澪「どうしよう、ステージで緊張してトイレ行きたくなったら・・・」

唯「大丈夫だよ、オマル置いておけば」

律「いやいやいや、流石に出来ないだろ」

ムギ「オムツすれば良いんじゃないでしょうか」

梓「音どうするんですか」

澪「お前ら私は真剣に悩んでるんだぞ!」

律「だって過敏性大腸炎ってなんだよ?聞いた事ないぞ」

唯「ミオちゃんの腸~いつも流動ウリウリ~♪」

梓「たしかに聞いたことありませんね」

唯「いつもトイレがあったまーにうーかんでる♪」

紬「それって過敏性腸症候群ってやつかしら?」

澪「ああそう言われたかも……」

唯「じゅーぎょう中でもー登校中でもー」

唯「ウネウネ~うなーあってーるぅぅうううう♪」

澪「唯は変な歌うたうな」ゴツン


紬「イリボーって言う特効薬があるのよ」

澪「なんだムギずいぶんと詳しいな」

紬「実は私もなのよ」

唯「ムギちゃーんもかびんーせいちょうしょーこーうぐん」

律「だからなんなんだよ過敏性腸症候群って」

梓「どういう病気なんですか?」

唯「そうだーねーみんなつらーいね」

紬「簡単に説明するとね」

紬「ストレスを感じると腸が過敏に反応してお腹をくだしたり、便秘になったりするの」

澪「ああ、ホント最近朝起きるたびに腹がいたくなるよ」

唯「そういーうわたしーも過敏ー性!腸しょーこー群」

唯「過敏!過敏!過敏ー!腸!腸!腸ー!症!症!候群」ジャジャンジャジャンジャーン

澪「唯もか……」

律・梓「なにこの疎外感……」


紬「とにかくイリボーよ、イリボーさえあれば楽になるわ」

唯「そうだよ澪ちゃん!イリボー飲めば大分楽だよ!」

澪「あぁイリボーな、今度医者行ったときに聞いてみるよ」

律「いいなー私も過敏性腸症候群になりたいー」

紬・唯・澪「……」ギロ

律「ヒッ!!」

紬「(りっちゃんは何もわかってないわ)」

澪「(この辛さを)」

唯「(アイス食べたいなー)」

梓「……(律先輩明らかに地雷踏みましたね)」




翌日

澪「うぅー今日もお腹が痛い」グルグル

澪「今日は病院にも行くし学校休もう……」



病院

医者「2週間以上腹痛が続く、朝食べた直後に腹痛になる」

医者「下痢と便秘が定期的に続く」

医者「こないだ出した薬は効かなかったんだね?」

澪「はい……あの過敏性腸症候群に聞くイリボーって薬があるって聞いたんですけど」

医者「そうだね、じゃあイリボーを出しときましょう」

澪「(イリボー……これさえあれば……)」



部室

梓「今日は澪先輩来てないんですか?」

律「ああなんかお腹痛い、学校休むっていってな」

紬「病院行ってるんじゃないかしら?」

唯「イリボー最強」

律「なあムギ?過敏性腸症候群ってそんなに辛いのか?」

紬「辛いってもんじゃないわ」



~紬の場合~

5年前、紬は突如授業中に腹痛に襲われた

まだ小学生だった紬は授業中にトイレに行くという行為に若干引け目を感じていた

紬「(お腹いたいよぉ~でもここでトイレに行くのは恥ずかしいし、
   それにこの先生無断で出て言ったら問答無用で怒るし)」

しばらく我慢すると腹痛の波は収まった。しかし10分後今度は先ほどよりも大きな波が襲いかかる

紬「(ぐぅー痛い痛い助けて)」ゾクゾク

見る見る内に紬の顔は青ざめる

紬「(仕方ないわ、もうトイレに)」ダラダラ

紬「先生!?」ダラダラ

先生「なんだ琴吹?」

紬「あ、あのトイレ行ってもいいですか?」

先生「あーあと5分で授業終わるから、がまんしててくれ」

紬「へっ?(無理無理漏れる漏れる)」アセアセ

結局その後どうしてもトイレに行きたいといいだせず紬は妙に長い5分間を味わった。

~~~~~~~



律「なんだかそれ大変だな……」

紬「小さい時はこんなの大人になれば治るって言われたけど結局まだ治らないのよね」

紬「こんなもんじゃないわ」



~~~紬の場合2

中学に上がった紬は家から電車やバスを使って学校まで行っていた

紬「今朝はお腹の調子よさそうね……」

紬「ゴクゴク、やっぱり牛乳はおいしいわぁ」

紬「いってきまーす」



電車内

紬「(うぅう~今朝牛乳のまなければよかったわ)」ギュルルル

紬「(ここって次の駅まで区間長いのよね……)」ギュルルル

紬「(早く早く)」ギュルルル

紬「(早く次の駅についてー)」ギュルルルルー

まもなくー〇〇ー〇〇に止まります

紬「はぁ……はぁ……」

ピンポーン、ピンポーン

紬「やっとついたわ」バッタッタッタ



律「今まで大変だったんだな」

紬「あとお腹がよくなるためのおまじないなんてのもあるのよ」

紬「こーやってお腹に手を当てて、のの字を書くようにぐるりぐるりと」グルグル

紬「まぁ気休めなんだけどね」

律「紬……ごめんな昨日はあんなこと言って」

紬「ううんいいのよ、やっぱり過敏性腸症候群なんてまだまだ全然知られてない病気だからね」

紬「おととしまでは大変だったわぁーイリボーって新薬なんだけど」

紬「イリボーが認可されたのがおととしの秋頃でそれまでは特に効く薬はなかったからねぇ」

紬「ずっと整腸剤とナルヒトンやらガスロンやらで頑張ってきたわ」


※イリボーは現在男性にだけ認可されているらしく、女性は服用出来ないみたいです
 ただ現在女性にも使えるかどうか検討中だとか……



2