澪「…何言ってるんだ?」

紬「りっちゃん…?」

律「だからさ。唯をマジギレさせたらどうなるかなって」

澪「さあ…見たことないからよくわからない」

律「だろ!見たことないだろ!」

澪「あ、ああ…それがどうしたんだ?」

律「だからさ!唯がキレたらどうなるか気にならないか!?」

澪「え…」

律「唯ってさ、喜怒哀楽で怒だけ見せたことないだろ。だから余計に気になるんだよ」

紬「ああ!それわかるわ!」

澪「ムギ!」

律「だろだろ!わかるだろ!澪もわかるだろ!?」

澪「…まあ、確かに…怒った時の唯の反応は気になるといったら気になる…」

律「そうだろ。だからさ…みんなで唯を怒らせてみようと思う!」

澪「ええっ!?」

紬「面白そうね~」

律「やってみようぜ!唯ももうすぐ部室に来るしさ!」

澪「で、でもどうやって唯を怒らせるんだよ!」

律「まあ…嫌がらせをしまくったら怒るんじゃないのか?」

紬「嫌がらせ…なるべくそういうのはしたくないけど…」

律「仕方ないだろ。唯を怒らせる方法はこれくらいしかない」

紬「怒った唯ちゃんを見る為って事なのね…」

律「そういう事だ!」

澪「…ほどほどにしとけよ」

律「なんだよー。澪も気になってるくせに」

澪「ま、まあ少しはな…」

律「じゃあ澪もちょっとは手伝えよ」

澪「…わかったよ!」

律「わかればよろしい~」

紬「そろそろ唯ちゃんが来るわね」

律「そうだな。…って事で澪!わかったな!」

澪「ああ…」




数分後

ガチャ

唯「あずにゃん~~~!」ダキッ!

梓「や、やめて下さいよ~」

律「(梓も一緒に来たか)」

唯「あ。そこであずにゃんとばったり会ってね~」

澪「そ、そっか」

律「あ!足が滑った!」

ガシッ

唯「うわあああっ!」

ドタッ!

梓「唯先輩!?」

澪「ちょっと律…!」

唯「うう…りっちゃん痛いよ~」

律「ああ…悪いな。足が滑ったんだ。…でもそんな所に突っ立ってたお前が悪いんだぞ。ったくもー」

紬「(りっちゃん…本気ね)」

律「(こんなムカつく事されたらさすがの唯もキレるだろ)」

唯「…そっか。こんな所に立ってた私が悪いんだね。ごめんね、りっちゃん」

律「え?…あ、ああ。わかればいいんだ…」

梓「律先輩!」

律「…!」

梓「なんですか今のは!唯先輩に謝って下さい!」

律「…梓!ちょっとトイレ行こうぜ!」ガシッ

梓「ちょっと…律先輩…あっ!」

ガチャバタン


澪「律…」

唯「あずにゃんとりっちゃん、トイレ行っちゃったね」

澪「そうだな…」

紬「…」

唯「…ん?ムギちゃん?」

紬「…」

唯「ムギちゃん…どうかしたの?」

紬「…」プイ

唯「ムギちゃん…」

澪「(ムギのやつ…唯を無視して怒らせようとしてるな…)」

唯「なんで無視するのお…」



女子トイレ

梓「ちょっと…なんですか律先輩」

律「あのな。梓…私達は今、ある作戦の実行の途中なんだ」

梓「ある作戦って…なんですか」

律「唯を怒らせるって作戦だ!」

梓「えっ」

律「唯がキレたらどんな感じになるかが気になってな。それでみんなで唯に嫌がらせをしてるんだ」

梓「…それでさっき、わざと唯先輩の足をひっかけたんですか」

律「その通りだ」

梓「そうですか…」

律「(やっぱ梓はこういう話は乗らないかな…)」

梓「それってかなり面白そうですね!!」

律「え」

梓「唯先輩がキレるところとか気になります!見てみたいです!」

律「そ、そうか…」

梓「私も手伝わせてください!唯先輩に嫌がらせしまくります!」

律「お、おおそうか…ありがとな」

梓「じゃあ、早く部室に戻りましょう!」

律「お、おお…(ノリノリじゃねーか…)」



部室

ガチャ

律「帰ったぞー」

梓「…あれ」

唯「うう…」グスッ

澪「唯…泣きやんでくれ」

紬「ごめんね。無視なんかしちゃって…本当ごめんなさい!」

唯「グスッ…ヒック…」

紬「ごめんなさい!唯ちゃん!」

唯「ヒック…」グスッ

澪「唯…」

律「おいムギ」

紬「あらりっちゃん」

律「ちょっとこっち来い」グイ

紬「あら」


律「なんで唯を甘やかしてるんだよ!」ヒソヒソ

紬「ごめんなさい…。頑張って唯ちゃんを無視したんだけど、唯ちゃんの泣き顔見てたら罪悪感が…」ヒソヒソ

律「バカ野郎!罪悪感なんて捨てちまえよ!唯のキレたところ見たいんなら本気でやれよ!」ヒソヒソ

紬「でも…本気でやったら唯ちゃん、泣いちゃうのよ」ヒソヒソ

律「…そっか。怒る前に泣いちゃうのか」ヒソヒソ

律「(これは決定的に唯をムカつかせるしかないな…)」


唯「うう…」グスッ

梓「いつまで泣いてるんですか」

唯「え…あずにゃん」

梓「正直言ってウザいです。気持ち悪い泣き顔見せつけられて」

唯「うう…」

梓「(ふふ…後輩にここまで好きに言われたら普通ムカつくはず)」

唯「ごめんね。あずにゃん。泣きやむから…」

梓「え…」

澪「ペッ」

ベチャ

唯「あ…」

澪「ごっめーん。ツバかけちゃったよ唯~」ニヤニヤ

梓「(うわ。これはムカつく)」

律「(おいおい。なんだかんだ言って澪もノリノリじゃねーか)」

紬「(でも、きっとりっちゃんや梓ちゃんの時と同じく謝るんじゃ…)」

澪「(やっぱ、これくらいで怒りはしないかな)」

唯「……」

澪「ん…?」

唯「……」

澪「……」

澪「(これはまさか…)」

唯「…ご、ごめん!私がいけないんだよね!こんな所にいたから!」

澪「ん…あ、ああ!そうだぞ!お前がそんな所にいたから…」

唯「これから気をつけるからね!澪ちゃん!」

澪「あ、ああ…」

澪「(今の沈黙はなんだ…)」アセアセ

律「(もしかして!少しずつ怒りが溜まってきてるのか!)」

律「(ツバかけられて変な空気になったからきっと…)」

律「ペッ」

ベチャ

唯「あ」

律「悪いな~。私もツバかけちまったよー。はははー」

唯「ごめんりっちゃん!私がこんな所にいたから!」

律「ん?あ、ああ…」

律「(あれ?沈黙が来ない…)」

澪「…」

紬「ペッ」

ベチャ

紬「あら~。間違えて唯ちゃんにツバかけ…」

唯「ごめんムギちゃん!本当にごめん!」

紬「え、ええ…わかれば…」

梓「ペッ」

ベチャ

唯「ごめんねあずにゃん!」

梓「(ツバかけた理由言う前に謝った…)」

澪「…(私ももう一度やってみるか)」

澪「ペッ」

ベチャ

唯「!」

澪「ごめんー。またツバかけちゃったよ唯~」

唯「……」

澪「…唯?」

唯「…はぁ」

律「…!!」

澪「…」

唯「…ご、ごめんね澪ちゃん!」

澪「あ、ああ…」

澪「(明らかに私への態度がみんなと違う…)」



2