3番手:◆S09TnYcH0NbS 





  澪「律、おはよう」





律「唯、朝だぞー!起きろー」

唯「ん……。おはよ……」

律「ヨダレ」

唯「ぁ……えへ」

律「今日は1限からだろ?」起きないと遅刻するぞ」

唯「うぅん……あとじゅっ……5分だけ……」

律「だーめだ!起きろってほら」

唯「うぅ~……、えいっ!」

律「んなっ?! ちょっ、こら唯!しがみつくなって!」

唯「えへへ、りっちゃんあったか~い」

律「だから遅刻す……」

  ピロリロン♪



ーーーーーーーーーー
Date 11/24 22:33
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、おはよう。今日は
いい天気だな。風邪は
良くなった?治りかけ
が肝心だから油断する
なよ。それからゲーム
ばっかりしてないでち
ゃんとドラムの練習も
しろよ。
ーーーーーーーーーー


律「……」カチカチカチ パタン

律「ほら、さっさと起きる! 顔洗ってご飯食べ行くぞ」

唯「う、うん」



・・

紬「りっちゃん唯ちゃん、おはよう」

律「おはよ、ムギ」

唯「ムギちゃんおはよぉ~」

紬「ふふっ、今朝もご同伴なのね。また徹夜でゲーム?」

唯「りっちゃんが寝かしてくれなくてねぇ……ふあぁ」

律「よく言うよ、もうちょっとってしつこかったの唯のほうだろ」

紬「唯ちゃん、寝癖すごいよ?」

唯「あとでちゃんと直すよー」

律「そんな時間があればいいけどな」

唯「ほぇ? わわっ、りっちゃん急ご!」

律「やばいのは唯だけだろ。私今日は午後からだし」

唯「もうっ!りっちゃんのいじわる!」

律「いやいや、いじわるって……」

  ピロリロン♪


ーーーーーーーーーー
Date 11/24 23:05
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、今日は講義終わっ
てから楽器屋に行くん
だっけ?お菓子とかに
無駄遣いしないで、ち
ゃんと予備のスティッ
クも買っておけよ。
ーーーーーーーーーー


律「……」カチカチカチ パタン

律「ほら、ムギもそろそろ準備しなきゃいけないんじゃないか?」

紬「え、ええ。……ねえ、りっちゃん」

律「唯は私がちゃんと間に合わさせるから、な」

紬「……うん」


***


コンコン

律「唯~、起きてる?」

唯「起きてるよー」

律「今夜もおじゃましまーすよっと」

唯「おかえりアナタ、スナックにする?お菓子にする?それともオ・ヤ・ツ?」

律「モンハンで」

唯「ぶー」

律「じゃあ、お菓子食べながらモンハンで」

唯「んー、それなら許してしんぜよう……」

  ピロリロン♪


ーーーーーーーーーー
Date 11/25 13:51
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、そろそろ寝る時間
だな。最近ずっと唯の
部屋に入り浸ってるみ
たいだけど、勉強と練
習サボり過ぎじゃない
か?お前はすぐ楽な方
に逃げるから心配だよ
。留年なんて事になっ
たら嫌だからな!
ーーーーーーーーーー


律「……」カチカチカチ パタン

律「んじゃ、今日はまず採取行くか。水没林でいい?」

唯「あ、う、うん」

律「今日は早めに寝ような?私、明日は1限からだし」

唯「うん、わかった」

律「あ、虫は採らせてもらっていい?にが虫集めたいから」

唯「いいよー」

律「さんきゅ」

唯「……。あっ、あのね、りっちゃん」

律「んー?」

唯「……えっと、今日もココで寝てく?」

律「……ん、そうする。よし、そろそろ帰るか。唯、モドリ玉持ってる?」

唯「うん」


***



  ピロリロン♪

律「……ん、」


ーーーーーーーーーー
Date 11/25 23:03
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、おはよう。今日は
夕方から雨が降りそう
だから、折り畳み傘を
忘れず持って行く事!
あと、いいかげん自分
の部屋で寝ろよ。
ーーーーーーーーーー


律「……」カチカチカチ パタン

律「唯、ゆーい、朝だぞー」

唯「んー……もうちょっと……」

律「はぁ……。今日はいっか。先行くぞ?ちゃんと起きろよ」

唯「んーわかったぁ……すぅ……」

律「ホントに大丈夫かな……」



・・

律「ムギ、おはよ」

紬「りっちゃんおはよう。唯ちゃんは?」

律「まだ寝てる。ムギ、今日は何時頃出る?」

紬「今日は午後からだから、お昼前かな」

律「そか。じゃあ唯のこと頼んでいい?あいつ寝坊しそうだから」

紬「うん。また遅くまでゲームしてたの?」

律「……てへっ」

紬「もう、クマできてるよ? ……ねえりっちゃん」

律「うん?」

紬「もしよかったら、今日、部室行かない?」

律「…………。部室か……。そう、だな、久し振りに顔出すか」

紬「うんっ!じゃあ、唯ちゃんにも伝えておくね」

律「うん、よろしく」


***


  ピロリロン♪



ーーーーーーーーーー
Date 11/26 9:03
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、やっぱり雨が降っ
たな。なんで傘忘れた
んだよ。身体冷えてな
いか?風邪が治ったば
かりなんだから、帰っ
たらすぐお風呂入って
あったかくするんだぞ

ーーーーーーーーーー



律「へっくち!……うぅ~」

唯「りっちゃん、大丈夫?」

律「だいじょーぶ、このくらいひと晩寝れば……っくち!」

唯「全然大丈夫そうじゃないよ」

紬「明日も悪寒が取れなかったら、病院行こうね」

律「ん……ごめんな、折角部室行こうって言ってくれたのに」

紬「ううん、りっちゃんが良くなったら、そのときに改めて、ね?」

律「ありがとムギ。……んじゃ私、ちょっと寝るから」

唯「うん。何かあったらすぐ呼んでね?飛んでくるから!」

律「ははっ。唯も、ありがとな」

紬「じゃあ、お大事にね、りっちゃん」

キィ……バタン


律「……っくし!」

律「……」カチカチカチ カチカチカチ パタン


律「…………みお……。ぐすっ……」

***
***


澪『……それ、ミサンガ?』

律『そそ。同じ糸を分けて、私も自分用の携帯ストラップ作ったんだ。ほら』

澪『へえ、律の手作りか……。でもそのミサンガは?』

律『おまじないだよおまじない。ほれ、左手出して?』

澪『ん……。おまじないって、何の?』

律『澪が無事に帰ってこれますようにって。……きつくない?』

澪『うん、大丈夫。っていうか無事にとか言われたらなんか怖いよ』

律『ははっ、まあお守りってことで。しっかり私の念が込もってるからな!』

澪『念って……』

律『楽しんでこいよ、ホームステイ』

澪『うん。ありがとう、律』


***
***


ザアァァァァァ……

唯「雨、やみそうにないね」

紬「そうね……」

唯「……ねえ、ムギちゃん」

紬「なあに?」

唯「澪ちゃんが……行方不明になって、どのくらいだっけ」

紬「……。8月だったから、3ヶ月、経ったかな」

唯「……そっか」

紬「……うん」

唯「……みんな、ずっと落ち込んでたけど」

紬「……」

唯「あのメールが届くようになってから、りっちゃんが言ったんだよね」

紬「……。澪ちゃんが戻ってきたときにいつも通りの顔で迎えたいから」

唯「だから、みんなできるだけいつも通り過ごそう……」

紬「うん……」

唯「あの時は、りっちゃん強いなあって思ったよ。……思ったけど」

紬「……」

唯「りっちゃん、すごく無理してるよね」

紬「うん。毎晩唯ちゃんか私の部屋に来るのも、一人でいたくないからだと思う」

唯「……だよね」

紬「梓ちゃんの様子はどう? 憂ちゃん何か言ってた?」

唯「うん。あずにゃんも前より落ち着いて、受験勉強も再開したって」

紬「そう……。良かった」

唯「うん……」

紬「……」

唯「ねえムギちゃん。りっちゃんに、毎日届いてるメール……」

紬「……」

唯「ホントに、澪ちゃんからだと思う?」

紬「……。わからないわ」

唯「私もりっちゃんみたいに、澪ちゃんからだって信じたいけど……」

紬「……うん。でも……」

唯「……」

紬「……」

唯「……今日はもう、寝よっか」

紬「……うん、そうね」

ザアァァァァァ……


***



コンコン ガチャリ

紬「りっちゃん……は、まだ寝てるか……」

  ピロリロン♪


紬「!」


ーーーーーーーーーー
Date 11/26 22:01
From 澪
Sub:
ーーーーーーーーーー
律、おはよう。具合は
どう?悪いようならや
せ我慢しないですぐ病
院に行くんだぞ。ムギ
に頼んで栄養のあるも
の食べさせて貰うとい
いよ。くれぐれも無理
しないようにな。
ーーーーーーーーーー