唯「私見たんだから! あずにゃんとムギちゃんがべたべたしてるの!」

梓「あっあれはそんなんじゃないです! 私だって律先輩とくっついてるの見ましたよ!」

唯「ナ、ナンノコトヤラ……あっそうだっ! 澪ちゃんともこないだ仲良くしてた!」

梓「あんなの唯先輩と憂はいつもやってるじゃないですか!」

唯梓「むぅ~~~~!!」



憂「二人ともっ」ペチ

唯「わっ」

憂「喧嘩しちゃあ」ゴスッ

梓「いだっ!」

憂「めっ!!」

唯「はーい……」

梓「だおお……」



唯「あずにゃんのせいで怒られちゃったよぶー」

梓「……」

唯「……?」

梓「うっ……ぐふっ」ポロポロ

唯「えっ!?」

梓「ううぅぅぅ……」ポロポロ

唯「あっ痛かったのか! あずにゃん大丈夫?」ナデナデ

梓「うっ、すっ……いだいよぉ……」グスッ

唯「この辺? よーしよーし」

梓「うう……」



唯「まだ痛い?」

梓「……いえ、もう平気ですから……すんっ」

唯「そっか……」すっく

梓「唯先輩どちらに……?」

唯「ちょっと憂に怒ってくる」

梓「えっでもあれは私達が喧嘩してたから……」

唯「ういーーー!」ドタドタオドタ

梓「いっちゃった……」



梓「……」

梓「……」

梓「先輩遅いな。もしかして姉妹喧嘩に? それとも説教?」

梓「止めに行かなきゃ!」

タッタッタ



梓「唯先輩! 私はもう大丈夫ですか……ら」

唯「うい~~あんまり強くぶっちゃめっだよ!」イチャイチャ

憂「ごめんねおねえちゃ~~ん」イチャイチャ

梓「……」

唯「えへへ~~……あ、あずにゃん! 憂も反省してるみたいだから許してあげ――」

憂「ごめんね梓ちゃん」

梓「言ってるそばから憂とべたべたしてるじゃないですか!!」

唯「へ? ……あっ」

梓「もう唯先輩なんか知らないですっ! もう勝手にビッチしてればいいじゃないですか! 唯ビッチ!」



憂「めっ!!」ズンッ

梓「お……お……!!」

憂「梓ちゃん! 嘘でもそういう事言っちゃだめだよ!」

唯「あず……にゃ……」ポロポロ

憂「お、お姉ちゃん! 梓ちゃんは悪気があった訳じゃなくて……! そうだよね梓ちゃん!?」オロオロ

梓「っ……は」

梓(い……息が)



唯「あずにゃんのいけぶくろー!」ダッ

憂「あっ待ってお姉ちゃん!」

憂「行っちゃった……せっかく仲直りできたのに……」

梓「……かはっ」

憂「梓ちゃん!? ご、ごめんね私……!」

梓「う、ん、たいしょうふたから……」

憂「で、でも」

梓「それより唯先輩が」

憂「お姉ちゃん打たれ弱いから……」

梓「唯先輩が私の事ビッチって言い出したくせに……はぁ、私唯先輩の所に行ってく……あれっ」ガクンッ

憂「梓ちゃん!」

梓「あれ……足が」ガクガク

憂「まだ動いちゃダメだよっ!」ぎゅっ

梓「あ……」

憂「少し横にならないと」

梓「でも唯先輩が……」

憂「そんな身体じゃ無理だよ。はい、ここに寝て」ポフッ

梓「う……膝枕は恥ずかしいよ////」

憂「誰も見てないよ」

梓「うぅ……」

憂「えへへ」

梓「……憂、枕が高いんだけどもしかして」

憂「ふとってないよ!?」ガビーン

梓「冗談だよ」

憂「も、もうっ」

梓「ははは」

憂「……ふふっ」



唯「……へぇ」

憂「あっお姉ちゃん!」

梓「唯先輩! あのっ、さっきは言い過ぎちゃってごめんなさい」

唯「それは私も悪いから……でも今のそれは何?」

梓「へ……あっ!?」ガバッ

憂「違うのお姉ちゃんこれは私が!」

唯「……あずにゃん、今日はもう帰ってくれない?」

梓「え……」

憂「お姉ちゃん!」

唯「あと今日はご飯いらないから」

憂「待ってお姉ちゃん!」むんず

唯「……!」ポロッ

憂「あっ……」

唯「……う、ういもだいっきら――」

梓「だめーーー!!」ドンッ

唯「うんごっ?!」ドサッ

梓「そんな思ってもない事言っちゃだめですよ……これ以上は本当に辛くなるから……」

憂「梓ちゃん……」

梓「ほら、こんなに辛そうな顔してる……」

唯「あ゛……っ……ぐはっ」

梓「私は帰りますから、せめて憂とは仲直りしてくださいね……」

憂「梓ちゃん、私買い物行ってくる」

梓「え?」

憂「お夕飯の材料買ってこなくちゃ。三人分のね」

梓「でも……」

憂「このまま帰っちゃったらだめだよ。お姉ちゃんともう一度話し合って……ね?」

梓「だけど唯先輩は」

憂「さっきからずっと悪口言ってるお姉ちゃんが黙ってるんだよ? 二人とも本当はわかってるんでしょ?」

梓「憂……」

憂「それじゃ行ってくるね。……あ、遠くのスーパーに行くから少し遅くなるかも」ガチャ

梓「ちょっ、それ使い所間違ってるよ……って行っちゃた……」

唯「……っは……あ、はぁ……」



梓「……」

梓「憂には敵いませんね……あはは」

唯「……っけほ、けほ」

梓「あの、ぼめんなさい唯先輩」

唯「……どいて」

梓「あっすいません!」バッ

唯「……」

梓「あ、あの……」

梓(あれ、憂の言ってた展開と違う)

唯「あずにゃん」

梓「ははいっ」

唯「……っ……んだけど」

梓「え?」

唯「痛かったんだけど!!」ドンッ

梓「いたっ!?」ドサッ

梓「あたた……あの、本当にごめんなさぐえっ」

唯「……」

梓「の、のっからないでくださ……ひっ!」ゾク

梓(やだ……唯先輩本気で怒って……)

梓「あ、あの……ごめんなさ、い……うっ……」ジワ

唯「……」スッ

梓「ひっ!?」ビクッ

唯「ぎゅー♪」

梓「……へ?」

唯「冗談だよ、私怒ってないよ」

梓「え、あ……」

唯「ごめんねあず……にゃ?」

梓「……」ポロポロ

唯「あ、あれっ?」

梓「んぅぅばかばかばかぁぁ!! 唯先輩のばかあああ!!」ポロポロポカポカ

唯「いててて! ほんのジョークのつもりで……」

梓「もおおおおおお!!」ポカポカ

唯「ごめんごめん……お詫びにチューしてあげ――いだあっ!?」

唯「目に、目に入ったぁぁぁ……!」

唯「あずにゃんのばかああ!」ボカスカ

梓「うるさいですっ!」ボカスカ



――――

憂「お姉ちゃんと梓ちゃん仲直りしたかなぁ」

憂「気になって早く帰ってきちゃったけど……まさか本当にあんな事はしてないよね?」



ガチャ

憂「ただいまー」

憂「……」

憂「……あれ?」

憂「お姉ちゃーん? 梓ちゃ……っ!?」



唯「ぐ……かは……」モゾモゾ

梓「くぅ……はぁはぁ……」ゴゾゴゾ

憂(だ、抱き合って寝てる!)

憂(それに服もあんなにはだけて……!)

憂「だ、だめだよおっ! さっきのは冗談だったんだから!」

憂「めっ!」ゴツ ゴシャッ!

唯「……」ギロ

梓「……」ギロ

憂「そ、そんな怖い顔してもだめっ! さっき純ちゃんから連絡あったのにこれじゃ――」

唯「ふうん、混ざりたいなら最初からそう言ってくれれば良かったのに」

梓「武器なんか捨ててかかってきなよ」

憂「へっ!? だ、だめだよそんな関係……////」

唯「はっ」ゴチン

梓「えいっ」バチーン

憂「いだっ……」

憂「……」



――――

ガチャ

純「おじゃましまーす」

純「ん? やけに騒がしいな」

純「憂ー? 何やって……」

純「……」

純「……ビッチだ」



END
戻る