唯「ねぇ・・・ふんす!///」



唯(私は今、とある『作曲家さん』といっしょに暮らしています
つまりは・・・同棲しているのです)

紬「えっ?・・・ああ///」

唯(そうです。HTTのキーボードで作曲担当のムギちゃんです!)

紬「唯ちゃん、私も・・・ふんす///」

唯「あはっ」


唯(『ふんす!』これはいつしか使い始めた私たち二人だけの合図。二人のためだけにある合図です)



唯(そんなある日のことです)

唯「あちゃー、とうとう同棲がバレっちゃったかー」

紬「唯ちゃん?どうしたの?」

唯「ムギちゃん、コレ見て・・・」

唯「『HTTのギターボーカルの平沢唯とキーボードと作曲担当の琴吹紬が同棲か?』だってさムギちゃん」

紬「まぁ、わざわざひとのプライベートを調べる物好きもいるものね」

唯「せっかくいっしょに住める場所に引越したのにね~」

紬「ちょっと騒がしくなっちゃうかもしれないわね」


唯「ごめんねムギちゃん・・・私がいろんな所でバレてもしょうがないようなこと言ってたみたい」

紬「そんなことないわよ!私にだって不注意はあったわ
表札ももうちょっと工夫するとか、セキュリティの厳しいマンションを選ぶとか」

唯「・・・えへへ///ありがとうムギちゃん!」

紬「唯ちゃんは必ず私が守るわ!」ふんす!

唯(えへへ///なんだか嬉しいな)

唯(でも・・・)


唯「ムギちゃん・・・自分ばっかり頑張らなくていいんだよ?」ぎゅっ

唯(そう言って私はムギちゃんを抱きしめます)

紬「唯ちゃん・・・///」ぎゅっ

唯「これからはずーっと、二人で生きていくんだからね。はんぶんこだよっ!」すりすり

紬「ふふっそうね♪どんなときも私たちははんぶんこよね」なでなで

唯「ふふ~♪ムーギちゃん!」ぎゅっ

紬「ゆーいちゃん♪」ぎゅっ

唯「ねえムギちゃん、さっき『ふんす!』って言ってたよね?」

紬「えっ?そ、そうだったかしら?///」

唯「えへ~私も・・・ふんす!///」ちゅっ

紬「あっ///唯ちゃ・・・んっ///」ちゅっちゅ



唯(ムギちゃんといっしょの幸せな毎日です)

唯(それでも、ネットでの私たちに対するバッシングは過熱していきました)



唯「うわ・・・コレ、ひどいよぉ・・・」

紬「どうしたの唯ちゃん・・・ッ!」

唯「ううっ、ネットで私の写真にナイフを突きつけてる画像が・・・」

紬「ひどい!こんなのってないわ!あんまりよぉ・・・」

紬「こんなのっ・・・殺害予告じゃない!」

唯「こ、怖いよぉ~」ブルブル

紬「だ、大丈夫よ唯ちゃん!彼らだってそこまで本気でやってるわけじゃないわ
私にも似たようなことが書かれてたりするし・・・」

唯「ねぇムギちゃん・・・私たちっていけない事をしちゃっているのかな?」

紬「・・・そんなことないわ!私たち、愛しあってるのよ?」

唯「うん、うん!そうだよね?私たち間違ってなんかいないよね?」

紬「もちろんよ!私たち・・・ようやくいっしょになれたのよ・・・?」ぎゅっ

唯「そうだよね。ずっといっしょにいて、ようやく自分たちの気持ちを伝えあえたんだもん」ぎゅぅ

紬「そうよ。初めて出会ってから・・・ずーっと好き同士で、ようやくいっしょに暮らせるようになったの」なでなで

唯「うん!きっとみんなもいつかわかってくれるよ・・・」

紬「そうよ。私たちはずっといっしょよ?」

唯「ずーっとずーっと、いっしょにいようね!」

紬「私たちのファンならきっと理解してくれる・・・信じましょう?」

唯「そうだよね。私、信じるよ!」

紬「もしダメだったら、引退しちゃいましょ?私たちは何があっても離れられないもの」きゅっ

唯「どこまでもいっしょに行こうね!」ぎゅうっ


唯紬「ふんす!」




おしまい!