唯「さぁ、はじまりました、全日本牛脂大食い選手権!」

観客「ワーワー」

唯「実況は私平沢唯と!」

律「爽やか笑顔で幸せ運ぶ!みんなの解説田井中律でお送りしまぁす!」


唯「さぁ、出場選手出揃いました!」

観客「ザワザワ」

唯「ゼッケン1、秋山澪!」

観客「ワイワイ」

律「彼女は豊満なバストの持ち主!歩く牛脂と言っても過言ではありません!」

唯「これは期待できますねぇ!さぁお次はゼッケン2、琴吹紬!」

律「お嬢様だけに脂っこいものばっかり食べてるでしょうから、期待できそうですねぇ。

  フォアグラ、大トロ、牛ロース。脂っこい高級食材は枚挙に暇がありません!」

唯「そう、彼女はあの琴吹社長のご令嬢!そして何を隠そうこの大会の主催者なのです!」

観客「ウオオー」

唯「そしてお次がゼッケン3、我らがあずにゃんこと中野梓です!」

観客「ペロペロォオオ!!」

律「彼女はあの小柄な体でどのような戦いを見せてくれるのでしょうか?」

観客「ペロペロォオオ!!」

唯「すさまじい熱気ですね。さぁ続きましてゼッケン4、平沢憂!」

観客「ういぃいいい!!」

律「ご存知、平沢唯の実の妹ですね。あのむっちりにどれだけの潜在能力を秘めているのか?」

憂「おねぇちゃ~ん!」

唯「うい~!続きましてゼッケン5、敏腕生徒会長、真鍋和!」

観客「ワァアア」

律「彼女は全く未知数ですね。全校生徒を束ねる度胸とガッツに注目したいところです」

唯「その他ゼッケン6若王子いちご、ゼッケン7立花姫子、ゼッケン8中島信代がエントリーしています!

律「彼女たちの活躍も見逃せませんね!」

唯「さぁ、競技に入る前に、もう一度ルール説明です。エントリーされた選手の方々には

  日本が世界に誇るブランド、松坂牛の最上級牛脂をどれだけ胃に詰め込めるかを競っていただきます!」

律「しかしただの牛脂を食べさせるだけでは芸がない!」

唯「そこで和、洋、中それぞれの鉄人をお呼びして牛脂料理をつくっていただきました!

  各ラウンドごとに用意される牛脂と牛脂の味の競演!そちらもご期待下さい!」

律「1ラウンドごとに二名脱落、決勝ラウンドまで残るのは果たして誰なのか!」

唯「選手の準備が整ったところでスタートです!」


(ファンファーレ)


観客「ワーワーワー」

唯「さて第一ラウンドの料理・・・これはすき焼きですね!」

律「ただのすき焼きじゃありません!よくご覧下さい!」

唯「ああっ!これは!牛脂しか入っていない!牛脂すき焼きです!」


?「おごえぇぇええ!!」


唯「おおっと、早くも初えずきだぁ!不名誉なファーストえずきは誰のものだぁっ!?」

律「これは歩く牛脂、秋山澪ですね」

観客「ブーブー」

唯「大ブーイングが起こっています!食する前からえずくとは前代未聞!」

律「気持ちはわからないでもないですねぇ」

唯「説明し忘れておりましたが、各選手には1えずきごとに生の牛脂を1つ食していただきます!」

律「生とは手厳しい!これは大きなハンデを背負ってしまいましたねぇ!」

唯「さぁ、澪ちゃんが手元にある生の牛脂に手を伸ばしたぁ!」

律「くーえくーえ!」

観客「くーえくーえ!」

澪「ううっ・・・ごっくん」

観客「たべたぁあああ!!」

唯「むしろ無理矢理飲み込んだように見えましたが・・・」

律「大丈夫!窒息しないようにドクターがスタンバイしています!」


唯「さぁ、そうしている間にライバルがどんどん差をつける!

  現在ゼッケン2琴吹紬が3つでトップ!

  続いて平沢憂と真鍋和が2つで並んでいる!

  モブ勢はいちご、姫子が1つ。果たして信代は・・・?」

律「こ、これはなんと・・・!!」

唯「棄権です!ゼッケン8中島信代、棄権しました!これは意外!」

律「序盤からとんでもないことになりましたねぇ」

観客「ブーブーブーブー!」

唯「一番いけそう、いや、いかなきゃダメなはずのキャラがまさかの棄権です!」

  鈴木さ~ん!信代さんのコメントをきかせてくださ~い!」

純「はい、こちら会場の鈴木です。信代さん、今のお気持ちをお聞かせ下さい」

信代「ぐへへ、おら今ダイエット中なんだぶぅ!」

純「だそうです!放送席お返しします」

唯「会場が一気に冷え込みましたね・・・」

律「・・・」

唯「さぁ、気を取り直して・・・おや、これはどういうことだっ!?」


観客「うおぉぉおおお!!」

唯「澪です!ゼッケン1澪が牛脂5つで紬と並んでトップ!

  次点で和、そして・・・いちごが4つ!!

  その後に梓、憂、姫子が続きます!」

律「澪は秘策を編み出したようですね」

唯「どういうことでしょう?会場の鈴木さ~ん!」

純「はい!大変な展開になりました。澪さん噛まずに飲み込むという戦法で怒涛の追い上げを見せています!」  

律「飲み込む戦法は、一時的な追い上げにはなりますが後の負担が大きい。

  捨て身の戦法と言えるでしょう!」

唯「捨て身ですか!これはもう意地と意地とのぶつかり合いですね!絶対に負けられない、そして

  絶対にやりたくない戦いが、ここ、さいたまスーパーアリーナで繰り広げられております!


唯「さぁ、制限時間が刻々と迫っております!あと一分!

  ここからは横並びの梓、憂、姫子の戦いになります!脱落するのは果たして誰だ!?」

律「おっ憂がいきましたね、これで4つ目です」

唯「さぁここからはサドンデス!梓か姫子、先に牛脂を飲み込んだものが次のラウンドへと進みます!」

梓「や、やってやる・・・ごっくん」

唯「のんだぁ!中野梓、2ラウンド進出です!」

観客「うおぉおおお!!」






唯「一旦CMです」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2011/01/24(月) 23:09:28.54 ID:Rchicmb20


第一ラウンドを終えた選手たち、彼らの前に立ちはだかる第二の関門は・・中華!

クコの実とともにガラスの器を泳ぐ四角くて白い奴。

杏仁豆腐かと思われたそれは牛脂だったのだ!

次回「牛脂のち牛脂」 どうぞおためしあれっ☆



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/24(月) 23:10:02.24 ID:2IG7sub90

これ書いた人?
唯「信代ちゃんのディープキスにどれだけ耐えられるか選手権」
http://logsoku.com/thread/yuzuru.2ch.net/news4vip/1288099763/



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/24(月) 23:13:51.71 ID:Rchicmb20

>>39 
違います><
書いてからそれ思い出しました
皆さんが牛脂をたくさん召し上がる時は事前にソルマックを飲みましょう!
それではおやすみなさい



2