部室

唯「あずにゃん~」ダキッ

梓「ちょっ…唯先輩!いつもより長いですよ!抱きつく時間!」

唯「今日ちょっとイライラする事があったからさ~。あずにゃん分を補給してストレス解消しようと思って~」

梓「なんですかそれっ!(…澪先輩達、なんとか唯先輩をイラつかせたんだ…。澪先輩達、頑張ってるみたいだしここは澪先輩達に協力しようかな)」

梓「…離れて下さい」ブンッ!

唯「え?あずにゃん…?」

梓「はあ…。唯先輩、キモいんですよ」

唯「え…」

梓「いつもいつもそうやって私に抱きついて。いい加減ウザイです」

唯「あ、あずにゃん…」ウルウル

梓「そうやって泣くんですか?本当に子供ですね。唯先輩って頭おかしい池沼ですか?」


唯「…は?」

梓「…え?」


唯「……」

梓「……」

唯「……」

梓「(え…な、何?この空気…)」

唯「…チッ」

ガンッ!! ドォン

梓「っ!」ビクッ

梓「(机蹴ってひっくり返した!い、いつもの唯先輩じゃない…)」ウルウル

唯「はぁ…。あずにゃんはさー」

梓「は、はい!」ビクビク

唯「澪ちゃんみたいな事はしないと思ってたのになー」

梓「あ、あの…ごめんなさい!」

唯「今更遅いよ。ゴキブリみたいなツラしてさ…」イライラ

梓「ひっ!」

梓「(唯先輩…キレる直前だよ!…ひょっとして、唯先輩ってキレるとめちゃくちゃ怖いの!?)」


ガチャ

律「よお!遅くなった!」

澪「ははは!唯いるな!」

紬「梓ちゃんもいるわねー」

梓「…!(これはヤバい!)」

律「なあ唯~」

唯「…ん?」

律「ツバかけビーム…くらえ~!」ペッ!

ビチャッ

唯「……」ブ チ !

ドガベキィィィィィ!!

律「…ぶばがああああああ!!?」ドサ

澪「な…」

律「」ピクピク

梓「(唯先輩が律先輩に言葉に表せない物凄い蹴りを!)」

唯「はぁ~」

澪「…」

紬「…」

梓「…」

唯「…は?何で黙ってるのみんな。こうなった私を見たかったんじゃないの?」

澪「(やっぱり気づいてたのか…)」

紬「わ、私…用事を思い出したわ~」ガチャ…

ブンッ!

ドスッ

紬「…え?ドアに鉛筆が刺さってる…」

唯「そりゃ無いよムギちゃん。私、もっとキレるよ?」

紬「…ひ!」ビクビク


唯「…あのさ」

澪「な、なんだ…?」

唯「言い出しっぺは誰?」

梓「え?」

唯「だからさー。私を怒らせてみようって最初に言ったクズは誰かって聞いてるんだよー」

梓「…(澪先輩…ここは正直に言ったほうが…)」ビクビク

澪「(でも、律の命が…)」

紬「りっちゃん!りっちゃんよ!りっちゃんです!!」ビクビク

澪「(ムギいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい)」

唯「ふーん。りっちゃんなんだー」

テクテク

律「」

唯「ねーりっちゃん。りっちゃん起きてよ~」

律「…ん、んん。…って唯いいいいいいいいいいいいいいいい!!」

唯「目は覚めたね」

律「…あ、ああ…」ビクビク

唯「私を怒らせようって最初に言ったの。りっちゃんなんだってね」

律「はっ…!!」ビクビクビクビク

唯「…クズだね。りっちゃんは」

律「…あ、あのさ唯!わ、私は…最終的に…反対したんだ!こういうのダメだって澪に反対したんだ!」

唯「澪…?」

澪「(ば、バカ律!)」

律「だ、だから!どうか私を許してくれ!この通り!」ドゲザ

唯「りっちゃん…」

ガシ

律「ん?…唯、なんで私の頭を掴むんだ…。あのー」

ドゴォォォ!

律「」

唯「言い出しっぺが何言っても説得力ないよねー」ニコニコ

梓「(律先輩の頭が壁にめり込んだ!?)」

唯「…さて!」

ガシッ

澪「うっ…」

紬「唯ちゃんが澪ちゃんの胸ぐらを掴んだ!」

唯「昨日とは逆の立場だね。澪ちゃん」

澪「…」

梓「(澪先輩…どうかご無事で)」

唯「澪ちゃんに昨日ツバかけられた時は本気でキレそうだったよー。まあ今キレてるんだけどね~」

澪「…唯。この際だから聞くよ。なんで私の嫌がらせの時だけみんなにされた時と態度が違ったんだ?」

唯「簡単だよ。澪ちゃんが前からだいっ嫌いだからだよ」

澪「…」

梓「(どういう事?唯先輩が澪先輩を嫌いって…)」



5