憂(なんで・・・昨日はあったのに)

和「とつげきー」

紬「おー」

憂(なくなってる・・・・)

澪「憂ちゃんどうしたの」

憂「毛が…毛が……」

澪「毛ガニ?」


ガラッ


澪「憂ちゃん毛ガニ好きなんだってよー!」

和「そうだったの?じゃあ夕食に出たら私の分あげようかしら」

紬「憂ちゃん毛ガニ好きだったのね、私のもあげるわ」


バタンッ


憂「はっ(服を着なきゃ)」サササッ

澪「?早く行こうよ」

憂「じ、じつは急にお腹が痛くなっちゃって、あはは、、後で一人でゆっくり入ることにしますね」

澪「腹痛にも効くって書いてあるぞ」

憂(こ、この万能温泉め)

澪「まあまあ、一人で入ってもつまらないだろ」

澪「背中流してあげるから、行こ」グイッ

憂「あやややややややや」

澪「脱いだ脱いだ」ポーイ

憂「あぁっ(タオルタオル…!)」サッ

澪「どうせお風呂入るんだからさ、タオルなんて取ってしまえ」グイッ


憂「いいです大丈夫ですっ」


澪「なんだ見られて困るものでもあるのか?」グイグイ


憂「や、やめて下さい澪さん…」


澪「大丈夫、大丈夫だからとりあえずタオルは取ろう?ね!!」


憂「やぁん!」


澪「はあはあ(なんだか興奮してきだぞ!)」


カコーン

カーーーーーッぺ


シャワー「しゃわしゃわ」

和「のどカーーーーーーーッぺ」

和「ふう」


ドタドタ どたどた


和「?」



澪「痛くないからっ!優しくするから一回だけ!」

憂「やめてぇな!やめてぇな!」



ガラッ

和「やめなさい澪!!」


憂「和はーん」タタタッ

澪「あれっ私は一体何を」




和「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」

憂「い、いつの間にかなくなってたんです・・・」

和「なくなったって」

澪「抜け落ちるなんてことはないし」

和「どうやったかは知らないけど、犯人一人しか思いつかないんだけど」

澪「あの黄色いヘアピンしてる奴、平沢ゆ何とか」

和「ゆき、ゆか、ゆう・・・ゆうじゃない?平沢ゆう」

澪「少し違うなもっと弓っぽい響きだったような」

和「ゆみ、ゆみ、ゆみ・・・・・」

憂「あの、唯です」

和澪「それだっ!」

憂「でもお姉ちゃんがそんなこと」

澪「いや、あいつならやりかねない」

和「うちのこたつの脚折ったし」

紬「そうだとしたらどうしてその…憂ちゃんのごにょごにょを」

和「きっと悔しかったのよ旅行にこれなかったのが」

和「その腹いせね」

澪「腹いせで妹のごにょごにょに悪戯するなよ…」

和「憂もそんなに気にしなくて大丈夫よ」

和「そのうち自然に生えてくるだろうし」

憂「そう願います」

和「にしても唯はほんとにしょうがないわね」

和「何かお土産でも買っていってあげましょ」

澪「悪戯するだけかわいいってもんだ」

憂「律さんと梓ちゃんの分もですね」

澪「さわ子先生はどうする」

和「温泉饅頭とかでいいんじゃない」

澪「ババくさいって言われそうだな」


紬「へっくし」プシッ

澪「ムギ風邪か?」

紬「ううん、ちょっと寒くなってきただけ」

和「あ」

澪「そういえば私たち裸だったな」


・・・・・


和澪紬憂「寒ーーい!!」

---第26話:純「最近目が潤む」



カコーン


澪「生き返るー」

紬「あたたかーい」

憂「気持ちいいです」


シャワー「しゃわしゃわ」

和「やっぱり温泉は違うわね」

シャワー「しゃわしゃわ」

澪「和」

和「なに」

澪「お風呂入らないのか」

和「実は私、潔癖症なのよね」

澪「というと」

和「人の入ったお湯とか無理」

澪「ええ!?」

和「だって赤の他人が入ってるのよ、絶対へんな体液浮いてるし」

和「知らん顔しておしっこする人もいるらしいじゃない」

澪「ムギや憂ちゃんのだとしたら」

和「なるほど」ジャボン


和「!?」

紬「澪ちゃんっ」

澪「ごめんごめん」


和「くあぁっ!!!!!!!!!」

和(何これ超気持ちいいんですけど)


和(温泉ってこんなに温かいものなの?ぬくい、ぬくいわ!
特別なお湯だから?いやそれだけじゃないわ
木製の浴槽から漏出される微かながらも芳しい檜の香り、
目前には緑樹満載の美麗たる山々、
樹林同士が掠り奏でる快音と小鳥のclear singing voiceによるコーラス、
極めつけのこの詳しいことは知らないけど身体を内部からじんわり温めてくれる秘湯

嗅覚、視覚、聴覚、肌身から込み入る統べての感性が私の身内を駆け巡り侵食してゆく
これが温泉…この凄艶なるユートピアを私は・・・

否、そんなことは全て過去の戯言
今日から私は温泉大好き和ちゃんよ!!
わーいわーい温泉ルールルー)ジョロロロロロロロ

紬「和ちゃん温泉気に入ったみたい」

憂「よかったね和ちゃん!」

---第27話:入浴



澪「首の痛みが和らいでゆく」

紬「憂ちゃん憂ちゃん」ヒソヒソ

憂「何ですか紬さん」

紬「前に唯ちゃんがいくら食べても太らないって言ってたのだけど、
やっぱり憂ちゃんが栄養バランスとかを考慮した食事を作ってるからかな?」

憂「はい、一応簡単なカロリー計算とかもしてるんですよ」

紬「唯ちゃん羨ましいわ」

憂「えへへ」

紬「でもそれだと憂ちゃんも同じ物を食べてるってことよね」

憂「う、そうなんですけど…
実はお姉ちゃん結構好き嫌いが激しくてですね
嫌いなものはよく残したりするんですよ
それで勿体無いと思って残った物食べちゃうから・・・
その…余計なカロリーが///」

紬「私も最近お米がおいしくておいしくてつい箸が進んじゃうのよ」

憂「夏なんですけどねえ」

紬「夏バテしないわねえ」

憂「はあ・・・」

紬「憂ちゃん・・・・何㎏太った?」

憂「ええっ!?」


紬「私はごにょごにょ㎏///」ヒソヒソ

憂「えーっと、ごにょごにょ㎏です///」ヒソヒソ


澪「このお湯飲んでも効くらしいぞ」

和「じゃあ私飲んでみようかしら」

澪「和どこか悪いの?」

和「最近胃が荒れちゃってね、見てよ舌まっしろ」ベロッ

澪「うわあっ!見せるなそんなもの」

紬憂「うっうっうっ」シクシク

---第28話:憂ちゃんには大食い属性がついてもいいと思うの



=夕食=

澪「・・・」

和「・・・」


でーーん

蟹「スゲーだろ」

憂「す、すごい」

澪「和あれ何ていうカニなんだろ」

和「ズワイかタラバじゃない?ていうかそれしか知らない」

紬「私もカニは解体されてるのしか見たことないから分からないわ」

憂「あれはタラバガニですね」

憂「生息域が鱈の漁場と重なることから漢字では鱈場蟹と書きます
同じタラバガニ属にはハナサキガニやアブラガニがいて
甲幅は25cm程度で脚を広げれば1メートルを越す大型甲殻種です
和名ではカニですけど分類としてはヤドカリの仲間なんですよ」

和紬澪蟹「おお~」パチパチ

憂「えへへ」

---第29話:蟹



澪「そうだ憂ちゃん毛ガニあげるよ」カニッ

憂「い、いいんすか!?」

和「憂との約束を破るはずないでしょ」カニッ

紬「うふふ」カニッ

憂「わあぁ~!」カニィー

澪(喜んでるときの顔は唯とそっくりだな)

和(よっぽどカニが好きなのね)

紬(憂ちゃんかわいい)

和「冷めないうちにいただきましょう」

和澪紬憂「いただきまーす」


解体音
バキバキバキバキバキバキバキバキ
バキバキバキバキバキバキバキバキバキバキ
バキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキ



和「いたた、尖ってるところが刺さって痛いわ」

紬「結構大変だね」

和「澪たちは上手いわね」

澪「ハハッ私はケジャンで慣れてるからな」

憂「・・・」←無心


和「殻付きのカニなんて初めて食べたし」

澪「えっ」

和「お母さんの買ってくるカニはパックに入ってて殻がないから食べやすいのよ」

澪「和、今日はお腹いっぱい食べような」

和「?}

---第30話:蟹②



澪「つぁっ」ググッ

蟹「カパァ」

澪「ふう」

和「澪、甲羅開いても中身は入ってないわよ」

澪「カニ味噌が入ってるんだよ、ほら」

和「何その汚いの、泥?」

澪「カニ味噌だっていってるだろ美味いんだぞ」

和「ふーん」

澪「食べてみろってこの味は衝撃的だよ」

和「嫌よそんな汚らわしいもの」

澪「あーん」フィユンッ

和「!!」パクッ


和「がはぁ!!!!!!!!!!!」

和(何これ!?超美味いんですけど
濃厚でどっしりとしたクリーミーな味わい
これは甘味?塩気?分からない分からないわ!
未体験な口当たりが捻れの位置にありながら調和し合ってる)

憂「カニ味噌は動物でいう肝臓や膵臓の部位です」

和(肝臓?言われてみれば確かにそんな感じのこってり感だったわ
でも生臭くないししつこくもない
海産物特有の磯臭さが寧ろ風味を引き立てている!おいしいっ
これがカニ味噌…この魅惑のMISOを私は・・・
否、そんなことは全て過去の戯言
今日から私はカニ味噌大好き和ちゃんよ!わーいわーいカニ味噌ルールルー)

紬「和ちゃんカニ味噌気に入ったみたい」

憂「よかったね和ちゃん!」

---第31話:カニ③



5