律「卒業記念に軽音部のPVを作りたいと思います!!!」

澪「なんだよ急に」

勢いよく椅子から跳ねた律を怪訝そうな顔で見る澪。

唯「それいいね! りっちゃん!」

それにすぐさま賛同の意を表明する唯。

紬「素敵ね~」

みんなの分のお茶受けを並べながら右に同意といった感じの紬。

梓「前に勧誘ビデオ作ったばっかりじゃないですか!」

あれ以来何かにつけて映るのを拒んでいる梓は当然ながら反対、抗議する。

律「梓…いや、みんな! ちょっと忘れてないか…?」

どこか誇らしげな顔でそう呟く。

梓「なにがですか?」

唯「あっ! わかった! ムギちゃん今日のお菓子は手作りだねっ!?」

紬「そうなの! ちょっと作りたいものがあってチャレンジしてみたんだけど…」

唯「とっても美味しそうです。お茶の時間だと言うことを思い出したところで…では、いただき(ry」

律「ちがーーーーーーーーーーーうううんっ! みんな忘れてるだろ! わたしが部長だってことに!」

唯「忘れるわけないよ~やだな~りっちゃん」

梓「別に忘れてるとかじゃないですけど…」

澪「そういうことはもっと部長らしいことしてから言おうな律」

律「ふっ…何を言われようと今部長なのはこのわたし田井中律っ!!! つまりっ!! 部 長 権 限 が行使出来るってわけだ!!!」

唯「部長…」

梓「権限?」

律「おうともさっ! 部長と言えば部の中の代表! トップ! その部長が
卒業記念! さよなら軽音部! みんな大好きをありがとう! を撮ろうって言ってるんだ…」

律「否定できまい」ニヤリ

梓「24時間テレビみたいなタイトルですね」

澪「誰がそんな紙切れより薄い権力に…」

唯「へへー」フカブカ
紬「ははー」フカブカ
律「えっへん!」

澪「おおいっ!」

──

澪「で? まあ撮るのいいけどさ…内容はもう決まってるのか?」

律「ふっふっふ…この部長を侮るなかれっ! これを見ろぉっ!」ドヤッ

紬「歌詞…?」

梓「もしかして律先輩が書いたんですか!?」

律「この卒業記念…だけどそれは新たなる門出! さあゆけ軽音部! みんな大好きをありがとう! を撮る為に夜なべをして書いて来たのだ!」

唯「わたしと憂とりっちゃんの合作だよ!」

梓「あ、やっぱり。律先輩だけにしては手際が良すぎると思いました」

律「」ピューピュー

澪「唯も知ってたってことは出来レースってことか」

唯「てへっ☆」

梓「待ってください澪先輩! これ楽譜までありますよ!」

澪「……ムギ?」

紬「……てへっ☆」

律「てへっ☆」キラキラ

澪「最後だけ無性に腹が立った」
梓「奇遇ですね」

律「ではこれより卒業記念! さよなら軽音部! 地球の平和をありがとぅー♪ のPV撮影を開始する!」

唯「わーい」
紬「どんどんぱふー」

澪「……不安だ」
梓「タイトルがどんどん24時間テレビになってるけど大丈夫かな…」

──

澪「……よく考えたなこれ」

律「部長に不可能はないっ!」ドヤッ

唯「振り付けとか考えたのは憂だけどね~」

律「唯、おやつ食ってな」

唯「おやつーっ」

梓「大体のプロセスはわかりましたけど…5人で映るシーンはどう撮影するんですか? 結構ありますけど…」

律「そこら辺に抜かりはない…鬼監督を呼んでるからな!」

澪「鬼…」
梓「監督?」

律「さあ入っておくんなせぇ監督ッ!」

ガララ──

和「誰が鬼監督よ…律」

澪「なんだ和か……(ほんとに鬼みたいな人が来なくて良かった…)」

律「あの荒くれ者が集う生徒会を牛耳ってるこの方こそっ!!! 生徒会会長にして鬼監督の真鍋和さんだ!!!!」

和「なによそれ」

唯「今日一日よろしくね! 和ちゃん」

和「まあもう会長じゃないし…暇だからいいけど」

澪「ごめんな和…」

和「気にしないで澪」

梓「てっきりさわ子先生が来るものかとばかり思ってましたよ」

紬「だから身構えてたのね梓ちゃん」

律「さわちゃんは何か会議があったりで色々忙しいんだと」

和「ふぅん…それで私に白羽の矢が立ったわけね…」

和「まあやるからには厳しくやらしてもらうわ。映像に残すんだから中途半端なものじゃ末代までの恥よ!」

机の上に置いてあったメガホンを掴み取り吼える。

和「早速シーン1から撮ってくわよ! 準備しなさいっ!」くわっ

澪「うっ……な、なぁ律。和のやつちょっと性格変わってないか?」

律「メガホンを持つことによって人格が変わる……なんちゃって」

澪「そんなわけ…」

和「ほら! そこ! 無駄口叩かない!」

澪「ひいいいっ」

律「私達はとんでもないものを呼び起こしてしまったのかもしれない…」


──

TAKE1

澪「」タンッ
梓「」タンッ
唯「」タンッ
律「」タンッ
紬「」タンッ

和「カット!!! 唯ッ! あなたは一番最後に振り向くって言ったでしょっ!? 梓ちゃんにつられて振り向いてるわよ! やり直し!」

唯「みんなごめ~ん」

律「どんまい」

TAKE2

澪「」タタンッ
梓「」タンッ
律「」タンッ
紬「」タンッ
唯「」タンッ

和「カット!! 澪! ちょっとよろけたでしょ? バランス悪くなるからきっちりね。撮り直し!」

澪「ごめん…」

梓「どんまいです」


和「次行くわよ!!!」


TAKE3

澪「」タンッ
梓「」タンッ
律「」タンッ
紬「」タンッ
唯「」タンッ

和「カット!!!」

唯「あれ…? さっきのは上手くいったと思うけど…」

紬「ええ…」

律「なんでカットなんだよー和」

和「……律、もうちょっとおとなしく飛びなさい。そ、その…し、下着が見えたから…///」

律「/// あぁ~~~ごめんあそばせっ」

唯「りっちゃんたら~」

紬「和監督! 編集作業は是非私が」

和「え、えぇ」

澪「私も手伝うよムギ」キリッ

梓「もうやだこの部活…」

和「はいカットォ! オッケーよ。じゃあ次は教室で実際弾いてるシーンね。楽曲を3-2に素早く移動させない。いいわね。私は紙吹雪の用意をするわ」

そう言い残しそそくさと部室を出ていく和。

律「……まさかTAKE10までやらされるとはな」

梓「か…からだが持ちませんよぉ…」

唯「和ちゃんの情熱に火をつけちゃったね…!」

澪「終わるのかな…これ」

紬「」じ~…

紬「」コマオクリコマオクリ

紬「……! 白!!!」

律「ん~?」

紬「あ、は、はやく行こ! 和ちゃん監督が待ってるわ!」

梓「楽しそうですねムギ先輩…」


──

唯「ちょいとごめんよー嬢ちゃんたちー」

律「どっこらしょ」

音楽室から持ち運んで来た機材を次々に壇上に飾る軽音部の面々。

木下「なになに?」

瀧「次は何するのー?」

矢田「また軽音部…騒がしいわね」

飯田「いいじゃない楽しいし。どうせもう授業全部自習だしさ」

信代「放課後ティータイムー!!!」


和「静かにしなさい」ドンッ!

いちご「……覇気」

風子「能力者……!」

姫子「やだこの子可愛いっ!!!」

梓「に゛ゃっ」

律「おーおー馴染みが早いこって」


和「今軽音部のPVを撮ってる最中なの。あなた達も協力してくれない?」

佐々木「何をすれば…?」

和「そこでやんややんややって指示があったら回ったり」

佐藤「回る…」

信代「なんだかよくわかんないけど面白そうじゃない! やろうよみんな!!!」

和「信代、あんたは紙吹雪撒きなさい」

律「(鬼っ)」

澪「(鬼だ…鬼がいるよぉぉぉ)」

佐々木「澪ちゃん、がんばってね」

澪「えっ…あっ…うん。ありがとう…」

和「始めるわよ!!! 総員配置につきなさいっ!」

──

唯「」パクパクパクパク

唯「」パクパクパクパク

クラス一同「やんややんや」

信代「……」パラパラ…

唯「」トトンッテ トトンッテ

唯「」トントントントン

梓「」ジャカジャカジャジャーン

紬「」ポロポロポロ~

唯「」パクパクパクパクパックパクッパクパッ! シュビッ!

澪「」ベンベン

律「」ドンシャカ


和「……カット」

律「え」

和「見ててつまらないわね」

律「お前が曲は後から撮った音源を差し込むからエアーでいいって言ったんだろ!?」

和「そうなんだけど…やっぱり何か道しるべがないと合わせにくいでしょう?」

律「まあそうだけど」

和「だから唯、歌っていいわよ」

唯「ほんとに?! 良かった~…口パクパクするのだけって意外と煩わしいんだよね~」

澪「これで合わせやすくなったな」

梓「ですね」

和「まだまだシーンはあるんだからちゃっちゃっと行くわよ! 信代! 紙吹雪追加しときなさい」

信代「あっ…はい…」

姫子「あずさちゃ~んお水ですよ~」

梓「ありがとうございます…」

佐々木「澪ちゃん…これ」

澪「ありがとう」ニコ

佐々木「///」

唯「もてますな~みなさん」

律「そうでございますわね~」

和「さっさとしなさい!」

唯「届けたい~精一杯のsoulをっ!」


2