梓「はぁー……頭がぼーっとする」

梓「やりたい事が思いつかない」

梓「ねえ純、何か面白い事ない?」

純「もじゃー……」

梓「だよねえ……はぁー」

純「もじゃ」

梓「え、何かやってみろって?」

梓「何かって何よ」

純「もじゃ……」

梓「何にもないんじゃん」

純「もじゃもじゃ」

梓「はぁー……」

梓「純ー何か面白い事言ってよー」

純「もじゃもじゃ」

梓「だってヒマなんだもん」

純「……」

梓「ねえ純ってばー」

純「……」

梓「ねー」

純「……も」

梓「も?」

純「も、もじゃもじゃもじゃ……もじゃっ?」

梓「ぶふうぅっっっ!!?」

梓「ひゃあーーー! ひゃあーーーー!!」

純「もじゃっ!」

梓「ちょっ……あははっは! それ反則だよお……!」

純「……もじゃっ?」

梓「あっはっはっはやめてやめてーー!」

純「……もじゃっ?」

梓「お、おなかくるし……くふふふ!」

純「モジャァ(ドヤァァ)」

梓「ドヤ顔がしゃくだけど……ふふふふふっ!!」

梓「はー……面白かった」

純「……もじゃっ?」

梓「流石に連呼されると面白みが……」

純「………………もじゃっ?」

梓「…………ふぶっ」

純「モジャァァ」

梓「く……」

梓「……」

梓「なんか私達すごくだらだらしてない?」

純「……もじゃ」

梓「……」

梓「甘い匂いのするお菓子の森で小鳥さんとお喋りし……」

純「!?」

純「もじゃーーっはっはっは!!」

梓「……」

純「もじゃもじゃもじゃ!? もはははは!」

梓「何って歌詞だけど」

純「もじゃ!? もじゃもじゃもぅぅぅぅぅぅ!! もひゃもひゃ!!」

梓「……澪先輩が作った」

純「もひゃもひゃも……」

純「……も、ももじゃもじゃ(キリッ」

梓「何いきなり取り繕ってるの」

梓「澪先輩に言っておくね」

純「もじゃーー!?」

梓「なんてね」

梓(そんな事言ったら余計スランプになっちゃう)

純「もぉじゃ~……」

梓「じゃあ夕ご飯の話でもしようか。もじゃは何食べたい?」

純「……も、もじゃぁ////」

梓「はいはいそういうのはいいから」

純「じゃっ」

梓「結局何がいいの?」

純「ん~~~……も! もじゃもじゃも?」

梓「お好み焼きかぁ……最近食べてないなあ」

純「もじゃ?」

梓「うん、それにしよう」

純「もっじゃー」

梓「となるとやっぱりお店がいいよね」

純「もじゃ」

梓「じゃあしゅっぱーつ」


お好み焼き屋さん

梓「とりあえずチーズもんじゃかなあ」

純「もじゃ?」

梓「え? ああごめん自然にもんじゃ焼き選んでたよ」

純「も、もじゃもじゃもじゃ!!」

梓「ごめんってば。じゃあチーズ玉で」

純「もじゃもじゃ」

梓「え、そういうのは最後にしようよ」

純「じゃあ……もじゃ!」

梓「イカ天ね……あれ」

純「もじゃ?」

梓「玉と天って何が違うんだろう」

純「もじゃー?」

梓「玉はたまごで天は天かす?」

純「もーじゃもじゃーじゃん」

梓「どうでもいいですかそうですか」

店員「チーズ玉とイカ玉でーす」

梓「きたきた」

純「もっじゃもじゃー」

梓「じゃあ作るね」

純「もじゃ! もじゃがもじゃ!」

梓「えっ純が作るの? 大丈夫かな……」

純「もじゃもじゃじゃん!」

梓「油は私がひいておくね」

純「もんきゅー」

純「もっじゃ……もっじゃ……」

梓「かき混ぜるのも一苦労じゃない……ほんとに大丈夫?」

純「もじゃ! もじゃもじゃ!!」

梓「はいはい手は出しませんよ」

純「もじゃ……もじゃます!」

梓「どうぞ」

純「もじゃっ!」

ジュワ~

純「も、もじゃっ!」

梓「大丈夫?」

純「もーじゃもーじゃ……」

チリチリ

純「……もじゃ?」

梓「なんか焦げ臭くない?」

純「……もじゃー?」チラ

チリチリプスプス

純「も゛っ!!!?」

純「もじゃーーーーー!!!」

梓「うわっ!? ……って純燃えてるー!?」

純「もじゃあああ!!?!?」

梓「ほら水っ!」

純「もじゃっ!!」ジュンッ

梓純「…………はぁぁぁ」

梓「だから言ったのに……」

純「もじゃ……」

梓「そんな短い手じゃ危ないよ」

純「……もじゅあ」

梓「私が作るね」

純「……」

梓「……青のりかけてはい完成」

梓「ほら食べよ」

純「……」

梓「そんなにいじけないでよ」

純「もじゃ……」

梓「純の分も食べちゃうよ?」

純「もじゃはもじゃ!」

梓「はいはい」クスクス

梓「それじゃいただきまーす」

純「もじゃじゃもじゃーす」

梓「はふはふ」

純「もじゃもじゃ……」

梓「おいしい!」

純「もじゃ!」

――――

梓「ごちそうさまでしたー」

純「もじゃーん」

店員「まいどー」

梓「おいしかったね」

純「もじゃ」

梓「んー……やっぱり夜は寒いね」

純「もじゃ? もじゃもじゃ」

梓「純はもじゃもじゃだからね」

純「もじゃっ!?」

梓「ごめんごめん、でも本当にあったかそう」

純「……」

梓「あ……ご、ごめん」

純「んーん、もじゃもじゃないよ」

梓「……」

純「……」

梓「……へくちっ」

純「……もーじゃっ」ピョン

梓「えっ?」ポフ

純「あずしゃはもじゃじゃりじゃなー」

梓「純だって元は寒がりじゃなかったっけ?」

純「もじゃじゃじゃー」

梓「もう……でもモコモコしててあったかいや」

純「もじゃっ」

梓「……////」ギュー

純「あ、あずしゃ……////」

梓「……あったかい」

純「もじゃ…………あずしゃ……もじゃじゃよ////」

梓「あっ……」

梓「わ……私も////」

純「もじゃ////」



END