澪「私が嫌いってどういう事だよ…」

梓「唯先輩、澪先輩の事をカッコイいとか尊敬してたじゃないですか!」

紬「そうよ!唯ちゃん、澪ちゃんのベースとか歌声とか褒めてたわよ!」

唯「まあそれは嘘じゃないよ。澪ちゃんは楽器も歌も上手いもんね」

澪「だからボーカルをやってるんだよ」

唯「…それがムカつくんだよ澪ちゃん!ボーカルで歌上手いのは私だけでいいの!」

梓「え?」

澪「何言ってるんだお前」

唯「澪ちゃんがしゃしゃり出たせいでさ!私の立場が小さくなったんだよ!」

澪「な、何の話をしてるんだ?」

唯「放課後ティータイムの話だよ!」

澪「…つまり、私の存在そのものが嫌いなのか?」

唯「そう。放課後ティータイムで歌が上手いボーカルは私だけでいいのにさ!澪ちゃんみたいなのが歌い出して…ファンクラブまで出来て!うあああああああ!」

ガッ

紬「唯ちゃんが澪ちゃんに殴りかかった!」



ガシ

唯「!?」

梓「唯先輩のパンチを受け止めた…」

澪「おい唯。私もイライラしてきたぞ」

唯「は?」

澪「それってただお前が私に嫉妬してるだけだろ。私の実力にさ…」

唯「は?もしかして自分で自分の実力が凄いとか思っちゃってるのかな。澪ちゃん」

澪「…」プルプル

唯「髪の毛が今にも抜け落ちそうだね」

澪「…」ブ チ !

唯「ん?もしかして澪ちゃんもキレた?」

澪「髪の毛の話は関係ないだろ…」

澪「おい唯。一発殴らせろよ…」イライラ

唯「は?」

澪「私を怒らせたなー。唯は」イライラ

唯「…」

澪「私がキレたらどうなるのかしらないだろ」

唯「…」

澪「だから、今の発言は取り消せ。取り消したら殴るのは許してや」

バキッ!

澪「ぶっ!?」

紬「澪ちゃんが唯ちゃんに殴られた!」

唯「…」

バキッ バキッ バキッ

澪「ぎゃああああ(なんだ!?さっきのパンチより明らかに動きが早くて受け止められない!)」



澪「がは…」ドサ

唯「はぁ…。澪ちゃんにはがっかりだよ。余計嫌いになったよ」

澪「ゆ、唯?」

唯「キレた澪ちゃんがどんなのだか気になったからせっかくキレさせてあげたのにさ」

澪「ま、まさかさっきのは演技!?」

唯「まー。私が澪ちゃんの事を嫌いっていうのは本当だよ」

澪「…」

唯「澪ちゃんって実力もない口だけ野郎だったね」

澪「…」

唯「りっちゃんあたりを口だけで騙してたんでしょう。想像できるよー」

澪「…ごめん」

唯「え?」

澪「ごめんなさい!今まで嫌がらせして!」ポロポロ

唯「…何?今更命乞いするの?…そういう所がムカつくんだよね。澪ちゃんさあ!」

ドガァァァァ!

澪「あああああああ…」バタ

唯「ペッ!」

ビチャッ

澪「」



紬「りっちゃんに続いて澪ちゃんまで…」

梓「うわああ…」ビクビク

唯「…」ギロ

梓「ひっ!」

唯「あずにゃんさ。さっき私に何て言ったか覚えてる?」

梓「な、なんでしたっけ…。…ぐげっ!」

紬「唯ちゃんが梓ちゃんの首を掴んだ!」

唯「しらばっくれないでよあずにゃん」

梓「あ…ああ…ゆ…い…せんぱ」

唯「いい顔だねえ。あずにゃん。ゾクゾクしてきたよ」ニヤニヤ

紬「(いけない。唯ちゃんが何かに目覚めそう)」

梓「こ…この…」

唯「んー?」

梓「ち…しょう…くず…」

唯「……」ブチッ!

梓「(やった!唯先輩をまたキレさせてやった!こうなったら、最初の目標だった唯先輩をキレさせる事に集中だ!)」

紬「(梓ちゃん…おかしくなっちゃったのかしら)」

唯「…」

ガン!

梓「ぶげっ!ゆ、床に頭ぶつけられた…」

唯「…」

唯「ねえあずにゃん」

梓「ひっ!(や、やっぱりキレた唯先輩…怖い!)」ビクビク

唯「…ビクビクしてるねえ」ニヤニヤ

梓「え?」

唯「私がちょっと怒っただけでみんなこうなるんだー。いい事知ったなー」

紬「ゆ、唯ちゃん何を考えてるの?」

唯「さーね。…今日はこれくらいにしといてあげるよ。りっちゃんと澪ちゃんをボコボコにできたしね」

梓「は、はい…」

唯「明日からをお楽しみにね」ニヤニヤ

梓「(嫌な予感しかしない)」




その日の夜 平沢家

憂「お姉ちゃん~。ご飯できたよー」

唯「はーい」ドタバタ

憂「食べようか」

唯「うんー。…!」

憂「ん?…あ、なすとピーマンだね。体に良いから嫌いな物も食べなきゃ」

唯「…はぁ」

憂「ん?」

唯「憂は私がなすとピーマン嫌いって知ってて出したんだー」

憂「え?お姉ちゃん…?」

唯「…」ボキッ

憂「お、お姉ちゃん…なんで箸折るの…?」

唯「お姉ちゃん?嫌いななすとピーマンを食卓に出すクズにお姉ちゃんなんて呼ばれたくないなあ」

憂「う、うう…」

唯「ハンバーグ食べたいなー」

憂「…!い、今すぐ作るから!だから許してお姉ちゃん!」

唯「…ペッ!」

憂「う…」ビチャッ

唯「…私の妹だったら、ハンバーグ以外にも私の大好物知ってるでしょ?」

憂「う、うん!お姉ちゃんの好きな物今すぐ全部作るから!」スタタタ

唯「(ふふ…いいねえ。私がちょっとイラだっただけでみんな私の言う事聞いてくれるよ…)」



6