人間には、これだけは譲れない、という時があると思うんだ。
 大人になるにつれて、その対象には体面だったりプライドだったり、そういった余計なものが絡んでくる、と聞いたことがある。
 けれど、今俺が「譲れない」と思っているものは、少なくともそんなものとは無縁だった。

「集中……集中だ」

 自分に言い聞かせるように、噛み締めるように呟く。
 画面に表示される記号に、思考とは裏腹に体が反応するのをひしひしと感じる。
 すでに覚えこんでいるパターン。けれど、いつもそう決まっているかのように失敗してきた悔しさ。

 そんな空しさとも、今日でおさらばだ。

「これで終わりだ……!」

 すでに、曲は終盤を迎えている。リズムを刻むべく、指をコントローラーに這わせていく。
 そして、遂に最後。慎重に、けれど激しく、ボタンを打ち込んでいき――

「聡―!」

 何かがぶつかってくる感触とともに、コントローラーが落ちた。

「……」

 俺は何も言うことが出来ず、画面を見つめるばかり。
 今まで積み上げてきたコンボの表示が消えて、成績発表に移る。
「ノルマクリア成功!」と言われ、99%という達成率を見ても、挑発されているようにしか感じられなかった。

「聞いてくれよー……」

 空っぽの頭に、聞き覚えのある声が虚ろに響いてくる。
 色んな感情がない交ぜになる中、俺はやっとの思いで声を絞り出す。

「姉ちゃん……」

 口に出した瞬間、空っぽの気分が熱を帯びていくのを感じた。
 そうだ、なんでこのタイミングなんだ。あと3秒、いや2秒あれば、全て上手くいっていたのに。いや、それ以前の問題として、抱きついてこなければ――!
 俺は、そんな不満を全てぶつけてやろうと振りむく――と。

「ど、どうしたの?」

 憔悴しきった表情の姉ちゃんが、そこにいた。

 とりあえずゲーム機の電源を切り、姉ちゃんが落ち着くのを待つ。
 少し調子を取り戻した姉ちゃんは、鞄の中から封筒を取り出し、俺たちの間に置いた。結構な膨らみが見て取れる。

「これは?」
「いいから、開けてみてくれ……」

 相変わらず元気のない声音で姉ちゃんが言う。俺も中身は気になっていたから、すぐに手を伸ばす。
 それに触れるとどこか柔らかい感触がした。その口を開けると――

「……へ?」

 間抜けな声が聞こえた。誰がこんな声を出したのか、考えるまでもない。
 他でもない、俺だった。

 中から出てきたのは、たくさんの諭吉さんだった。
 一目見ただけでは数え切れないほどの量。

「とりあえず、数えてみてくれ……」

 姉ちゃんに言われるままに、俺は一枚ずつ数え始める。
 10枚数えた辺りで、「姉ちゃん、なんかバイトでも始めたのか?」と勘繰り、20枚数えた辺りで「まさかヤバいことをしでかしたのか?」と訝り、30枚から先は頭が真っ白で何も考えられなかった。
 50枚数え終わり、やっとのことで俺が口に出せた言葉は――

「……えんこう?」
「なわけねーだろ!」

 すかさず、姉ちゃんの突っ込みが入る。心なし顔が赤いように見えたので、どうやら信じてよさそうだ。
 とりあえず、田井中家の終焉が来たわけじゃ無い、ということに俺は安堵する。

 でも、だったらなおさら――

「じゃあ一体、この50万はなんなの?」
「そ、それはだな……」

 姉ちゃんは「コホン」と一息つき、訥々と話し始めた。


 姉ちゃんの要領をえない(まあ、無理もないけどさ)説明によると、こういうことらしい。
 部室を掃除してたら、古いギターが見つかった。調べてみると、それは顧問の先生のものらしいことが判明した。
 先生の許可を得て、軽音部の人たちはそれを売りに行った。すると――

「古いギターが、50万に化けた、と」
「そ、そういうことなんだよ」

 姉ちゃんの声が、か細いものに戻ってしまった。説明しているうちに、再びその凄味を実感したんだろう。

 まあ、無理もない話ではある。大人だったらまだしも、俺たちのようなごく普通の中高生にとって50万なんて、夢のまた夢の金額だ。そんなもん持たされたら、誰だって不調をきたしてしまうに決まってる。

 と、ここまで考えて少し気になったことがある。

「姉ちゃん、こんな大金持ってたなら誰かに相談したんじゃないの?
 ほら、例えば澪姉とか」
「い、いや、それは……」

 姉ちゃんの口調が歯切れの悪いものになる。おそらく誰が聞いても、「ああ、相談しなかったんだな」と思うだろう。でも、長い付き合いの俺は、その裏にある詳しい事情まで想像出来てしまう。

 姉ちゃんのことだ。軽音部の皆さんの前じゃ(澪姉も含め)、調子に乗ってたに違いない。
「50万あったら、なんでもできるぞー!」なんて風に強がってる姿まで容易に想像がつく。
 姉ちゃんの悪い癖で、少し気分が高揚すると、徹底的に調子づくのだ。
 そしてその後で、ようやくことの重大さに気づき、怯えることになる。
 10年以上の付き合いで、こんな姉ちゃんの姿を俺は何度目にしたことか。

「姉ちゃん……こういうの何度目だよ?」
「だ、だってさあ」

 ……まあ、呆れながらも、こんな風に頼られると嫌な気はしない。
 俺だって姉ちゃんの世話になることが多々ある。
 そういうとき、他の人の世話になることはあまり考えないことが多い。
 要するに――恥ずかしい言葉になるけど――お互いに、信頼しきってるんだと思う。
 あの澪姉にすら姉ちゃんには相談できないことがあって、それを俺にだけは伝えてくれる。
 そう考えると、どこか小さな優越感に浸っている自分に気が付いた。

 目の前で、どこか恥ずかしそうな表情を浮かべてる姉ちゃんに、呆れ半分優しさ半分の気分で、俺は諭す。

「姉ちゃん、どうしたらいいか分かってるでしょ?」
「ま、まあな」
「いつも悪ぶってるけど、結局いつも落ち着くべきところに落ち着くもんね」
「わ、悪ぶってる……?」

 姉ちゃんがきょとんとした表情を浮かべたけど、無視して続ける。

「姉ちゃんはちゃんと返すでしょ。そういうところで選択ミスって、後で取り返しのつかないことになる姉ちゃんって、なんからしくないし。それにさ――」

 そこで一息ついて――

「姉ちゃん、いい人だし」

 これで言いたいことは全部言えたと思う。
 同時に、妙にしっくりきた。そうだ、俺の姉ちゃんは、「いい人」なんだ。というより、そうでなきゃいけないんだとすら思う。
 だって、そうでなきゃ――俺はこんな優しい気分になれやしないんだから。

「そっか……」

 言い終わり、ちょっとすると、姉ちゃんは妙にしみじみとした口調になっていた。
 心なし、さっきより表情も明るくなったような気がする。うん、いつもの姉ちゃんだ。

「まあ、私らしく何とかするよ。ありがとな、聡」
「役立てたなら良かったけど……姉ちゃんさ」

 「うん?」という表情を浮かべる姉ちゃんに俺は――

「もう、見栄張るのやめなって」

 その後の話。後日談ってやつか。
 姉ちゃんは50万を顧問の先生に「きっちりと」返したらしい。
 姉ちゃん自身がそう言ったものの(ちなみに、ドヤ顔で)後に澪姉がその時の状況を説明してくれたところによると、到底「きっちりと」したものじゃなかったことが判明した(姉ちゃんときたら、顔真っ赤だった)。
 というわけで、その箇所を「曲がりなりにも」という言葉に俺の脳内で訂正し、今回の事件(?)は終わった。

 あ、そうそう。50万のうちいくらかを使わせてもらって、姉ちゃんたちは後輩の人にペットをプレゼントしたらしい。こういうところで、自分じゃなく他の人を思いやれる姉ちゃんは、やっぱりなんか「いい人」だ。


 兎にも角にも、このことから推察するに、姉ちゃんは「お金に弱い」のかもしれない。いや、「だらしない」とでも言うべきか。
 まあ、これに懲りて、姉ちゃんがお金について少しでも慎重になってくれることを、弟として願うばかりだ。


「おーい聡ー、買いたい物があるから、ちょっとお金貸してくれー」
「思ったそばからこれかよ!?」


第2話「大金!」おしまい――

3