか 嬉しい・・・ 」

唯「ヒョーォwwwww」ダダダダダッ

マツコ「ちょっとバカ走るな!待ちなさいよっ!!」ドドドドドッ


唯「あれぇー??マツコ先生?」ホヘ

マツコ「はぁっはぁっ!!!

    あんた・・・フゥ・・・何・・・フゥ・・・やってんの・・・よ・・・」ハーハー

唯「だ、だいじょうぶ~?

  んっ?私何してるんだっけ?」キョロキョヨ

マツコ「知らないわよ!」ハァーハァー

唯「変なの~」アハハ

マツコ「何がおかしいのよ」

唯「先生は何してるのっ?」ウンタン♪

マツコ「コンビニに肉買いにいくのよ」

唯「ほうほう」ホワー

マツコ「あんた部活の途中じゃないの?」

唯「うん!」

マツコ「ここで何してんの?」

唯「戻れなくなったんだよ!」

マツコ「どこに?」

唯「ぶしつに!」フンス

マツコ「もしかして迷子になったとか?

    たかが部室に戻るだけで」

唯「そうだよぉ~」エヘヘ

マツコ「あんたバカだものね仕方ないわね」

唯「そういう時もあるよね~」アハハ

マツコ「そうなんだ、じゃああたしコンビニ行くから」

唯「わああああああああぁぁん!待ってよおおおお!!

  軽音部に戻りたいんだよ~!」ウワーン

マツコ「戻ればいいじゃないっ!ちょっとしがみつかないで!!

    ああもう鼻水付くじゃないこのっ!」グイグイ

唯「だって迷ったんだよお~!」ビエーン

マツコ「知らないわよそんなの!!あたしは肉が食べたいのよ!!」グイイィ

唯「先生は部室に戻らないの?

  顧問だよねぇ?」ハテ

マツコ「コンビニ行ったら戻るわよ」

唯「じゃあついてくよ!」フンス

マツコ「いやよ女連れて歩くなんて」

唯「じゃあ男になるよ!」

マツコ「は?」

唯「御町内のみなさーん!!私ちんちん付いてますよぉー!!

  だから男なんだぁ~!ほーれにょっきにょっき!」フーリフーリ

マツコ「ちょっおいこらやめろ!」

唯「ほれっほれっ!ちん☆ちん♪」アハハハハー

幼女「きゃぁ~///」

マツコ「やめなさい!やめてください!!もう分かったから!!

    ついてきていいから静かにしなさいよっ!!」ウワァァァァ

唯「うん!」ニョキッ

マツコ「その手をパンツに入れて動かすのもやめて」

唯「ほーい」


8