憂「222時間が経過しました。残りるはお姉ちゃんこと平沢唯、ファンクラブまで作られているスーパーアイドルこと秋山澪の二人です。

  二人のデッドヒートが始まりましたねー」 
   
純「ところで、先程澪先輩が要求した、サバイバルナイフとタコ糸とライターが気になるね。」


憂「まさか、お姉ちゃんを殺すきじゃないでしょうか?それは許せません」

純「唯先輩は、異議を唱えない!そして唯先輩の支給品は……覚せい剤をやめた、今更無水カフェイン錠だぁー!」

憂「お姉ちゃんのバカ!そんなのもう無意味に決まっている!

  覚せい剤は退薬症状が、ヘロインほどひどくないから、6時間間隔で支給されたら、死ぬまで生きていられるのに!」 
   
純「憂、混乱しているよ。正確には、脳が疲労で出血を起こしてしまうまでね。そこまで眠らずに行くには、どのみち薬物が必要だから、打ち続ければ唯先輩は生き残れるのに。

 きっと、自分のせいで律先輩を殺したって責めているんだろうね。」 
 
憂「お姉ちゃん……」




純「224時間が経過しました。先程から、地獄のような光景が続いております。

  まず澪先輩が、自分の足の指を1時間に一本ずつ支給されたサバイバルナイフで切り落としていきます。 
   
  痛みと、興奮で、澪先輩は眠りに落ちるのを防ぐつもりでしょう。 

  いやあ、攻撃用じゃなくてよかったですね。」 
   
憂「澪先輩は自分で自分の首をしめていますね。まあ、タコ糸で縛って、ライターで断面を焼き潰して出血を抑えているのは、すごい精神力だけど。

  それよりお姉ちゃん!」 
   
純「唯先輩は、退薬症状で大変な事になっていますよ。今更無水カフェイン錠じゃ焼け石に水なのに。



純「澪先輩も最終段階で、唯先輩も最終段階に移行したね。

  これを受け、これまで実況・解説を担当した真鍋和先輩は、実験施設のある現地入りを目指し、スタジオを先ほど出発しました。 
  また、ロシア国境警備隊との交戦状態を経て、自衛隊はウラジオストクとユジノサハリンスクを爆撃、ロシア軍極東戦力の一部を無力化したと発表しました。 
   
  しかし、アメリカ軍の東京空爆を受け、自衛隊の青年将校がクーデターを敢行、民放6社とNHK本社、並びに総理官邸、国会議事堂、最高裁判所を占拠、国連軍との和平を模索しております。 
   
  皇族の一部も、この動きを支持しており、各地で反政府運動が拡大しております。 
   
  三権の長、政府高官、軍高官は東京を脱出、用意していた長野県の松本市に首都機能を移管すると発表しました。 
   
  まあ、頑張ってください。」 
   

純「ところで先程から、澪先輩は、私達を舐めるな、私達を舐めるな、けいおん部を舐めるな、と繰り返し発現しております。」

憂「お姉ちゃんは、床を赤ちゃんのように這って、どこかへ向かっています。何をする気だ、お姉ちゃん!」

純「もうすぐ……終りですねぇ。」

憂「……純ちゃん、ごめん。」

純「いいよ、憂。行ってきな。」

憂「あとよろしくね。」



純「平沢憂はスタジオを脱出したので、私、鈴木純が一人で実況と解説を担当させていただきます。

  え?役不足?力不足?どっちでもいいでしょ。 
   
  まあ、最初はモブだった私が、このポジションまでのし上がるにはいろいろな苦労があったわけで…… 
   
  ああ、テレビをご覧の皆様。銃声が時折聞こえてきます。スタジオが連合軍にばれました。 
   
  実験開始から、247時間、実に10日と7時間。民間人世界にあと7時間とせまる大健闘です。真に残念ながら、あと少しで放送は終了させていただきます。 
   
  なごり惜しいですが、長きに渡るご視聴、ありがとうございました。野球中継じゃないんだから延長はないよ! 
   
  実験施設も、所在がバレて、爆撃されていますが、あと10時間は防衛できます。それまで2人が生きていれば、まさかの大逆転! 
   
  提供は、日本国政府、アメリカ合衆国政府、並びにご覧のスポンサーの提供でお送りしました。え、言っちゃいけなかった?え、ちょっと今のなしなし!! 
   
  やっほー。今スタジオに突入してきたのは国連軍の兵士……」 
   


  パンパン 





キャスター
「臨時速報です。今世紀最大の非人道的実験の唯一の生存者、
平沢唯さんが無事、熊本県の山中で発見・保護されてから3日たった今日、医師を通じて唯さんの容態が発表されました。
経過は極めて良好で、現在栄養剤の点滴を受けているとのことです。

ショックで曖昧だった記憶も徐々に回復してきているようで、しきりに涙を流し、犠牲になった友人たちの名前を呟いています。
また、インターネット動画サイト『You Tube』を通じて元気な姿を見せた平沢唯さんは、近く記者会見を開き、実験の経過を説明すると共に、国連機関の取り調べを受けるそうです。

現在でも国連軍による実験施設の捜索が行われています。3ヶ所のダミー施設を発見しましたが、いずれも同様の実験が行われた形跡がなく、
逮捕された山中さわこ容疑者も、自身はここで実験が行われていると信じて疑っていなかったと供述しております。
また、事件の首謀者、真鍋和容疑者と平沢憂容疑者にも懸賞金がかけられており……鈴木純容疑者が暴露した、今実験への合衆国の関与について、
大統領は未明、一部の米兵に下りていた首謀者3名への即時射殺命令を認めました。
大統領への追求が必死になることは明白で、連邦捜査局は背任罪で追求する構えを見せています

では次のニュースです。」





和「おめでとう、あなたが生き残ったのね。

  私が到着するまで、250時間と26分。よく耐えたわ、おめでとう。 
   
  残念ながら、現在私が掌握している政府機能じゃ、到底当初ほどの願いは叶えられないけど 
   
  何を望むの?」 
   
「……律ちゃんを……あずにゃんを……ムギちゃんを生き返らせて!澪ちゃんを返して!みんなを返して!」

和「ごめんなさい。それは無理。私はシェンロンじゃないもん。」

「約束を破るなんて最低の人間がやることだよ」

和「ええ。……ところで死体が一個足りないんだけど?えっと、首がないから誰がいないんだかわからないわ。」

「……死んで罪を償って!」

和「まさか私が?いやよ。もっと別のお願いにしなさい。」

「……ならもう望むものは何も無いよ。」

和「え……それは、澪が指を切り落としたサバイバルナイフ……」

「死んで償え」


パァン


「…あ…けん銃……撃った…私のお腹……血が…」

和「そりゃ悪手だよ、唯。私が死んだら、世界はどうなるのさ?」


パンパン


「私はお前を許さないよ、和ちゃん……」

和「無様ね、唯。さて、とっととこの国から……」


澪「動いたら殺す」


和「なんか臭いと思ったら、澪。」

澪「最低だ。約束を守らないなんて。みんな必死に耐えた。唯は一番苦しんだ。

  謝れ!唯に謝れ!土下座しろ!腹を切れ!律に謝れ!梓に謝れ!ムギに謝れ!」ハァハァ 
   
和「それであなたの気が済むならそうするわ。」ビリ

和「あ……それはスタンガン……そうか……私をここに閉じ込めるために……」がくん






和(暗い……電源が落とされたのね。腐った肉の匂いがする。ここは、まだ実験棟の中。

  携帯電話、携帯電話っと。おっ。首無死体が3つ。それに私が撃ち殺した唯の死体が目の前にある。 
   
  唯の血が流れてきて暖かい。 
   
  何も怖いことはない。これからゆっくり、私も死のう。 
   
  憂、あなたは唯になれたかしら?澪。あなたもこれから死ぬのよ) 




澪「なんだ、ここ……」

施設の中には誰もいませんでした。大きな実験棟の隣に、小さな部屋がありました。そこにはテレビ局のスタジオと思われる機材がぞんざいに置かれていただけです。
その隣に倉庫。外国の薬品や、食料が置かれています。レトルトカレーもありました。

施設の外に澪は飛び出しました。

巨大な滑走路の他には、何も無い、ここはアメリカの砂漠でした。

澪の涙が、砂漠の砂にこぼれても、どれだけ涙で砂を濡らしても、砂漠が潤うことはありませんでした。




おわり




読み返すと、あずにゃんの死がピーク(つーかそれが限界)
オチはミスった
純の死で放送終了と同時に打ち切ればよかったその予定だった。というか俺のSSがこんなに伸びるなんて事ないから調子乗った
セックスがしたいね、和ちゃんと
そんな感じの作品でした
読んでくれてありがとう!