-夜~お風呂-

唯「りっちゃんの家に泊まるのは楽しみだけど」

唯「やっぱり温泉に行けないのはくやしいなあ」

唯「憂が私よりカニをとるなんて」

唯「・・・憂のくせに」

唯「何か恥を掻かせてやりたいよ」

唯「うーん・・・」

唯「温泉かあ」


ピーン

唯「そうだ!」ザバーン


憂「お姉ちゃんおやすみ」

唯「はいおやすみ」

バタンっ

唯「・・・」スッ

ピッピッピ
プルルルルル

唯「もしもしほむらちゃん?夜遅くにごめんね、突然なんだけどあの時間止められるやつ
貸してくれないかな?タジャスピナーみたいなの」

唯「大丈夫だよー大した事には使わないから」

唯「うんうん、ありがとー」

唯「キュベレイ?ほむらちゃんなかなか渋いガンダム知ってるね」


======

唯「借りてきました」

唯「かっこいい~」

唯「えーとここで時間を止めてここが四次元ポケットで」

パラパラ

唯「ピンク色の髪をした子の写真がいっぱい出てきた」


唯「まあいいや」


唯「では本題に戻って」

唯「えいっ」カチッ

フィィィイイイイイイイイイイイイイイイイイン



しーん



唯「・・・」

唯「止まった・・かな?」

時計「しーん」

唯「止まってる!成功したよ」


=憂の部屋=

ガチャ

唯「こんばんわー」

憂「すやー」

唯「よしよし、寝てる寝てる」

唯「失礼しまーす」

ズルッ

唯「オ、オレンジ色・・イメージカラーをちゃんと守ってる」

唯「律儀な子・・・」

唯「よいしょっと」

プチッ

スルッ

唯「・・・おぉ」

唯「我が妹ながら天晴れ」

サワサワ

唯「何か私のよりやわらかい感じがする」

唯「・・憂のくせに」

唯「そんな生意気な妹には---、、


時計「しーん」


唯「や、やってしまった」

憂「すやー」

唯「あははははは憂ったら恥ずかしーお子ちゃまみたーいwww」

唯「ゴクリ」


唯「・・・ふう」

唯「ついでに目覚ましも少し遅らせてあげよう」

唯「それじゃおやすみ憂」

唯「よい旅を」

---第12話:平沢唯の陰謀



時計「ppppppppppp」

憂「ん・・・」カチッ

憂「・・・」ボー

憂「あれ7時?6時にセットしたつもりだったけど」

憂「まあ仕度はしてるから大丈夫だけどね」


階段トントン

トントン


唯「ちゃお」

憂「おはようお姉ちゃん、早いね」

唯「そっスか?」

憂「えらいえらい」ナデナデ

唯「へへ」

憂「じゃあご飯食べちゃおうか、麦茶もって来るね」

唯「ついでにごはんですよも取って貰えますか」

憂「はーい」

唯「ども」


憂「いただきまーす」

唯「まっス」


憂「もぐもぐ」

唯「ふんふん」グッグッ

憂「ぐびぐび」

唯「ふうっ・・・・ふっ」グッ

憂「貸して」

唯「すんません」

憂「・・・・んっ」パカッ

唯「和ちゃんに貰った海苔、お徳用だから全然減らないね」

憂「なくなりそうになると和ちゃんすごい笑顔で補充しに来るから」


唯「でも」

唯「何でごはんですよってこんなにおいしいんだろうね」

憂「本当だね」


「「ご馳走様でした」」


憂「ちょっとトイレに行ってくるね」ヨイショ

唯「!?」

スタスタスタスタ
バタン

唯「憂ごめーん、うんこだから2時間はかかるかもー」

憂「そ、そうなんだ」

憂(あっちに行ってからでも大丈夫かな)

憂「お姉ちゃん私そろそろ行くから鍵よろしくねー」

唯「はーい私ももう少ししたらりっちゃん家いくからー」

憂「スイカ玄関に置いておいたからもって行ってねー」

唯「はーい」

ガチャン

---第13話:朝



憂「んーいい天気」

憂「気持ちいいなあ」

憂「思わずスキップしたくなっちゃう」

憂「・・・」キョロキョロ

スキップ

スキップ

スキップ

憂「痛た、足挫いちゃった」

憂「部活も何のスポーツもしてなかったし少し落ちちゃったかな」」

憂「きっとこれは警告だよね」

憂「気をつけないと」




憂「確か9時に桜ヶ丘駅前のバス停、、(あっ紬さん来てる)」

憂「紬さーん」

紬「!憂ちゃんおはよう」

憂「おはようございます早いですね」

紬「電車の時間に合わせてこないといけないから」

憂「そうでしたか、澪さんと和ちゃんはまだきてないんですか?」

紬「ううん、さっきまでいたんだけど聡君、、りっちゃんの弟さんを見つけて走って行っちゃったわ」

―――

澪「やあ久しぶりだな聡」

和「うぇーいwwwww」

聡「ど、どうも姉がお世話になってます」

和「ドゥクシwwwドゥクシwwww」

澪「今度律の家に遊び行くからさ、また一緒にゲームやろうな」

和「ドゥクシwwwドゥクシwwwww」

聡「は、はい(何でパンチしてくるんだろう)」

澪「じゃあな聡」

和「律にもよろしくって言っといて」

友A「聡の姉ちゃんの友達美人なのに面白いな」

聡「はは」

和「ムギ一人待たせちゃってるし早く戻らないと」

澪「あっ憂ちゃん来てるぞ」

和「憂ームギー」

憂「和ちゃん!澪さんもおはようございます」

澪「おはよう憂ちゃん」

和「これでみんな揃ったわね」

澪「あとはバスが来るのを待つだけだ」

---第14話:聡くん



澪「憂ちゃんは」

憂「?」

澪「プライベートだと和 ちゃん なんだな」

和「いいでしょ、先輩後輩なんて下らない上下関係に囚われない幼馴染の特権よ」

澪「いいなあ、憂ちゃん私も澪ちゃんってよんでくれよ」

紬「わ、私もムギちゃんって呼ばれたい!」

憂「えっと」

澪「澪でもいいぞ」

和「やめなさい」グイッ

和「憂は同学年の子さえも呼び捨てしないくらい礼儀正しいのよ、
そんな年下の子にいきなり澪なんて言われてみなさい」

和「死ぬわよ」

澪「ガクガクぶるぶる」ブルガリア

憂「あはは・・・バスまだですかね」

紬「あと10分くらいかしら」

和「ジュースでも買ってくる?」


和澪紬憂「じゃんけん、、、---」


澪「どれにしようかな」

和「暑いし炭酸のがいいと思うわ」

澪「でもムギがお腹壊すかもしれない」

和「ムギって胃腸弱いの?」

澪「いやそんなことはないと思うけど体の弱いお嬢様って可愛くないか」

和「何となく分からないこともないけど下痢症っていうと微妙ね」

澪「あ、100円のがあるこれでいいや」スッ

和「!!」


和「危ないっ!!!!」ドンッ


澪「ぎゃひい」ドサッ

和「はあはあ」

澪「痛いな!何するんだよ和」

和「馬鹿っサンガリアのジュースに100円も出すなんてあんた正気!?」

澪「サ、サンガリア!?そんなわけ」

澪「ほんとうだ・・・サンガリアだった」ガクガク

和「まったく、私がいなかったら今日で2回死んでるわよ澪」

澪「ああ、助かったよ和」

---第15話:澪ちゃんの回避



和「もう普通に紅茶でいいんじゃないの」

澪「毎日ムギの持ってくる高級紅茶飲んでるから一般のがゲロに感じちゃうんだよね」

澪「舌が肥えちゃったのかな」

和「肥えてるのは果たして舌だけかしら」

澪「やめろつまむな」

和「あんたこれはちょっとやばいわよ」

澪「和だって尻の辺りのお肉が」バッ

和「触らせないわ」サッ

澪「ふんっ」

和「触らせないわ」ササッ

澪「この」

和「触らせないわ」サササッ

澪「このぉ!」

和「捕まえてごらんなさい」

澪「待てー」

---第16話:澪ブー



和「おまたせ」

澪「ムギ、憂ちゃんコーラ買ってきたぞ」

紬「コーラ!コーラ!」

和「かわいい」ナデナデ

憂「みなさーんバスが来ましたよー」

---第17話:よく考えたらこのメンバーみんなデブー



=バス内=

澪「そういえば替えの下着とかは持ってきたけど、どこの温泉に行くの?」

和「山形県の銀山温泉よ」

澪「聞いたことないな」

和「山形県はこれといって有名な泉地はないけど
数でいったら日本一なのよ」

澪「へえ、私山形県っていえばサクランボくらいしか思いつかないなあ」

憂「将棋も有名ですよね」

紬「スキーとかも」

和「山形県民だからって必ずしもみんながスキーできるわけじゃないのよ」

澪「未だにソリしか乗れない人もいるしな」

紬「コーラおいしいね」

憂「おいしいですね」

---第18話:山形県



=バス内=

オエー
    オエー ウップ

 ゲロゲロ

澪「随分バス酔いしてる人が多いな」モグモグ

澪「キムチ食べるかムギ」モグモグ

紬「う、ううんいらないわ」ニコリ

澪「憂ちゃんは」モグモグ

憂「私も結構です・・・」ニコッ

澪「もしかして二人までもか、だらしないなあ」モグモグ

和「あんたが芳ばしい香り充満させてるからでしょ!!」ゴンッ

澪「いたっ!」

澪「痛いじゃないか!!」

和「すいませんみなさん、この子日本に来たばかりで常識とかマナーというものを
よく知らないんです、どうか許してやって下さい」

澪「おい!」

和「ほらチュさん謝って」

澪「嫌だ!謝るもんか!!私はキムチを食べてただけだし
列記とした日本人だ!!!」

澪「なんだみんなしてたった一人のか弱い女子高生いじめて


楽しいか!?!!!」

澪「ハイエナめ!!このハイエナ共め!!!!」ニダニダ

和「澪ったらまた暴れて・・・憂」

憂「でも、、」

澪「한국 만세좆같은 일본!!!!!!!!!」

和「このままじゃせっかくの旅行が台無しになってしまうわ、大丈夫私が許可を取るから」

憂「は、はい!」ヒュン


シュン


憂「澪さん失礼します!」トンッ

澪「うっ」ドサッ

和「確か澪の声は・・・」キリキリキリキリ

和「アー アー あー、これね」←七つ道具の一つ(コナン君のよりいいやつ)

和<澪「ご迷惑をお掛けして申し訳ありません私がうんこチンパンでした」

和「一件落着」

---第19話:憂ちゃんは瞬時に背後に回り首トンで気絶させられるかわいい



3