唯「いいもん、澪ちゃんかムギちゃんに説明してもらうから」

がちゃっ

紬「こんにちはぁ」

唯「ムギちゃん!待ってたよぉ」

紬「あら、どうしたの?」



紬「なるほど、りっちゃんと梓ちゃんは生理がきつくて帰っちゃのね」

唯「うん」

紬「でも、今まではこんなことなかったのに……」

唯「だよねぇ、生理って大変なんだねぇ」

紬「……え?」

紬「唯ちゃん……もしかしてまだ生理きてないの?」

唯「えへへ、実は生理というのがどんなものか、今日りっちゃんに聞くまで知らなかったんだよ」

紬「あらあら」

唯「それとね、生理と赤ちゃんが関係あるってことも!」

紬「……赤ちゃん?」

唯「りっちゃんが言ってたよ、赤ちゃんが産める身体とかなんとか」

紬「……さすがに冗談よね?」

唯「冗談じゃないよ!たしかにりっちゃんが言ってたもん」

紬(そっちじゃないわよ……)


紬「えっとね、唯ちゃん?赤ちゃんはどうやってできるか……知ってる?」

唯「それくらい知ってるよ、憂に教えてもらったもん」

紬(情報源が憂ちゃんの時点で不安が……)

唯「赤ちゃんはね、愛し合う二人のもとへ、コウノトリさんがキャベツ太郎を運んできて、それを食べると妊娠するんだよ」

紬(なんか色々混ざってる……)

唯「そんでもって、お腹を引き裂いて赤ちゃんが出てくるんだよね♪」

紬「なにそれこわい!」

唯「え?」

紬「それ全然違う!!」


唯「違うの?じゃあちゃんと説明してよ」

紬「そ、それは……その」もじもじ

唯「……なんだ、ムギちゃんも知らばないんだ」ぷっ

紬「し、知ってます!」

唯「なら早く教えてよ」

紬「だ、だから、お、男の人と、その……同衾するんです」

唯「どうきんって?」

紬「い、一緒に寝ることです」

唯「それと赤ちゃんと生理とどう関係があるの?余計わかんなくなっちゃった」

紬「え、ええと……」

紬「……」ぐすっ

唯「あれ?なんで泣いてるの?ねえねえ、私の質問に答えてよ、ムギちゃん」

紬「な、なんでそんな意地悪言うの……」ぽろぽろ

唯「べつに意地悪なんて……」

紬「本当は私をからかってるだけなんでしょ!唯ちゃんのバカ!もう知らない!」

ばたん



唯「あー、ムギちゃん……」



唯「もう残るは……」

がちゃっ

澪「遅くなってごめん」

唯「……」

澪「あれ?唯だけ?」

唯「み、澪ちゅあわぁあああああん!!!」

澪「な、なんだよ唯、抱きつくなよ!」

唯「澪ちゃんに教えて欲しいことがあるんだよぉ」

澪「な、なんだよ」

唯「生理と赤ちゃんと男の人と一緒に寝ることの関係!」

澪「はあ?」

唯「お願い!」

澪「ど、どうなってんだ」


澪「じゃあ本当にそういう知識がないわけ?」

唯「うん……変かな……」

澪「そうだな……知らないといろいろやばいかもな」

唯「や、やっぱり……」うるうる

唯「澪ちゃん……教えて?」きらきら

澪「う……」


澪「……律はいないし……まあいいか」

唯「?」

澪「教えてもいいけど、このことは唯と私の間だけの秘密だ、私が喋ったってこと誰にも言うなよ」

唯「え?……うん……」

澪「よし。えっとな、まず赤ちゃんはコウノトリとかキャベツ太郎とか一切関係ないんだぞ」

唯「そ、そうなんだ」

澪「ああ、男性器を女性器に挿入して、精子を出して……」

唯「え?え?」

澪「ああ、ごめん、男性器って言うのはな……」

唯「あわわわわ……」

澪「でな、おちんちんをしごくと、大きくなるんだ」

唯「……」

澪「舐めてあげるとみんな気持ち良さそうな顔して結構可愛いんだ、これが」

唯「……」

澪「で、私たちの股にある割れ目に大きくなったおちんちんを入れるんだ。最初は痛いけどな」

唯「……」

澪「で、男はおちんちんから精液っていう白い液体を出すんだけど、これが赤ちゃんの素なんだ」

唯「……」

澪「生理っていうのは、まあその赤ちゃんの素を受け取って、お腹の中で育てられるようになったっていう証みたいなものなんだよ」

唯「……」

澪「それに生理の周期は妊娠を知るサインにもなるからな、一度私も焦ったことが……」

唯「……」

澪「だから避妊はしっかりとだな……」

唯「……」



唯「ち、違う……」

澪「なにが?」

唯「こんなの、私の知ってる澪ちゃんじゃない!」

澪「な、なに言ってるんだ」

唯「いつもの澪ちゃんだったら、顔真っ赤にして慌てるはずだもん!」

澪「そんなの決め付けだろ!」

澪「それに恥ずかしがり屋は律のためのキャラ作りだし」

唯「ど、どういうこと?」

澪「恥ずかしがり屋、怖いものや痛いことが嫌いってキャラしてれば、律も私と接しやすいじゃないか」

唯「??」

澪「律って自分がいないと私がひとりぼっちになるって思ってるみたいだけど、実際は逆なんだよね」

澪「私のことフォローしたり、からかったりしないと、まともに接することも出来ないんだよ律は」

唯「……」

澪「だから、あんまり気持ち悪い目で私を見ないでよ。ただの演技だから。それも友だちのための」

唯「……うう」

唯「うわああああん!!!」

ばたん



澪「あ、このことは秘密だからな!唯だから話したんだぞ!」




帰宅後

唯「ひどいよひどいよ!」

唯「私はただ、性に関する知識がないおばかな子に対して、みんながどんな風に恥じらいを感じながら説明するかを見たかっただけなのに!!」

唯「そのために憂が私の性知識を統制してるみたいな苦しい言い訳だってしたのに!!」

唯「うわああああん!!!」



憂「ふうん、そうなんだ」

唯「げっ、憂……」

憂「梓ちゃんたちが私のこと時々変な目で見るからおかしいなと思ってたんだ」

憂「そっか、常日頃からそういう情報操作をしてたんだね」

唯「ちがうよっ、憂がいつも私のことかわいいとか言ったり、世話を焼いたりしてるから……」

憂「……」

唯「……ういー、あいすー」

憂「おしおきだね」

唯「いやだぁあああ!!!」




おわり