数時間後

律「…よし。今日はこのくらいにしとくか」

梓「そうですね」

紬「もう遅い時間だものね」

唯「やったー。終わりだー」

澪「…」

唯「帰りにアイス買っていこう。みんなもどう?」

澪「あー。私ちょっと学校に用事あったんだ」

澪「…」クイクイ

律「…あ、あー!私もちょっと用事があったんだ!」

紬「…!私もよ!」

梓「奇遇ですね!私もです!」

唯「…ふーん。じゃあ私は先に帰るね」

律「ああ、また明日な」

唯「うん」

ガチャバタン



律「…で、澪。私達を呼び止めたのは?」

澪「作戦会議だ!明日の唯をキレさせる作戦の!」

紬「まだやるの…」

梓「まあ、負けっぱなしは嫌ですからね」

律「唯のキレた所、結局見れなかったしな」

澪「そう!明日こそはブチキレた唯を見てやる!!」

梓「澪先輩、やけに気合い入ってますね」

紬「最初は反対してたのに…」

澪「悔しいんだよ!私が唯の罠にハマってキレてしまったのが!」

律「自業自得だろ」

澪「…なんか言ったか?」イライラ

律「あー!キレるな!仲間割れはやめよう!」

澪「…ああ」

梓「(澪先輩って物凄い短気だな)」



紬「それで、明日やる事は?」

澪「みんなで全力で嫌がらせしよう」

律「今日とあんまり変わってない気が」

澪「全力でだ!いいか!私達4人で唯に全力で嫌がらせをするんだ!自分がやられたらムカつくと思う事をみんなでやるんだ!」

梓「…4対1だからこちらの方が有利って事ですか」

澪「ああ!その通りだ!」

澪「そしてムギ!お前には強力してもらう!」

紬「え?何を…?」

澪「ムギは金持ちだからな。唯の嫌がらせに役立つアイテムを用意してもらう」

律「(澪の奴…唯に負けた事がどれだけ悔しいんだよ…)」

澪「いいか!今から私が言う物を明日までに用事しろ!」

紬「わ、わかったわ…」




そして次の日

三年教室


澪「唯~」

唯「あ、澪ちゃんおはよう」

澪「(…よし!机の上に筆箱が出てる!)」

澪「…うわっ!」ツルッ

唯「うわ!澪ちゃん!?」

澪「ご、ごめん!足場が滑って唯にぶつかっちゃった(今の内に…)」サッ

澪「(よし…これで完了!)」

澪「付けて来たぞ。唯の机に超小型監視カメラを」

律「ああ…」

澪「それに…唯の筆箱に入ってた消しゴムを手に触れたら机から落ちるしくみになってる消しゴムにすり替えた」

律「ああ…」

澪「ムギ、監視カメラの映像は?」

紬「このビデオで観れるわ」

澪「よし…これで唯がイラつく様子を確認出来る!」



授業中

澪はこっそりビデオで唯の監視カメラの映像を観ている


唯「…」スッ


澪「(…!消しゴムに触れた!)」


唯「…!」

ポロ

唯「…」スッ

ポロ

唯「…」スッ

ポロ

唯「…」スッ

ポロ

唯「…チッ」


澪「(舌打ちした!)」


唯「…ハァ」

スッ

ポロ

唯「…」

ビキッ!


澪「(鉛筆折った!これはかなりムカついてるぞ!)」ワクワク


唯「…」ケシケシ


澪「(…なっ!シャーペンの消しゴムを使い始めた!そうか…シャーペンの消しゴムを忘れてた!)」

澪「(まあいい…これで唯はイライラしてるはず)」



放課後

澪「よし!律、ムギ!部室に行くぞ!」

紬「ええ…」

澪「ムギが用意した消しゴムで唯はイラついているはず!もうちょっと嫌がらせをすればきっとブチキレる!」

紬「ええ…」

澪「これで私達の勝ちだ!ハハハハハハ!」

律「なあ澪…」

澪「ん?なんだ?」

律「もうやめにしないか?」

澪「は?」

紬「りっちゃん…」

澪「は?何言ってるんだよ。律…」

律「あのさ…よく考えたら唯がキレてもあんまり得しないだろ」

澪「いや!得するって!少なくとも私はめちゃくちゃ得する!」

律「いや、なんかだんだんいじめみたいになってるしさ」

紬「そうそう…。やっぱり罪悪感が…」

澪「ムギまで何言ってるんだよ!」

澪「…ってか!忘れるなよ律!唯をキレさせようって一番最初に言い出したのはお前なんだぞ!律!」

律「まあ、そうだけどさ…。遊び感覚で言っただけでここまでやるつもりは…」

紬「私も遊び感覚でちょっと乗っただけで」

澪「ふ、ふざけるなよ!自分から言い出したくせに!」

律「言い出した私に責任があるのはわかる!…つーか澪だって最初は反対してただろ」

紬「そうよ澪ちゃん。どうして立場が逆転したの…」

澪「うう…」

律「澪はさ。今はただ唯に仕返ししたいだけだろ」

澪「仕返しって…何のだよ!?」

律「昨日、唯のペースに乗せられたことだよ」

紬「澪ちゃん。あそこから異常にやる気が出たわよ」

律「素直に負けを認めろよ。諦めも肝心だぞ」

澪「諦めたらそこで作戦終了だ!」

律「いや作戦終了でいいんだよ」

澪「くっ!」

紬「梓ちゃんにも言っておきましょう。作戦終了って」

律「そうだな」

澪「待てよ!ここまでやったんだぞ!唯がキレるまでやりたいとは思わないのか!?」

律「…まあ、やりたいとは…思うけど…」

紬「え?りっちゃん?」

澪「…律。わかるぞ。幼なじみの心はわかるぞ!律も私と同じ考えなんだろ!」

律「…正直に言うと、私もまだ唯がキレた所を見てみたいって気持ちはある」

紬「そうなの?」

澪「じゃあなんでやめようなんて…」

律「なんか…怖いんだよ」

澪「怖い?」

律「キレた時の唯がだ」

澪「どういう事だよ」

律「ほら…昨日、澪にツバかけられた時とかに、微妙にイラついてただろ。唯」

紬「そうね。それで唯ちゃん。澪ちゃんに倍返ししてたわね」

律「そこだよ!唯は倍返しするんだよ!…もし唯がキレたら…絶対倍返しされる!」

澪「…律は唯を恐れてるのか?唯だぞ!普段はアホでバカっぽい唯だぞ!」

律「そういう奴こそ!キレると何するかわからないんだよ!」

紬「わかるわ」

澪「…律。律は知ってるよな」

律「え?」

澪「私がキレた時の事だよ」

律「…ひいいっ!」ゾクッ

紬「え?」

澪「そうだろ。唯と私、どっちが怖いかわかるだろ」

律「み、澪かもしれない…」

澪「つまり、唯がキレた所で私がマジギレしたらそこで私達の勝ちだ」

律「…そうだな!そう考えたらやる気出てきた!」

澪「そうだろ!じゃあやろう!唯に嫌がらせを!」

律「おお!じゃあ部室に行こうぜ!」

澪「そうだな!唯もそろそろ部室にいるだろうし!」

紬「(私、もう関わるのやめておこうかしら…)」


4