2番手◆VW9ify6uH.  

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;「御湯鬼」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


ある、夏の暑い、暑い、クソ暑い日の昼さがり


私たち放課後ティータイムのメンバーは 海に やって来た


練習と気分転換を兼ねた、俗にいう『合宿』というヤツだ


律「じゃあ早速、スイカ割りの練習しよっぜー!!」


澪「そんな練習をするために来たんじゃないんだよっ!!」


私は愛用のベース、エリザベスで律の頭をスイカのように叩き割った


メコリ


律「ミッ」


びしゃっ


思ったより色んなものが砂浜に飛び散った


唯「うっひゃぁああっ」


紬「澪ちゃん、やり過ぎだわ」


澪「あはは、ごめんごめん」


なんだかんだ言ったって 海に来れば

テンションが上がってしまうのも避けようのない事さ


反省、反省。


白い砂浜に響き渡る、私たちの悲鳴と乾いた笑い声


そのときの私ときたら、この合宿が あんな悲劇の始まりに

つながるなんて 思いもしなかったんだ……



ビーチで ひとしきりハッチャけた私たちは

さっそくムギの別荘に向かった


梓「わぁ、思ったより ずっといい馬小屋ですね!」


梓が別荘を見るなり 率直な感想を述べた


紬「ごめんなさいね。もっと大きな別荘があったのだけれど

  そこはおさえる事が出来なくて……うまご…ゃ?」

唯「まぁいいよ、コレで!」

澪「そうだよムギ。もう いいよ、コレで」

ムギ「ごめんね……」


屋敷ほどの巨大な建造物を前に、私たちは さりげなく悪態をついた


私たち庶民には手の届きようのない、豪華絢爛な別荘を見せるたび

「この別荘は小さい方」「あぁ小さい小さい」などと遠まわしな自慢をするムギを


もはや許すつもりはなかった


澪「さぁ、荷物を運ぼうか。この豚小屋に」

紬「……えぇ」


一瞬、ムギの眼が 食人鬼のようなソレになったのを

私は見逃さなかった



唯「ふぃ~、ようやく休めるよ~」

別荘の中に入るなり、唯が荷物をそこら中に放り出して床に寝そべった


唯「ふにゃ~、ごろごろ、ごろごろごろり!」

梓「もう、だらしないですよ唯先輩~」


梓「あっ、波乗りあずにゃんやるです!」

いいことを思いついた一休さんのような表情で高々とジャンプする梓


ドォーン


唯「ぐぇあっ」


荷物を抱えたまま唯の お腹の上に勢いよく飛び乗ってバランスをとり

梓の愛らしい足指が唯の内臓をえぐる


梓「ふふ~ん♪ どうですか!?どうですか唯先輩!!」

なんだかんだいって大の仲良しの唯先輩に思い切り甘える梓後輩


唯「う~ん、う~ん、あずにゃんが楽しいなら いいよぉ~」

梓「やったぁ~!!」


普段はマジメな梓も、海に来たことで ちょっぴりハシャぎ気味のようだ


澪「こらっ、梓。荷物を持ったまま胃の上に乗ったら唯が重たいだろ?」

梓「あっ、ごめんなさい井上先輩!」

ペロリと舌を出し、梓は誰だか分からない先輩に謝ったあと

ギターや旅行用カバンを

唯の頭の上に落下させた


ドシャドカッ

唯「ぺぁっ」


くたり……と白目をむいて動かなくなった唯を

不思議そうに梓が眺めていた



唯のことはさておき、私はあらためて建物の内装を観察する


別荘は洋館風で、もちろん床や天井にはシックな畳が敷き詰められており

中はひんやりと涼しげだ



唯が だらけたくなった気持ちも分からないでもない


エアコンがついているワケでもないのに

こんなに快適な室温が保たれているとは

さすがに避暑地というだけの事はあるなぁ……


紬「暑かったら言ってちょうだいね?」

 「エアコンのパワーをパワーアップさせるから」


エアコンが ついていた


私たちは二階に上がり、各自 割り当てられた部屋に

それぞれ荷物を置きに向かう



澪「ふぅ……」


どさり


今朝、駅で みんなと合流してから騒ぎっぱなしで

少し疲れていた私は 柔らかなベッドに横たわり

しばしの間、一人で休むことにした



澪「……」

澪「…………」

澪「………………」

澪「……………………」

澪「…………………………」

澪「………………………………」

澪「……」

澪「…………」

澪「………………」

澪「……………………」

澪「…………………………」

澪「………………………………」




コン コン


コンコン


澪「…………?」


コン コン


コンコン


ドアを叩くノックの音で ふと目を覚ます


どうやら5分ほど寝てしまっていたらしい


おや、あたりは既に真っ暗じゃないか


やっぱり8時間ほど寝てしまっていたらしい


せっかくの合宿なのに……くそっ……くそっ……


コンコン


コン コン



命短し恋せよ乙女

貴重な青春の1ページのムダ使いに関して猛省する中 

ノック音がしつこく鳴り響く


まどろんだ頭を覚醒させつつ、ドアに向かって声をかける


澪「はぁい、どうぞ~」

 「鍵は開いてるから~」


ガチャガチャ ガチャガチャガチャ

ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ


外から誰かがドアノブを何度も回しているようだが

一向にドアが開く様子はない




鍵が かかっていたw



ガチャリ

梓「開いてないじゃないですか!!開いてないじゃないれすか!?」


鍵を開けてやるなり、梓が部屋の中に飛び込んできて猛烈な勢いで抗議してくる


こうるさいヤツよ

しっかり者の私とて、うっかりするくらいの事はあるさ

そうだろ?


私はイライラしたので梓をからかうことにした


澪「おかしいな……確かに開けておいたハズなんだけれど」

 「ひょっとしてオバケが

  私の眠っている間に鍵をかけたのかも知れないな……」

梓「えぇっ、なんですかソレ!?」

 「こ、怖い!!オバケこわいよぉぉおぉおお!!ふぎゃあああああああ」

梓は目をカッと開き、耳をふさぎ その場にしゃがみこんで大声で喚き始めた


病気なのかコイツは



梓「憧れの澪先輩の真似をしてみまみた!!」

澪「ふーん」


右拳に腕時計を巻きつけて

硬い文字盤の部分で

梓のアゴを

打ち抜いてやろうと思ったが

かわいい後輩に そんな事はできない

澪「それで、何か用事があって来たんじゃないのか」

梓「あぁ……それが さっきから律先輩の姿が見えなくって」

澪「なんだって、律が?」


梓「あっ!あと、もうすぐ晩御飯の時間だから

  みんなを呼んできてほしいってムギ先輩が」

澪「なに、晩御飯だって!?」

 「献立はハンバーグ? ねぇ、ハンバーグかなぁ!?」

梓「さぁ、そこまでは私も……」

澪「晩御飯か……一体、なんなんだろうな!」

梓「ハンバーグだといいですね」

澪「あぁ!!」


私はヨダレをビシャビシャと廊下にまきちらし、舌なめずりしながら食堂に向かった



紬「あっ、澪ちゃん」

 「好きなのを選んでね?」

食堂のテーブルの上にはカップラーメンが5個置いてあった


唯「澪ちゃん澪ちゃん!」

 「澪ちゃんはシーフードヌードルとカレーヌードル、どっちがいい?」

澪「ハンバーグが いい」

梓「では私は普通のヤツを」

紬「私はカレーにしようかしら」

唯「あははっ、大食いイエローといえばカレー好きだもんね!」

 「ムギちゃんには なんか お似合いだねっ!」

紬「そうね」

ムギがジッと下を見つめながら

テーブルの上をよたよたと歩いていた小さな羽虫を

みちゃみちゃと何度も何度も指で潰していた

澪「ところで唯。その包帯どうしたんだ?」

私は唯の頭に、痛々しく巻かれている包帯に目をやった


ところどころ血が滲んでいる



唯「分からないよ……」

 「さっき目を覚ましたらグルグル巻いてあって……あずにゃんが お腹の上に乗っかってて」

梓「ぎひひっ」

澪「そっか」

適当に聞き流した私はシーフードヌードルを食べることにした



カスッ カシュッ


お湯の入ったポットの、押したら お湯がごぼぼって出るところを押したが

妙な空気音がするだけだった


澪「ムギ、お湯が入っていないようだけど……」

紬「えっ、そんなハズは」


がぱっ、とポットのフタを開けてみるが、

なんと そこには 

やっぱりお湯が入っていなかった



澪「おい、ムギ!!」

紬「わ、私は悪くない……!!」

 「だって私、唯ちゃんに水を入れておいてって頼んで……」

唯「えっ、おかしいな~」

 「私、絶対にポットに お水入れたよ~!?」

と、不満げな顔をする

梓「じゃあコレは一体、どういうことなんですか」

澪「あ、もしかしたらオバケの仕業かも知れないな」

唯「!」

梓「ぷぎゃああああああああおばあああああk

私は梓を蹴り飛ばした


唯「……もしかして」

 「ポットにお湯が入っていない理由は……」

澪「入っていない理由は?」

紬「唯ちゃんがアホだから?」

唯「……」


唯「『おゆおに』の仕業かも知れないよ」


紬「───おゆおに?」


澪「唯、おい唯よ。なんだい、おゆおにって?」


唯「……お湯が大好きな妖怪だよ」

 「お湯を飲むためならなんだってする、全身が真っ黒な体毛で覆われた恐ろしい鬼で

  なんと お湯を飲むならなんだってするという……

梓「そこのくだり二回目ですよ」

澪「お湯を飲むのと毛深い以外に、その恐ろしい鬼の情報は無いのか」

唯「無いよ……」


唯は下を向いたまま、それっきり口をつぐんでしまった


どうやら この平沢 唯という少女は

架空の 『お湯が大好きな妖怪』に全ての罪をなすりつけるらしい


「ポットに水を入れ忘れて ごめんなさい」と

一言謝れば済む話なのに……


トボけた顔して大した女の子だ


梓「ハァ、バッカバカしいなぁ もう」

 「妖怪なんているワケないじゃないですか」

唯「あっ…」

澪「あ~あ 梓、お前死んだな」

梓「えっ?」

紬「ホラー映画だと『そんな事あるわけない』とかって

  バカにする人から真っ先に殺される約束でしょ?」

梓「あ……」

唯「かわいそうな あずにゃん」

紬「じゃあ どうせ食べさせてもムダだから

  梓ちゃんのカップラーメン返してもらうわね?」

梓「く……」

食べたかった大好きなカップラーメンを取り上げられ

梓の愛らしい顔がみるみるうちにちるちるみちる

梓「冗談じゃないですよ!!」

 「こんな怖いこと言う人たちと一緒にいられるもんか!!」

 「私は一人で部屋にいます!!」

ドタドタドタ

バタン!!

梓は青い鳥を求めて旅立った

さようなら

澪「アイツ、完全に終わったな」

唯「あれが死亡フラグなんだね」

紬「えぇ、そうね」

ムギはポットにジャァアアアッて水を注ぎ始めた


さようなら 梓

3