律は目を覚ましてすぐに、驚愕の声を上げた。
寝起きはそういい方では無いが、
目に飛び込んでくる情景が脳を一気に覚醒させた。
眠った場所と起きた場所が違えば、眠気など一瞬で飛ぶ。
左足首に鉄の輪が嵌められていれば、尚の事だ。

 その鉄の輪は鎖に繋がっていた。
鎖の先を目で追うと、床に打ち込まれた小さな鉄の輪を通っている。
その鉄の輪には、有刺鉄線が幾重にも巻かれていた。
律は鎖に沿って、更に目を先へと向けた。
そこには、右足首を律同様に拘束されている澪の姿が映った。

「澪っ」

 反射的に恋人の名を叫び、澪に駆け寄る。
名前を呼んでも反応を返してこない澪に胸騒ぎを覚えたが、
顔を覗きこんで安堵の息を漏らす。

「眠ってるのか……」

 それでも一応、慎重に外傷の有無を確認する。
怪我の無い事を確かめると、肩を揺さぶりながら叫んだ。

「澪っ、澪っ、澪っ」

「んっ?り、律ぅ?」

 澪は眠たげに目を擦り、覚醒し切っていない虚ろな目を向けてきた。

「起きたか。大丈夫か?気分悪くないか?」

「何言って……って、何っ?」

 澪は自分を取り巻く異様な状況に気付いたのか、頓狂な声を上げた。

「私にもさっぱりだよ。目が覚めたらこうなってた」

 律は周囲を見回しながら言った。
2メートル四方はあろうかという四角い空間だった。
その内、3つの辺は変哲の無い壁だが、
残りの一つの辺は壁にしては妙な造りだった。
二つの壁が左右から合わさって出来たような微かな隙間が、中央に走っている。
それは宛ら、取っ手の無いドアに見えた。

「律、悪ふざけは止せよ」

 澪の口調はやや怒りを帯びていた。
どうやら、律が仕組んだ悪戯だと思っているらしい。
状況を見ればそう考えるのも無理は無い、それは律にも理解できる。
そして、悪戯であればどれだけ良かったかと、律自身思っている。

「残念ながら、悪ふざけの類じゃねーよ。

さっきも言ったけど、私自身何が起こってるか理解できてないんだ」

「本当か?」

「本当だって。てゆーか、どうしてこうなったか。確か昨夜は……」

 突拍子も無い場所で目覚めたせいか、記憶が混乱していた。
自宅以外の場所で過ごした憶えはあるが、それが何処だったかよく思い出せない。
だが、少なくともこのような場所で過ごした憶えは無かった。

「ムギの別荘に泊まったんだよ。
その流れで、こういう悪戯を律達が仕組んだんだと思ったけど」

「ああっ、そうだっ。ムギのとこ泊まったんだっけ。
と、なるとムギが仕掛け人か?いや、唯辺りも噛んでるかもな」

「唯と梓は居なかっただろ?私と律だけが、ムギの別荘に行ったんだよ」

「そっからしておかしーじゃん?何で唯と梓、来ないの?
実は来てるんだよ、きっと。
私らがこのビックリな悪戯のターゲットで、唯とムギと梓が仕掛け人って事だ」

「まぁ、唯と梓に隠れる必要性があるのか分からないけど、その推理は正しそうだな。
本当にお前が噛んでないなら、だけどな」

 澪はまだ律を疑っているらしかった。
日頃の行いを思えば、それも無理からぬ事だと律自身が痛感している。
だが今回は、本当に絡んでいない。

「いや、本当に私関係してないっての」

 律は溜息を吐くと、視線を上に向けて叫んだ。

「ムギーっ。唯ーっ。梓ーっ。悪ふざけが過ぎるぞー」

 彼女達の声は返って来ず、代わりに律の声が虚しく反響した。

「ちっ、無視しやがって。何処かで見てるんだろ……」

 律は視線を上に向けたまま、観察した。
唯達の姿を見つける事はできなかったが、代わりに気になる物を幾つか捉えた。
プラスチックに守られたディスプレイと、こちらを向いている複数の大きな管がそれだった。
二つとも律達から相当に離れて、その姿を覗かせている。
その周囲には薄暗いライトが灯り、律達を照らす役目を果たしていた。

 そして、その更に遥か上に天井があるのだろう。
暗くて見通せないが、天井部分は不自然なくらいに高い。

(いや、違う……)

 律は気付いた。
地面から二メートル程上の壁際と、そこから先の壁に小さな段がある事に。
まるでそこにあった天井──というよりも蓋──を外したかのようだった。

 律は中央に小さな線状の隙間を形作っている壁へと、もう一度視線を走らせた。
続いて、その左右を見回す。そして、理解した。

(そうか……分かったぞ。今私達が居る場所が)

 そこまで思考した時、澪が驚愕に満ちた声を上げた。

「って、律」

 その声に引き摺られるように、律は視線を向けた。
澪は唖然とした表情を浮かべ、指先を律の後方へと向けている。
そこは、中央に微かな隙間が浮かんでいる壁の反対側である。

「なっ」

 振り返った律の口からも、驚愕に染まった声が漏れた。
澪の指し示す壁際の床に、包丁が二つ置かれているのだ。
鎖と澪以外に注意を払っていなかった為、後方の床の違和には気付いていなかった。

「何なんだよ……。っとに悪趣味な冗談だ」

 律は悪趣味な冗談と言ってみせたが、本心では悪趣味だとしか思っていない。
冗談であるとは、そろそろ思えなくなってきていた。

「本当に、何なんだよ……」

 澪も律の言葉を復唱してから、続けた。

「それ以前に、此処は何処なんだよ。どうして、こんな事になったんだよ。
昨夜はムギの家に泊まったはずだ。それがどうして、こんな事に……」

「ここが何処かは、もう分かってる」

 律がそう返すと、澪は目を見開いた。

「ど、何処なんだっ?」

「具体的な地名だとか、或いは家からの距離だとか、そういう事は分からない。
分かったのは、この空間の名称だよ」

「な、何なんだよ……。
まさか、墓場だとか比喩めいた事言う心算じゃないだろうな?
予め言っとくけど、それ、全然上手くないからな?」

「んな事言うかよ」

 律は、中央に線上の隙間を走らせる壁を指差した。
正確には、右端寄りの一面に指を向けている。
 その指先に釣られるように、澪の視線が動く。

「あっ」

 澪も気付いたようだった。

「分かったか?ここ、エレベーターの中だよ」



 律の指が示す先にあるパネルには、
『開』『閉』『開延長』といった文字や数字の書かれたボタンが並んでいる。
律も見慣れている、エレベーター特有のパネルだった。
中央に走っていた微かな線も、エレベーターの扉の構造を表していた。
だが律がショッピング等で乗るエレベーターに比して、随分と広い。
加えて、デザインも洒落たものではなく、酷く無骨なものだった。
剥がされた天井から受ける印象だけではなく、
床や壁の造りからして装飾性が微塵も感じられない。
客を迎えるものでは無く、業務用エレベーターなのだろうか。
そしてパネルの数字を見る限り、此処は少なくとも3階まではある建物らしかった。

 律は立ち上がると、『開』と書かれたボタンを押す。
予想していた事だが、反応は無い。

「やっぱり駄目か」

 剥がされたエレベーターの天井部分に一瞥を加えてから、律は呟く。

「壊れてるのか?」

「閉じ込められてるんだろ」

 律は溜息を吐くと、扉に手を掛けた。
取っ手が無い平面という力を加え辛い構造ではあるが、それでも手動で開こうと試みる。

「あっ、私も手伝うっ」

 澪も加勢してくれたが、やはり扉は動かなかった。

「やっぱ無理か……」

 律は諦めたように溜息を吐く。

「そんな……。じゃあ、どうやって帰るんだよ?

扉が開かなきゃ、帰れないだろっ?」

「開いたところで、帰れないだろ?ほら」

 律は足を振って、拘束している鎖を鳴らした。

「いや……鎖は、ほら、あの鉄の輪を床から引き抜けば……。
あの輪を通ってるんだから、あれさえ引き抜けば……」

「それで二人三脚、素晴らしい発想だけどな。
どうやって誰が抜くんだ?」

 律は鎖を通している鉄の輪を指差す。
否、輪を覆っている有刺鉄線を指差す。

「それに、どうせ床の裏側には返しとか付いてるんでしょ。
抜けっこ無いって」

 律がそう続けると、澪は顔を青褪めさせて叫ぶ。

「誰かっ」

 澪は扉の前まで駆け寄ると、激しく叩きながら続け様に叫んだ。

「誰かっ、助けてっ。聞こえたら、助けてっ。誰かー」

 誰かが側に居たとして、決して助けはしないだろう。
恐らく誰かは、この近辺に居るはずだと律は思っている。
だがそれは、きっと律達を閉じ込めた側の人間だ。

「誰かっ誰かっ、助けてっ、お願いっ」

 半狂乱に扉を叩き続ける澪を見ていられず、律は澪の肩に手を掛けながら言う。

「落ち着けっ。落ち着けって、澪。
そんなに手を乱暴に扱うなよ。お前が手を傷めたら、誰がベース弾くんだよ」

「ベースっ?ベースだって?」

 澪が咄嗟に振り返った。

「そうだよ。お前はHTTのベーシストだろ?」

「この状況下で、ベースなんて弾けるかっ。そもそもベースなんて何処にある?
ああ、そうさ、家さ。家に帰らなきゃ、そもそも音楽なんて弾けないだろっ?」

「扉叩いたって、大声上げたって、家には帰れないよ。
落ち着いて、誰かが助けに来てくれる事を待とうよ。
まだ、唯やムギの悪戯だって言う可能性も……あるワケだし……」

 自分でも信じていない悪戯の可能性を、律は口にする。
そのような苦し紛れを、澪は一蹴した。

「こんな悪質で手の込んだ悪戯、いくら唯やムギでもやると思うのか?」

「いや、万が一って事も」

「そんなの、期待できるかっ」

「助けこそ、期待できないよ」

「そんなの……やってみなきゃ……」

「誰かが扉の向こうに居たとして、或いは声の聞こえる範囲に居たとして。
それはきっと、私達を閉じ込めた人間だよ。こんな事するからには、目的がある。
目的を達する為、側に留まっている事はあり得る。
そんな人間が助けると思うか?
もし助ける可能性があるとしたら、唯達の悪戯だった場合だけだよ。
同情誘われてやり過ぎた悪戯だと反省して助ける、そのケースだけだよ」

 澪はもう一度だけ、強く扉を叩いて叫んだ。

「くそっ」

 それ以上、澪は扉を叩こうとはしなかった。

 澪にしては珍しく口汚い言葉だった。
そう律は思い、冷静さを欠いている姿に幾許かの危機感を覚えた。
尤も、律自身にしても、いつまで自分が平静を保てるか自信が持てなかった。
澪を窘めた今にしても、既に心が折れそうだった。


『ご機嫌は如何?』


 その時、室内に人間の声とは思えない、無機質な声が響いた。
澪の声でも無ければ、勿論律の声でも無い。

『こっち、こっち』

 声は上から聞こえていた。
声の発生源を求めて、律は視線を上へと向ける。
先程見つけて気になっていたディスプレイに、不気味な人形の姿が映し出されていた。
声はそこから響いてくるらしかった。

「何だよ、あれ……」

 澪の震えた声は、律の心情を表したものでもあった。




2