唯「ねえ!」

律「な、なんだ?」

唯「そろそろ練習しようよ!」

律「え…でもまだ…」

梓「なんというか…」

唯「私達、軽音部でしょ!」

律「(…そうだ!)」

律「それがどうしたんだー」

唯「え…」

律「どうせ練習したって上手くも何ともなんねーよ」

紬「そうよねー。私達、いつもお茶飲んでるだけだものねー」

梓「いくらやっても無駄ですよー」

律「(こんなに私達がやる気無かったら怒るはず!)」

唯「お茶!それを忘れてたよ!ムギちゃん!今日のおやつは何!?」

紬「え、えーとね…」

律「くっ…」

紬「い、今お茶持ってくるわね!」

唯「うん!」

澪「けっ!おやつなんてガキだな唯はー」

唯「…」ピク

澪「どーせ大人になっても妹におやつ食べさせて貰うようねだるんだろー」

梓「(それは今もやってない気が)」

紬「はいお茶…」コト

澪「本当子供だなー。唯は…」

ビチャッ!

澪「熱っ!熱い~!」

唯「ごめーん。手が滑ってお茶かけちゃったよ澪ちゃんー」

律「(これは…)」

澪「…」イライラ

唯「…」ニヤニヤ

澪「…くっ!このっ…」

ガシッ

律「タンマ澪!」

澪「律!」

律「トイレ行こうぜ!」

澪「り、律ー」

ガチャバタン



女子トイレ

澪「なんで止めた!律!?」

律「唯は感づいてる」

澪「え?」

律「私達が唯をキレさせようとしている事をだ」

澪「なんだって…」

律「唯も勝負に出てる。こっちとは逆に私達をキレさせる勝負にだ」

澪「私達を…!?」

律「いいか澪!私達4人…誰か一人が唯にキレたらそこで負けだ!」

澪「勝ち負けとかあるのか」

律「いいか澪。冷静になれ」

澪「…ああ」

律「私達の目的は唯を怒らせる事だ」

澪「ああ…」

律「さっき澪が唯に嫌がらせした時の唯の反応を見て確信した」

澪「何をだよ…」

律「唯は多分…理由はわからないけど澪に嫌がらせされるので怒りを覚えてる」

澪「私にか…」

律「単純な話、澪が唯に嫌がらせをやりまくったら唯はキレるんじゃないか?」

澪「まあそうだな…みんなと同じ事をした時、私への反応がみんなと違ったし…」

律「澪!唯にとびっきりムカつく嫌がらせをしてやれ!これが唯の堪忍袋を破裂させれば私達の勝ちだ!」

澪「ああ!やってみる!(さっきお茶かけられた仕返しをしたいしな)」



部室

紬「えいっ」

ビチャ

梓「そりゃっ」

ビチャ

唯「熱いっ!」

紬「ごめんなさい~。お茶かかっちゃったわー」

梓「唯先輩がトロいからいけないんですよー」

唯「ごめんね!これから私、気をつけるから!」

紬「…」

梓「…」

ガチャ

律「待たせたな!」

澪「(よし…やるぞ!)」



澪「唯~」

唯「何?澪ちゃん?」

澪「ふん!」バシン!

唯「ぶっ!」

律「おお!」

梓「ビンタした!」

澪「ほっぺに蚊が止まってたから払ってやったぞ」

唯「…へ、へぇ~。それはありがとね…。はぁ…くっ…」

澪「でも蚊には逃げられちゃったけど」

唯「……」

律「(来るか!)」

唯「…あ!澪ちゃんにも蚊が止まってる!」

澪「え?私にも蚊が?」

ボカッ!

澪「ぶぐうっ!!!」

律「んなっ!」

梓「(唯先輩が澪先輩の顔面を思いっきり殴った!)」

澪「あ、あ…」フラフラ

唯「あ、蚊…殺そうと思ったんだけど逃げられちゃったよ。ごめん澪ちゃん」

澪「…」イライラ



澪「…はぁー」

紬「(澪ちゃん!?)」

律「(これはマズい!)」

澪「…」ガシッ

唯「…澪ちゃん。胸ぐら掴むのやめてよ~。醜いよ~」

澪「…っ!!!」ブチッ

澪「唯てめええええええええええええええ!!!」

律「(あちゃー)」

澪「さっきから私に向かって嫌な態度取りやがって!ぶっ殺すぞ!!!」

唯「やめてよ澪ちゃんー。短気だよ。短気」ニヤニヤ

澪「…はっ!(しまった!)」

梓「(今更気づきましたか)」

紬「(私達の負けね)」

澪「(くっ!つい私がブチキレてしまった…)」

唯「さて、そろそろ練習しようか」

澪「っ!」

唯「ねえ澪ちゃん。いつも澪ちゃんは練習やりたがってるしね」

澪「…あ、ああ…そうだな。やるか…練習」

紬「(澪ちゃん、諦めたわね…)」

梓「(完全に負けましたからね)」

律「(今日は無理か…)よーし、練習だー」



3