唯「あるちゅ!」




唯「安物のジンを冷凍庫で冷やしたものに、安物のグレープフルーツジュースを混ぜて飲む」

唯「これがたまらない」

唯「確かにレモンはオーソドックスだね」

唯「だがそこでグレープフルーツジュース
  これが庶民感を加速させる」

唯「キンキンに冷えたジンと、ぬるいジュースのハーモニー」

唯「うまいよ」ゴクゴク

唯「うまい…よ……」

唯「……zzZZ」




?「…ちゃん」

?「お姉ちゃん、起きて」


唯「ん、うい?」





                 __/M二 ̄\
                /        \\
              /  /| ∧|\   \\
              |  /へ   へ \  |  |
              | /  ●  ●  |  /人(
               "  \___/ /,,/       働かざる者インフェルノだよ!
               \    \/   /
        ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ     /i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、 ̄ ̄,,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人 ★      ,,l、    ★  ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/
    ヽ、`i  `i、     l   `i     /  ,l    /-,=、ヽv
′   ヽ ヽ、 'i,     人  ヽ    /   ノヽ   ノ''"Y,..ト-、
      `i、,,..=,i、   / ヽ、       /=ィ''i'i''j"  .`=(i-/、
       ヽ ,f`i-、   /   ヽ      /.`ー=''''"t.___  (,,ノ=、
       r-l =f,,ノゝ-''`=''フ  i、:' " ゛ ` ,i' :.    .l、  `ー=''=t_,i




唯「ぎゃあああああ」ガバッ

憂「あ、おはよう、お姉ちゃん。うなされてたけど大丈夫?」

唯「夢か。うん、だいじょぶ」

憂「それよりお姉ちゃん。またお酒飲んだでしょう?」

唯「うん」

憂「駄目だよ。未成年なのにお酒飲んじゃあ」

唯「憂。私はね、お酒がおいしくて飲んでるわけじゃないんだよ?」

唯「お酒が入って酔った時の高揚感やふらふら感
  それを楽しむために飲んでいるんだよ」

憂「それでもお酒は駄目だよ」

憂「それに今だって幻覚見てたんでしょ?
  アル中寸前だよ。まさに」

唯「でもね、この感覚は、高揚感は
  音楽をやる上で、とっても大事なものだと思うんだ
  言うなればテンション」

憂「それだったら、私にも良い考えがあるよ」

唯「なになに」

憂「それじゃあ明日、一緒に実行しよう?お姉ちゃん」

唯「うんういー」




唯「おはよういー」

憂「おはよう、お姉ちゃん。出かける準備出来てるよ」

唯「さすが憂。それじゃあ出発だー!」

憂「うん!」




そして、二人はへとへとになるまで楽しんだ!


唯「あ~、疲れたよー」

憂「そうだね、バスで帰ろうか?」

唯「うん。あ、バスちょうど来てるよ。早く乗んなきゃ!」

憂「うん!」



憂「やっと座れたね」

唯「うん、それにしても今日はいろいろあったなあ~」

憂「そうだねー」





 眼鏡をかけてふらふらー
                       献血で血を抜いてふらふら~

        お姉ちゃんの血は渡さない!
    十
     回                    徹夜明けのフラフラ
 お    まわって
 風       真っ直ぐ
 呂           歩く           フラダンスは違うよお姉ちゃん… 
 で
 の                       
 ぼ            最後の曲はふらふら時間だよーーー!いえーーい
 せ                       
 て
          『いろいろあったよ…』           『うん』
           ______            __/M二 ̄\:::::::::
          /        ::::::::ナ::::::       /      ::::::::\\::::::::
        / /X/|  |\  ::::::\::::::::     /  /| ∧|\ :::::::\\::::::
        | | /へ \|へ \ ::::|::::|::::::::    |  /へ   へ \::::::::| ::::|::::::::::
        | |/  ○  ○  | ::::/::::|::::::::   | /  〇  〇  | ::::/人(::::::::
        | "  \___/  /,,/:::::::\::::   "  \___/ /,,/::::::::::::
        | \    \/   | 、/V/ ̄::::::::  \    \/   /::::::::::
        /,,― -ー  、 , -‐ 、::::::::::::::::::::  /,,― -ー  、 , -‐ 、:::::::::::::
        (   , -‐ '"    :::: )::::::::::::    (   , -‐ '"    :::: ):::::::
         `;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::::::     `;ー" ` ー-ー -ー'::::::::::::
          l          ::::l::::::::::::       l          ::::l::::::::
          l          ::::l::::::::::::::      l          ::::l::::::::::::





唯「いろんなふらふらが味わえたよ
  ありがと。うい」

憂「えへへ、どういたしまして」

その時だった


「キャアアアアアア!!」


唯憂「!?」


?「おめえら静かにしやがれい!!」


バスジャックだ!

犯人「このバスはおれが乗っ取った!抵抗するヤツは容赦せん!」

唯「ひいいいいい」

憂「こわいよおおお」

犯人「ん?そこの可愛いお嬢ちゃん。人質になってもらうぜ」

唯憂「!!」

グイッ

犯人は憂を人質にしたのだ

憂「やだっ!うわあああん、おねえちゃーーーん!」

唯「う゛いーーーー!」

犯人「よし、今から10秒数える」

犯人「0になったらこの子の乳を揉むので良く見ておけ」

犯人「じゅうーーう、きゅうーーう」

唯「このままじゃあ憂が…
  いったいどうすればいいの」

バスは大きなカーブに差し掛かり、車体が大きく揺れた
その時だった

唯「これは、この感覚は…」



唯「まてい!」

犯人「!?」

唯「己が本能にのみ従い、省みることのない者
  狂人ですらない、その異常性
  人それを、獣と言う」

犯人「なんだお前は」

唯「憂を離せ!」

犯人「子どもだからといい気になりおって。許さん」


手に持ったナイフが唯に振りかざされたが…
避けた!

この唯の動きの正体。それは

日中、献血したり眼鏡かけたり長湯したり徹夜したり
唯の身体は完全にフラフラ状態だった
それに加えて、先ほどのカーブのバス酔い

そう、酔拳だ


唯「うんたんたんたんたんたんたんたん!!」ドガガガガガ


唯から放たれる素早い攻撃は
普段のギターで鍛えられた指先ならでは


犯人「おわああああ!」

憂「やった!おねえちゃん!」




~次の日~

憂「ほら、お姉ちゃん。新聞見て」

唯「あ、昨日の事件だね」

憂「あの犯人の人、お酒に酔ってあんなことしたんだって」

憂「普段は真面目な良い人らしいよ」

唯「へえ」

唯「おいしいお酒も節度を守らないとこうなっちゃうんだね」

憂「お酒はお薬やお料理にも使えるのに
  どんな物も、使い方によって、いい事にも悪いことにも繋がっちゃう」

唯「うん」

唯「よし、私お酒やめるよ!
  ハタチになったら一緒に飲もうね。憂!」

憂「うん!おねえちゃん大好き!」

fin